初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

普通免許で乗れる公道カートとは?レンタルや中古車販売と自作から事故・規制についても

度々ニュースにも取り上げられ、話題沸騰中のレンタル公道カート。レンタル公道カートはヘルメットもシートベルトも不要なうえ、手軽で低価格なレンタカーですが、公道カートの運用には安全上のリスクがつきまといます。公道カートの事故や規制、カートの自作について解説します。

公道カートとは?普通免許で運転できる?

公道カートとは、公道も走れるカート。簡単にいうと、遊園地のゴーカートや、レーシングカートを公道も走れるように改装したものが公道カートと呼ばれるものです。
小さな車体で小回りが効き、2輪車ではないため2段階右折やヘルメットも不要。屋根もないことから見晴らしがよく、とくに外国人観光客に人気のアクティビティです。

しかし、一般車も走る公道を、カートの小さな車体で走行する行為は危険と隣合わせ。実際問題として、公道カートによる事故が相次いています。
今話題の公道カートについて解説していきます。

公道カートは法律上「マイクロカー」に分類

公道カートは、法律上は「ミニカー」と定義されますが、おもちゃのミニカー(ミニチュアカー)と区別をするために「マイクロカー」と呼ばれるのが一般的です。
マイクロカーの規定は、排気量50cc以下、定格出力0.60kw[0.8PS]以下の原動機がついたもの。道路交通法においては普通自動車扱いとなり、2段階右折やヘルメットの装着義務がなく、法定速度は60km/hまで。
ところが、道路運送車両法においては原動機付自転車と規定されるため、シートベルトの装着と車検の義務はありません。

つまり、運転者には道路交通法が適用され自動車扱いとなり、車体には道路運送車両法が適用され原動機付き自転車扱いされます。法律上は「マイクロカー(ミニカー)」として分類されますが、その実態は2つの法律の間をすり抜けた都合のよい乗り物と解釈することもできます。

マイクロカーを運転するためには、運転者に対する道路交通法の適用で自動車扱いとなるため普通免許が必要です。海外観光客が運転するには国際免許の発行が必要です。

公道カートをレンタルする方法

公道カートは、公道用レンタルカート専門店にて時間単位で貸し出されています。利用方法は店によって違いますが、多くの専門店において以下の手順でレンタルすることができます。

・事前に電話かメール、およびSNSでカートの空き状況を確認して予約
・店舗にて、利用規約への同意と運転免許証の確認
・料金の支払い
・運転方法と安全上の注意についての説明
・利用開始

店により利用料金はさまざまですが、多くの業者が保険料1,000円+利用料金1,000〜1,700(1時間)程度のレンタル料金に収まります。利用時間までに利用店舗に戻れない場合は延長料金が加算されます。

公道カートレンタルショップ「マリカー」

もっとも有名なのは、「マリカー」。
東京を中心に、横浜・大阪・沖縄の全国に10の店舗を構えるレンタル公道カートの老舗。数種類のコースツアーの料金プランも用意されています。

公道カートレンタルショップ「アキバカート」

東京・埼玉・神奈川・大阪・沖縄にも店舗があるアキバカートはレンタルカートのパイオニア。
期間限定ながら地方にも出店し、営業範囲と認知度を拡大してます。

公道カートレンタルショップ「モービルレンタカー」

東京都の伊豆大島と八丈島でレンタカー業を営む「モービルレンタカー」。
人気観光地での移動の便を確保するかたちでも公道カートが広まっており、既存のレンタカーで、公道カートを取り扱うようになった事例も多くあります。

公道カートは販売している?中古車についても

多くのレンタルカートショップが使うX-kart(英国名F-kart)は台湾のStandard Motor Corp社が販売していますが、その設計はドイツのオートバイメーカーであったクライドラー社。
他にも公道を走れるカートや4輪バギーなどは多く販売されていますが、X-kartはとくに高品質で壊れにくいためレンタルカートとして多く利用されます。公道カートレンタルショップ「マリカー」や、全国のx-kart正規代理店で購入することができます。

公道カートの中古車は?

公道を走れるカートは中古車としても販売されますが、現在大人気のX-kartはまず出まわらないと思われます。
その他の、市販のマイクロカーであれば、中古車やオークションなどで販売されていますが、普通車に比べて耐久性に劣る公道カートおよびマイクロカーの中古車の購入は、故障に注意したいところです。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す