初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車中泊快適おすすめ便利グッズまとめ!夏/冬・車種別用品まで

テント設営に比べて準備も簡単なため気軽にできる車中泊。車中泊のニーズ別に、ユーザー評価の高い各アイテムを16個厳選しました。夏や冬などの季節ごとのアイテムや、車種別専用商品までセレクトしています。ゆっくり身体を休めることができるよう、車中泊するときには準備をしっかりしておきましょう。

車中泊の準備は万全に!

海や山などアウトドアのレジャーでは、車中泊をするという人もいるでしょう。テント設営に比べて準備も簡単なため気軽にできる車中泊ですが、意外と外気温の影響を受けやすかったり、備え付けのシートだけでは寝苦しかったりします。

ゆっくり身体を休めることができるよう、車中泊するときには準備をしっかりしておきましょう。用途別や夏冬シーズン別に、おすすめ車中泊グッズをご紹介します。

車中泊のポイントとおすすめの車についてもチェック

車中泊グッズを選ぶポイント

車中泊にはスマホ充電などの電源や、睡眠をとるための寝具が最低限必要です。それに加えて、季節的な環境要因(外気温、衛生)も考慮しなくてはなりません。あとは個人の好みに応じて必要なアイテム(キャンプ用の料理グッズなど)をチョイスすればよいでしょう。

また車中泊グッズには、車に装着するタイプの大型アイテムのなかには専用収納ケースや袋が付属しない商品があり、使用後に持て余してしまうことも。使用前に収納袋の付属の有無も確認しておきましょう。

あると便利なカー用品についてはこちら

車中泊におすすめの電源グッズ2選

カーインバーター

車中泊では電源(AC100V)がない環境に置かれるため、スマホの充電などに困ることがあります。この製品は12V車専用の200Wのコンパクトなカーインバーターなので、車内で場所を取らず、小型機器の充電や動作用として気軽に使えます。

USB給電用4口とAC電源1口の合計5口の差し込み口があって、機器をいくつか同時に充電したり利用したりもできます。ソケット接続内部には15Aのヒューズも搭載されており、万一の際も安心です。

ソーラーパネル

車中泊でも電源がたくさん欲しい人にはソーラーパネルをおすすめします。この商品は軽量の折りたたみ式なのでで持ち運びに便利です。耐久性や安全性が高い製品で、防水のほか、耐衝撃性、耐腐食性、耐寒性があります。

天候次第の面がありますが、キャンプのときには特に重宝すること間違いないでしょう。ホットプレートや炊飯器にも使えます。

折りたたんだ時のサイズは540x530mm、重量は2.5㎏です。

車中泊におすすめの寝具3選

マット・マットレス

マットがあれば、車内でも快適に睡眠できます。こちらは携帯型のエアーマットで、バルブを開けると自動で膨らんでくれるのでとても便利です。

大きさは193cm×69cmで、ミニバンのフルフラットシートにぴったり収まります。防水加工なので、ドリンクなどをこぼしても濡れタオルでふき取るだけでOK。また、万一マットに穴が開いても付属のシールで補修もできて安心です。

毛布・ブランケット

車中泊で肌寒いときにあると便利なのがブランケットの類です。こちらはヨガ用マットとして販売されていますが、裏面には滑り止めがあり、車内では敷き布団代わりとしても使えます。サイズは183×63cmなので、身長の高めな男性でも使えます。

寝袋

こちらは冬季の車中泊に便利な中綿入りの寝袋で、頭部は帽子のようにすっぽり被ることもできます。使用可能な気温は0~5℃とされていますが、寝袋はファスナーで開閉できるので、寒さが緩む時期は広げて敷布団としたり、ブランケットとしても使えます。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す