初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ「SFR」発売日や価格は?最新情報更新!新型コンパクトFRスポーツカー

東京モーターショー2015で世界初展示されたトヨタの新ライトウェイトスポーツカー「S-FR」。その全容があきらかになりつつあります。ここでは、S-FRのデザインは勿論のこと、その由来、他の国産スポーツカーと比較してどのような特徴を持ったスポーツカーになるのか、そして重要な、価格とエンジンパワーはどの程度と予想されるかまとめました。「S-FR」の決定版です!

トヨタの新しいライトウェイトスポーツ「S-FR」

トヨタ S-FR コンセプト 2015年モデル

「TOYOTA S-FR」東京モーターショー

東京モーターショー2015にて、トヨタが正式に発表したライトウェイトスポーツの「S-FR」。

世界初出展となったトヨタS-FRはどのような車なのでしょうか。
その概要と特徴を他のライトウェイトスポーツと比較しながらご紹介します。

まず、基本情報は以下の通りになります。
【ボディサイズ・乗車人数】
全長  :3,990mm
全幅  :1,695mm
全高  :1,320mm
ホイールベース:2,480mm
乗車人数:4人乗り
車両重量:1,000kg前後
タイヤサイズ :16インチ

S-FRの名前の由来となっている「FR」の詳しい意味や、フロントエンジン・リアドライブのメリットや代表車種に関しては以下の記事をご確認ください。

個性的なデザインのS-FR!

S-FR正面

トヨタ S-FR 新型 2015年

トヨタのライトウェイトスポーツとして、意のままにクルマが反応し、日常使いの中でもクルマとの対話や走る楽しさを追い求めているモデルです。

S-FR斜め上正面

トヨタ S-FR 新型 2015年

ボディはスポーツカー特有のロングノーズ・ショートデッキのボディタイプです。

大きな楕円形の吸気口が特徴で、スポーツカー特有の威圧的なデザインを排しています。

S-FR側面

トヨタ S-FR 新型 2015年

前述の通り、ロングノーズ・ショートデッキのボディタイプとなっています。

4人乗りとなっていますが、実際に4人乗車してみると後席は僅かなスペースしかなく、
トヨタ86の後席からも分かる通り、窮屈に感じてしまうことでしょう。

S-FR背面

トランクも装備され、ライトウェイトスポーツながら、日常利用でも可能な設計・デザインとなっています。

S-FRの内装・インテリア

トヨタ S-FR 新型 2015年 内装

S-FRのダッシュボード周りは、直線的なデザインが多いですが、これは、走行時に上下、左右、前後方向の動きを視覚的にも確認できるようにという思想に由来するものです。

S-FRのインパネは単眼のインパネを採用し、スピードとエンジン回転数が一目で確認できるようになっています。

必要最低限の機能を配置し、スポーツカーとしてのシンプルさを追求しています。

S-FRのインテリアはトヨタ「スープラ」や「86」に通じるようななインテリアとなっており、トヨタが開発してきた伝統的なスポーツカーにならって開発されています。
シートもホールド感の強いシートを採用し、旋回時に横Gが生じても安定したドライビングを楽しめます。

新型S-FRのようなライトウェイトスポーツに関して詳しく知りたい方は以下をご確認ください。

「S-FR」はトヨタ「86」の弟分

トヨタ 86 GT Limited 2016年

「S-FR」の開発部署は、トヨタのスポーツカー「86」と同じスポーツ車両統括部が担当しています。
また、チーフエンジニアも「86」と同様に多田哲哉氏が手がけているようです。

多田氏は豊田章男社長から「トヨタのスポーツカーは86を中心に3兄弟でいくべき」と言われているとのことで、 「86」の兄にあたる上位モデルは、BMWとのコラボレーションでで開発が進められています(デトロイトモーターショーにて展示された「FT-1」がそれに当たるのではないかと言われています)。

そして、「86」の弟分にあたるモデルとして開発が進められているのが、この「S-FR」です。

86に関する最新情報は以下をご確認ください。

何故「S-FR」は開発中止の噂があったのか?

