初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ユピテル・レーダー探知機おすすめ人気ランキングTOP6+1!口コミ評価も【2018年最新版】

人気のレーダー探知機メーカー・ユピテルの人気モデルを新旧合わせてランキング形式で紹介しています。ユピテル製品は高性能でユーザーからの信頼も高く、指名買いする人もいるほど。ユピテル レーダー探知機の特徴とモデル選びのコツも解説します。おすすめ製品についての口コミ情報も掲載。

ユピテル・レーダー探知機の特徴

レーダー探知機を揃えるなら、ユピテル製を比較・検討してみてはいかがでしょうか。

ユピテルはレーダー探知機の最大手。品質にも自信を持っており、メーカー保証はなんと3年間の長期保証!万一の故障でも安心です。オプションで各種データの自動更新にも対応するなど、機能の高さで定評があります。

レーダー探知機の中でも人気のユピテルの製品を、カー用品を取り扱うショッピングモールでの注目度や販売状況を調査。2018年販売の最新モデルから大人気の旧品、販売間近の新製品まであわせて独自ランキングを作成しました、ユーザーからの口コミ情報も掲載しています。

なお、この記事で紹介する製品の各種情報は2018年5月現在のものとなります。

まずはユピテル レーダー探知機の特徴と、モデル選びのコツをご紹介します。

自分に合った2018年モデルを選ぶコツ

ユピテルのレーダー探知機の各機種の差は、最上位機種からどれだけ機能が差し引かれているかにあります。そのため自分にとって必要、もしくは省ける機能があるようなら、それに応じた機種を選ぶ方法もおすすめです。

今回は2018年の新機種を中心に紹介していきますので、まずは2018年モデルに「共通の基本機能」と「主な新機能」を解説します。

2018年モデルに共通の基本機能

フルマップレーダースコープ

超高感度レーダーを搭載し、取締レーダー波や警報ターゲットを検知すると、1km先(高速道では2km)から警告画面に切り替わります。地図で位置関係を表示するほか、道路の制限速度と現在の走行速度も確認できます。ちなみに、画面サイズは3.6型とかなりコンパクトです。

業界最多の4センサー搭載&70衛星対応

最速測位の「GPS」に加え、GPSが受信できないトンネルなどでは「ジャイロセンサー」と「G(加速度)センサー」、「気圧センサー」で高速道か一般道かを判定。地図上で車の位置を特定して役立てます。便利機能として「照度センサー」でディスプレイ輝度を自動調節してくれます。

また、70もの衛星に対応しているため、高層ビル街や山間地でも測位精度が高いです。(A130は未対応)

小型オービス対応

簡単設置が可能な小型のオービスはGPSでの設置データ登録がない場合もありますが、ユピテルは小型オービスのレーダー波を受信して察知・警告してくれます。

無線14バンド警報

取り締まり無線や警察無線、警備無線など、14バンドの無線の受信機能を搭載し、これらの無線を感知すると警報画面と音声で知らせます。

2018年モデルの主な新機能

警報文字が大きく一目で見やすい

画面右下の警告画面が見やすくなりました。従来に比べ、制限速度や実際の走行速度が表示されるようになり、文字サイズも1.5倍と大きく一目で確認しやすくなっています。

標高データ収録

現在の車の位置を特定しやすくし、高架の高速道路やバイパスと一般道の走行を識別。無用な警報を防止します。

説明ポップアップ機能

操作や設定中に不明なところがあるとき、わからない項目を長押しすると説明文を表示してくれます。

レーダー探知機の機能や選び方について詳しくはこちら

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す