初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

具志堅用高×メルセデスベンツ E550アヴァンギャルド:Vol.3「心が弱いと、パンチを恐がる」MOBYクルマバナシ

車は人生をともに過ごす仲間。”その車“にはどんな想いが詰まっているのだろう――。日本を代表する伝説のプロボクサーとして知られ、現在はスポーツ出身タレントのパイオニアとして日々活躍する具志堅用高さん。そんな類いまれな人生を歩む中で、さまざまな出会いや思い出があったはず。メルセデス・ベンツ Eクラスを所有している具志堅用高さんに、車にまつわるエピソードや愛車の魅力について語っていただく“MOBYクルマバナシ”第3話。

【Profile】具志堅用高1955年6月26日生まれ。沖縄県石垣島出身。
1974年にプロボクサーとなり、9戦目にしてWBA世界ライトフライ級王者ファン・ホセ・グスマンに挑戦し、見事KO勝ちし世界チャンピオンの座を手にする。その後も防衛を続けると世界王座連続13度防衛を達成、日本記録を樹立した。しかし1981年、14度目の防衛戦に失敗すると現役を引退。現在は白井・具志堅スポーツジムの会長として選手育成に励む一方、スポーツ出身タレントとして数多くのテレビ番組で活躍している。
今回お持ちいただいた愛車はメルセデス・ベンツE550アヴァンギャルド。

Vol.3「心が弱いと、パンチを恐がる」

プライベートでも車を運転されることはありますか?

うん。いつも自分で運転するよ。2時間くらいは全然平気ですね。千葉に茨城に栃木、どこでも行きますよ。

ただ、最初の方はニコニコしながら運転するんだけど、途中で眠くなっちゃうんだ。ゴルフの帰りとかだと疲れてるし、最近はどこに行っても渋滞がひどくて……。そんなときはコーヒー飲んだりしてね。

普段はどのような方とゴルフをされるんですか?

芸人さんとかテレビ番組制作の人と、みんなでワーワー騒いでるよ。メンバーの中じゃ僕が一番年上なんですけどね。いつも少年のような感じで楽しんでる。

車を運転されている時間は、どんなことを考えていますか?

いろいろよく考えてるな。ボクシングのこととか、番組のこととか思い出しながら。「明日は丸一日仕事だな」とか、「来週は長いロケだな」とか。大変なんですよ。

本当は「キャバクラに行きたいなあ」「歌舞伎町行きたいなあ」なんて思うんですけど、セーブしてるんですよ。行きたくても行けないんだ。

どうして行けないんですか?

次の日に何かあるときは遊ばないんですよ。現役時代から、それをずっと続けてる。

それが具志堅さん流のルールなんですね。

昔からね。睡眠取らないといけない、迷惑かけてはいけない、って。一度お店に行くと、気づけば夜中の2時とか3時とかになっちゃって、なかなか帰れないんだ。

とことん楽しんじゃう性格なんですね。

そうなんですよ。一人で近所で飲むときも、駅の周りをフラフラ歩いてるんですよ。2、3軒はハシゴしちゃう。次の日が休みのときはそうやって気楽に行けるけど、次の日に仕事が入ってる日は行かないようにしてるんだ。

だから、「次はいつ休みあるのかな……」なんてしょっちゅう考えますよ。

お誘いがあっても断るのですか?

そこは切り替え。誘われてもうまく断る。現役の頃からそう。

いま具志堅さんのジムに所属されている選手たちにも、そう指導されているんですか?

「今はボクシングをやれるだけやれ。辞めたあとにいくらでも遊べるから。そのあとの人生もあるんだから」って。

これは勝てない、となったらすぐ辞めさせますよ。もちろん何回か挑戦はさせるけど、勝てないもんは勝てないんだから。それよりも身体が大事。だから俺は選手が大きいケガする前に辞めさせてる。

早めに区切りをつけさせるのは意外です。それもある種の“切り替え”でしょうか。

昔からたくさん見てきてるから。痛めやすい体っていうのは、また痛める。ケガを積み重ねても騙し騙し、っていうのは無理なんですよね。

だから、そういう選手は体を壊してしまう前にボクシングをやめて、僕が紹介した会社に行って、そのまま社員になったりしてるよ。

ボクシング人生だけでなく、その後の将来も考えられているのですね。

そう。うちに来てる学生には、大学行きながらジムに通って、プロテストを受けるような人もいるんだけど、それでダメだったら卒業後はちゃんと就職して、警察官になったりとかね。

……だけど、それでもまたプロの試合に出ようとする人が多いんですよ。

それはなぜですか?

「試合に勝って味わった快感が忘れられない」って人が多いのよ。努力して、キッチリ減量して試合して、それで勝ったら続けたくなっちゃうんだよね。もし負けてもまた挑戦したくなったりとか。

でもね、我々はその先のことを見てるんですよ。一回は勝てても、チャンピオンにはなれないとか、ランキングには入れないとか。素質とか力とか、本質的なものが見えるんだ。だからそういう人には「練習して体作りするのはいいけど、試合は組めないよ」ってハッキリ言います。早めにね。だから、そういう人はアルバイト先で正社員になったり、新しい職を探したり。次の道に進むまで面倒を見ます。

強くなれる選手とそうでない選手の一番大きな違いはなんですか?

心だね。心が弱いと、パンチを恐がる。試合中に「打たれたくない」ってなったらダメだよね。打たれても、負けん気が強いやつは強くなる。

具志堅さん自身がボクシングをやっていた頃はどうでしたか?

最初は痛かった。「こんなに痛いのか!」と思った。でもよく我慢したよ。中学生まで島で育ったから、忍耐力とか我慢強さはあったんだよね。これはボクシングにも共通してたね。

そもそもボクシングを始めたきっかけは?

高校の友達に誘われたんですよ。見学だけするつもりだったけど、もう翌日から入っちゃった。そこでボクシングを1から教えてもらって。鼻血は出るし腹は痛いし。スパーリングで強い先輩に殴られちゃうんだよ。それを乗り越えるのが大変だった。それで半分くらい辞めちゃうんですよ。最後には10人もいなかったかな。

それを乗り越えられた理由はなんですか?

だんだん自分が強くなっていくのが分かるんだ。「これは全国大会優勝できそうだ」って確信した。で、優勝しちゃったんだよね、インターハイ。

ずっと練習してたもん。神様が見てたっていうか、やっぱり「努力をしなさい」って感じ。

神様に「練習しなさい」と言われてるように感じていたんですか?

そうそう。勝つには練習するしかないと思った。家に帰っても鏡の前でパンチを繰り出してたよ。

そうして、高校生のときにインターハイで優勝されたんですよね。

3年生のときね。インターハイで優勝したとき、それが新聞に載っちゃったのよ。それで初めて母親にボクシングやってたことがバレちゃったんだ(笑)。

リングという名の夢舞台。そこに立てる者と立てない者の違いは「心」だと、具志堅さんは言います。パンチを怖がらないことや必死に練習に打ち込むこと、そして仕事と遊びの切り替えができるかどうかは、最終的には心に起因するのでしょう。

次回、5月15日公開の第4話(最終回)では、近年のボクシング事情や、若者の車離れについて具志堅用高さんに語っていただきました。お楽しみに。

続きを読む
Vol.4(最終回)「よんなよんな」

取材:田神洋子、米永豪、三浦眞嗣
撮影:HIROYUKI KONDOH
文:米永豪

【出演者一覧】インタビュー特集はこちら!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す