初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型レーダー探知機 おすすめ人気ランキング【2018年最新版】

価格もお手頃になり今が買い時と言われているレーダー探知機。最新おすすめ人気ランキングを紹介します。2018年5月時点での最新モデルから、Amazon売れ筋ランキングから人気のある、おすすめのレーダー探知機を10モデルをピックアップしました。2018年最新の新型レーダー探知機の特徴についても解説。

2018年最新の新型レーダー探知機の特徴

レーダー探知機とは、道路を走行する自動車の速度違反取締装置が発するレーダー波を探知して警報を発する装置です。

レーダー探知機の歴史は古く、1980年代から発売されています。レーダー探知機が普及しはじめる初期の頃の機能は、前述した速度違反取締装置のレーダー波を探知するのみでした。その後カーナビの登場とその機能の進化に伴い、GPS機能と地図をレーダー探知機に搭載。レーダー波を発しない速度取締装置も事前に警報を発することができるようになりました。

近年のレーダー探知機では、交通規制や車両の状態を知らせる機能を搭載するなど、精度や機能は年々向上。ドライバーの安全運転を多角的にサポートする装置へと進化しています。

2018年最新の新型レーダー探知機の特徴を解説します。

ガリレオ・みちびき衛星対応

地球の周りにはGPS衛星をはじめとした衛星があり、それを利用して車の位置を特定(測位)します。最新のレーダー探知機は新たに稼働した「ガリレオ」と「みちびき」に対応している点がポイントです。

日本上空にある準天頂衛星「みちびき」に対応していることで、都市部や山間部でも高精度な受信が可能になりました。受信衛星数が75~76基というものが今のところ最大です。

速度警戒ポイント警報

速度警戒ポイント警報とは、高速道路の制限速度の切り替わりを教えてくれる警報・表示です。

高速道路には、最高速度制限が100kmから80kmに切り替わるなど、意図してスピードを落とさなければならない区間があります。また、一部区間では最高速度が100kmから110kmへ引き上げられています。

制限速度が切り替わる場所で取り締まりが行われている可能性も高いので、あると心強い機能です。

新型レーダー探知機のおすすめ機能チェックポイント

新型レーダー探知機を選ぶときにポイントとなるおすすめの機能があります。
以下の機能がついていると、より便利に安心して運転できるでしょう。

移動式小型オービス ダブル対応

GPSデータとレーダー受信によるダブルの情報受信に対応しているモデルのことです。

GPSデータだけの警報では、新たに設置された移動式小型オービスには対応できないことがあります。これは、移動式小型オービスは「移動式」というだけあって、頻繁に新設設置、撤去される可能性があるため、GPSデータだけでは情報を逃してしまう可能性があるためです。

移動式小型オービス対策には、GPSデータとレーダー受信によるダブル対応ができるモデルがおすすめです。

OBDⅡ車両情報取得

車のコンピューターにレーダー探知機が接続し、走行中の正確な車輌情報を取得する機能です。OBDⅡ接続により、エンジン状態、燃費などの車両情報を取得することで、より正確な速度や移動距離などを測定できます。

これらの情報はレーダー探知やGPS測位の補完として効果を発揮し、正確な自車位置の特定や精度の高い警報が可能になります。

Wi-Fiデータ自動更新

無線LANを使った自動データ更新機能のことです。Wi-Fiデータ自動更新に対応しているモデルは、最新データを自動更新できます。

これまでのデータ更新方法は、レーダー探知機のSDカードを抜いて自宅のパソコンで更新する方法がほとんどでした。この方法だと月に1度~年に数回の更新ということになり、最新データをすぐ取得するのは難しい状況でした。
自動更新であれば、特別な操作をせずにデータが更新されるので、毎日安心して運転できます。

ジャイロセンサー

ジャイロセンサーは車の角度を測定する仕組みで、トンネル内のようなGPSが受信できない場所で車の位置を補正することに役立ちます。

例えば、トンネル内で左右に分かれる道があったとき、どちらに曲がったかレーダー探知機が判断できないことがあります。ジャイロセンサーがあれば車の角度がわかるため、どちらに進んだか補正することが可能です。

ドライブレコーダー連動

相互通信が可能なドライブレコーダーとの接続機能のこと。レーダー探知機をドライブレコーダーと併用したい方に特におすすめです。

ドライブレコーダーへの電源供給、GPS情報やOBDⅡ情報の通信、一方で撮影した映像をもう一方へ送信するなどの機能が使用できます。ケーブルが少なくなりスッキリする、相互で情報をやり取りすることでより便利に使えるということがメリットです。

レーダー探知機の選び方についてもっと詳しく知りたい方はこちら

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す