販売サイドの影響?

東京モーターショー2015での「S-FR」の初公開まで、トヨタから軽量コンパクトFRの開発進捗に関する正式な発表は殆ど無く、「トヨタはS-FRの開発を中止した」という噂までありました。

これは、トヨタが「販売予定」を全く匂わせなかったことや、競合の「ロードスター」や「コペン」、「S660」の完成度の高さや、既に小型スポーツ・クーペである「86」を販売していることから本当に必要なのかといった販売サイドからの反対があったという噂等があります。

しかし、東京モーターショー2015にて大々的に「S-FR」を公表したことや、後のページでご紹介するスポーツモデルまで公開する等、ここに来てトヨタが全面的に押し出してきていることを考えると、「S-FR」の市販化の可能性はかなり高いのではないかと考えられます。

東京モーターショーのS-FRとは別デザインで開発を継続中

2015年10月に開催された東京モーターショーや2016年1月に開催された東京オートサロンでのS-FR及びS-FRのレーシング仕様車の反響の大きさから、トヨタ社内でも積極的に商品化へ向けた開発が行われています。

詳細なデザインはまだ明らかにされていませんが、市販に向けた調整や安全基準をクリアする為に少々デザインの変更は加えられるようです。しかしながら、基本的なデザインには変更はなく、現在のコンセプトカーと同様に愛着のあるようなフェイスやデザインとなると考えられます。

世界で販売する為には、各国の安全基準をクリアする必要があり、軽量化を図ると同時に強度も担保するといった相反する要素の両立が必要となります。

また、開発している部署は小型スポーツ・クーペであるトヨタ86の開発も手がけた多田哲哉チーフエンジニアが統括しているとのことで、BMWと共同開発している新型車と併行して開発が進められており、開発サイドとしては、現行の「86」はライトウェイトスポーツとしては性能や価格が高く映っており、もっと価格の低い初心者・入門者向けのライトウェイトスポーツをラインナップしたという意向があるようです。

東京モーターショー2017ではなく2020年の発売開始を目標に?

東京モーターショー2017 ロゴ

SFRは一時期東京モーターショー2017年での公式発表も期待されていましたが、最新情報によるとこれはどうやらこの予定は間に合わない模様です。

しかし、トヨタとしてはライトウェイトFRスポーツカーのS-FRの開発を延期したというだけで開発自体を中止したという訳ではないはずなので、2020年まで首を長くして待ちましょう。

トヨタは2017年の東京モーターショーにて新型スープラや次期G’sグレードのGRグレードモデルの発表を予定しており、スポーツカーファンは今年も退屈せずに済みそうです!

トヨタの東京モーターショー2017での発表予定車はこちらで紹介

S-FRと他の国産スポーツカーとサイズを比較

S-FRのボディサイズは、全長はロードスターと同程度ですが、車高が高めに設計されています。

S-FRの車高はトヨタ「86」「BRZ」、日産「フェアレディZ」と同程度となっています。

フロントフェイスのデザインに少々「可愛らしさ」もあるため、車高を低くする必要が無いのかもしれませんが、他の国産スポーツカーと比較するとやや「ずんぐり」したボディとなっています。

SFR vs 他の国産スポーツカーの重量とエンジンパワー

トヨタは、SFRの重量は1,000kg前後を目指すと発表しています。

他の国産スポーツカーと見比べ、SFRが1,000kg前後の重量だった場合、どの程度のエンジンパワー(トルク)になるのかを予想してみました。

重量としては、ダイハツ「コペン」やホンダ「S660」とホンダ「CR-Z」の間となります。また、トヨタ「86」、スバル「BRZ」、ロードスター等の位置を考慮すると以下の通りとなります。

●SFR(重量・エンジンパワー予想)
・重量 :900~1,100kg
・トルク:11~19kg-m
現在(2015年10月)スペック情報は殆ど公開されておりませんが、マツダ ロードスターを意識し、1.5Lの直列4気筒エンジンを搭載するのではないかとも言われています。

正式公開されたのは以下の3点のみです。

①エンジンをフロントミッドシップに搭載した本格レイアウトを採用
②最適な重量配分(前後重量配分は50:50)や独立懸架のサスペンションで優れたコーナリング性能を実現
③6速MT

公開され次第随時更新していきます。

現行の国産スポーツカー全モデルはこちらで確認!

