MOBY

野毛山動物園見所〜駐車場情報|いろんな動物と戯れて癒やされよう!

横浜の下町野下に位置する、野毛山動物園。 下町だけど丘の上!野毛の景色が見渡すことが出来ます。 こちらの動物園は充実した飼育数を誇り、都心部有数の動物園です。ところがなんと、入園料は無料!! たくさんの動物たちに癒されてみませんか?

100種類以上、1000頭を超える動物たち!

ライオン

大迫力のライオン!
まさに百獣の王!圧巻ですね。

レッサーパンダ

愛くるしいおめめのレッサーパンダ。
立ち上がるところを見られるかもっ?

チリーフラミンゴ

希少種とされるチリーフラミンゴ。
チリ、ペルーやアルゼンチンなどに生息します。

フンボルトペンギン

絶滅危惧種のフンボルトペンギンは水中を飛ぶように泳ぎます。
とても優雅ですね!

ダイコクネズミ

ダイコクネズミ。
白色のネズミは吉兆とされ、家に福をもたらす大黒天の使いと
信じられたことからこの名前が付けられました。

物を絡みとるほどの長い尻尾が特徴です。

クジャクが放し飼い!?

インドクジャク

こちらの動物園ではなんとインドクジャクが
放し飼いされています!
園内ですれ違うこともあり、とても近くで触れ合えることが可能です。

白色固体のクジャクは、レースのような美しい飾り羽を広げ求愛をします。

4月から6月下旬頃まで見ることができる華麗な姿を一度は見ておきたいものです。

ワニ、陸ガメが人気!爬虫類専用の展示館!

ヨウスコウワニ

爬虫類専用の展示館があり、
中国揚子江に生息する、冬眠をする珍しいヨウスコウワニや、
その他アミメニシキヘビ、グリーンイグアナ、ワニガメなど人気のエリアです。

展示館の室内温度は一定に保たれていますのでいつでも見ることが出来ます。

柳宗里にデザインされたつり橋

こちらは野毛山公園の展望台です。
ライトアップがとてもロマンチックな雰囲気を出しています。

戦後日本のインダストリアルデザインの
確立と発展における最大の功労者と言われる柳宗里。
野毛山動物園と野毛山公園を結ぶ吊り橋風歩道橋は彼のデザイン。

野毛山公園の展望台もオススメです!

非公式のマスコットキャラ!のげやまくん!!


左がのげやまくん。右があーあくん。
のげー。

頭が「の」になっている謎のキャラのげやまくん。
2012年頃よりネット上で知名度あげています。
のげのげ、のげのげ言ってます。
主に発言するのは隣にいる友人キャラクターの「あーあくん」。

非公式のため園内にはいませんので
ブログやfacebook、twitterなど
SNSで会いましょう。
そのかわいい魅力を確かめてみてください!

営業案内

営業案内
開園時間
午前9時30分から午後4時30分(入園は午後4時まで)
※5月3日~6日は、午前9時から午後5時(入園は午後4時30分)
休園日
毎週月曜日(祝日にあたる場合は、翌日)、12月29日~1月1日
※5・10月は無休です。

出典:http://www2.nogeyama-zoo.org/

アクセス

電車・バスをご利用の方

JR 根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅下車徒歩15分
または、市営バス89系統「一本松小学校」行き「野毛山動物園前」下車すぐ
市営バス時刻表検索はこちら
桜木町駅バス乗り場はこちら
京急線「日ノ出町」駅下車徒歩10分

車をご利用の方

首都高速・横羽線「みなとみらい」出口→「みなとみらい大通り」を桜木町駅方面へ→「さくら通り西」交差点を右折→「戸部一丁目」付近交差点を左折→「野毛坂交差点」を右折→坂の上に動物園があります。
※ただし、専用の駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用ください。

出典:http://www2.nogeyama-zoo.org/

最寄の有料駐車場はタイムズ西戸部町になります。
住所はこちら→
神奈川県横浜市西区西戸部町1-29

また周辺には、数多くの有料駐車場がありますので
安心してご利用していただくことが出来ます。

デートや旅行のプランに迷ったときはココ!!

渋谷など都内から車で行っても1時間足らず。
日帰り旅行にも、突然思い立ったときでも、最適です!
動画やネットでは体験できないリアルを感じてください!

恋人とのデートや家族でのおでかけプランに組み込んでみてはいかがでしょうか?
都会の中にある非日常は
忘れられない思い出になること間違いなしです!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す