提携したマツダ「ロードスター」からの流用はあるのか?

提携したマツダのロードスターを流用するのではないかという噂もありますが、その可能性は低いようです。

SFRはトヨタオリジナルモデルとなるとのことで、「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(通称:TNGA)」というトヨタの新世代プラットフォームの一員となる予定です。

ロードスターの最新情報は以下!

SFRの価格を大予想!

SFRは現在はコンセプト段階ですので、販売予定価格はまだ設定されていません。

他の情報では【150~200万円程度】になるという予想は多くありますが、あまり根拠がないように思います。
そこでここでは他の国産スポーツカーの価格帯を参考にして、SーFRの価格を予想してみたいと思います。

S-FRの価格は、ズバリ「ダイハツ・タント」「ホンダ・S660」より高く、「トヨタ86・スバルBRZ」「マツダ・ロードスター」より高価格には出来ないでしょう。

トヨタとして「SFR」を発売するにあたり、軽自動車より安くするといった必要は無いでしょうし、同じトヨタの「86」やスポーツを追求しているロードスターより高くなるとは考えにくいからです。

ただし、「トヨタ86」で目指したが実現したとは言えない「手軽にスポーツカーを」「手軽な価格で」のコンセプトを強く追い求め、価格は最大限下げてくる可能性もあると思います。

従って、予想価格は…【180~240万円】です。

「S-FR」は本当に発売されるのか?

S-FR開発者の1人「森 和生」さん

「S-FR」のプロジェクトを起ち上げたトヨタ自動車スポーツ車両統括部の「森 和生」さんによると、東京モーターショーで発表された「S-FR」は敢えて量産型に非常に近い形に作り上げたコンセプトカーとのこと。

トヨタ内では、まだ正式に発売が決定されたわけではないとのことで、「世の中の反響や後押しが必要」とのことです。
今後、更に国内外で注目度が増せば、この期待のコンパクトスポーツカーが世の中に出る日も遠くないかもしれません。

以下はインタビュー抜粋です。

-(単刀直入に)S-FRは出ますか?
「まだ、なんともいえませんね。ただし、これだけ注目を集めるクルマを放っておくわけにはいかないでしょう!」
-ですよね、出すとしたらいつ頃ですか?
「いや、ですから、まだなんとも(汗)」
-(トヨタ「86」のチーフエンジニアである)多田哲哉さんは、S-FRに関わっているんですか?
「多田は我々の上司です」
-S-FRに対してはなんとおっしゃってますか? 『どんどんやれ!』とか?
「そこはいろんなしがらみがあるので、簡単にはいかないところなんです」
-え、しがらみ? S-FRを量産車レベルまで作っておきながら。とっくにしがらみをクリアしてなければ、あそこまでの完成度には仕上がらないですよね?
「実は“量産車”レベルに仕上げたように見せるのも、S-FRのコンセプトのひとつだったんです」
-といいますと? あれは量産車レベルにあるものを出展したのではなく、量産車に見えるよう仕上げたコンセプトカーだった、ということですか?
「そういうことです。今すぐにでも街を走っていておかしくない完成度に仕上げるのも、意図的なものだったのです」
-あ、完全にやられました。すっかり量産前提のクルマなのかと…。
「がっかりしないでください。我々はコレを世に出せるよう、猛烈に頑張っていますので! ともかく、世の中の反響、後押しが必要なのです!」

出典:https://www.goodspress.jp/

“ヨタハチ”再来・復活なるか??


“ヨタハチ”ことトヨタスポーツ800

1965年から発売され、日本を代表するライトウエイトスポーツとして評価が高く、非常に愛された「トヨタスポーツ800」通称「ヨタハチ」の再来なるか?と期待する声もあります。

トヨタによると「S-FRユーザー同士で車の楽しさを語りあうきっかけを提供することが目標」とのことですが、現状のコンセプトが如何に量産化モデルに落とし込まれるのか。
気軽に日常利用としてスポーティーなドライブを楽しめる「愛車」としてどこまで浸透できるか楽しみですね。

S-FRのレーシング仕様車(TOYOTA S-FR Racing Concept)も登場

トヨタ S-FR Racing Concept 2015年

トヨタ自動車は、2016年1月15日(金)から17日(日)に千葉県千葉市の幕張メッセで開催予定の「東京オートサロン2016」にS-FRのレーシング仕様車を展示されました。

このS-FRのレーシング仕様車は、「TOYOTA S-FR Racing Concept(トヨタ・エスエフアール・レーシングコンセプト)」と名付けられ、東京モーターショーで世界初公開されたS-FRの世界観を、よりスポーティなスタイルで実現したモデルです。

S-FRレーシングコンセプトのデザイン概要

トヨタ S-FR Racing Concept 2015年

フロント部分を見てみると、レーシングカーの基本としてエンジンの冷却効果や、地を這うような走行を実現するダウンフォースを高める特別な仕様となっています。

S-FRのボンネット部分は、風を意識したデザインとなっており、前方にはボンネット部分に穴があけられ、エンジンの冷却効果を高めています。
また、幅広のフェンダー等のエアロパーツを多く装備することにより、ダウンフォースの強化を実現しています。

そして、ボンネットの穴部分の装備しているボンネットベントやフェンダーなどには、多数の炭素繊維部品(カーボン部品)が使用され、軽量化も意識されています。

S-FRレーシングコンセプトは、レーシングカーですので、ホイールもセンターロック方式が採用されています。
また、タイヤはブリヂストン製「ポテンザ」が採用されており、S-FRよりも大型なタイヤを採用。
これに伴い、オーバーフェンダー化やサスペンションを施し、全幅がS-FRの1,695mmから1,735mmへと全高が1,320mmから1,270mm拡張されています。

東京モーターショーで展示されたS-FRよりも、よりアグレッシブでダイナミックなデザインとなっていますね。

その他のS-FRレーシングコンセプトの画像

トヨタ S-FR Racing Concept 2015年
トヨタ S-FR Racing Concept 2015年
トヨタ S-FR Racing Concept 2015年
トヨタ S-FR Racing Concept 2015年
トヨタ S-FR Racing Concept 2015年
トヨタ S-FR Racing Concept 2015年

「S-FRレーシングコンセプト」のスペックは?

全長        :4,100mm(S-FRより+120mm)
全幅        :1,735mm(S-FRより+35mm)
全高        :1,270mm(S-FRより+50mm)
ホイールベース   :2,480mm(S-FRと同じ)
タイヤサイズ    :205/55R16(スポーツカー仕様)

広がるS-FRの世界!市販を期待!

東京モーターショーにて初登場したS-FRですが、レーシングモデルも出ることにより、いままでの「可愛らしい」イメージに加え「カッコイイ」といった要素も取り入られました。

今回は、「TOYOTA GAZOO Racing」という、クルマを極限状態に置く「レース」「ラリー」への挑戦を通しての「人づくり」を創業以来変わらぬトヨタの想いとして受け継ぐとともに、その活動そのものが「もっといいクルマづくり」の主軸と置くプロジェクトの一つとして展示されましたが、今後S-FRがどのような形で市販され、浸透していくのか、いよいよ楽しみになってきましたね。

引き続き、トヨタS-FRを追いかけていきたくなります。

東京モーターショー2017で発表なるか

新型スポーツカーに関するおすすめ記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社