初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

BMW新型EV「i1」最新情報!MINE Eとプラットフォーム共有か?発売日やスペック予想

BMW新型EV「i1」開発中という情報をキャッチ!BMW新型EV「i1」の発売日やスペックについて、予想や最新情報をお届けします。まだ噂レベルの部分もあり確実な情報とは言えませんが、後継EVが不明のままでi3が2023年にはラインナップからはずれるとなると、次世代EVは「i1」が最有力候補の可能性大です。

BMV新型EV i1とは?

BMW iシリーズのイメージスケッチ

BMWが新型EV「i1」を開発しているという情報をキャッチしました。

現在、BMW EVのラインナップは「i3」「i8」の2車種。
今後「iX3」「i4」のラインナップが予定されていますが、「i3」は現行車を最後にカタログから姿を消す予定と言われています。

そのi3に代わって「i1」がBMW EVのエントリー車として登場するのではないか?という噂が出ています。
まだ確定的な情報ではありませんが、BMW新型EV「i1」についての予想や最新情報をまとめました。

BMW EV i3とは?

初代BMW「i3」(2013〜2018年)

2代目BMW「i3」(2018年〜)

BMW「i3」は、2013年に「i8」と共に発表された BMWのEVおよびレンジエクステンダーです。
通常のシリーズとは異なり、「iシリーズ」としてラインナップされています。

ボディを構成する多くの部分に「炭素繊維強化樹脂(CFRP)」を使用し、軽量化が図られています。
欧州では世界に先駆けて2013年11月より発売を開始、日本では2014年5月より発売が開始されました。

現行モデルは2代目。2代目i3 EVの航続距離は390km、レンジエクステンダー車の航続距離は511kmです。
日本発売は2018年1月で、この後スポーツタイプの「i3s」の発売を控えています。

i3は現行車を最後に3代目以降の登場予定がないと言われており、後継モデル候補が「i1」になるのでは?という噂が出ています。

BMW「iシリーズ」についてはこちら

BMW「i3」に関する最新情報はこちら

【BMV新型EV i1】発売日の予想

カレンダー 日程 発売日

©Shutterstock.com/ Laborant

BMW新型EV「i1」に関する情報はまだ噂レベルですが、「i3」の後継EVという情報が確かであれば、2023年にバトンタッチが行われると予想されています。
その場合、新型i1の日本発売日は2024年以降になるでしょう。

しかし、新型EV「i1」のワールドプレミアなど公開に関する情報は未定となっていますので、今後BMWからの情報が待たれます。

【BMV新型EV i1】MINI Eとプラットフォームを共有?

MINI E

BMW新型EV「i1」は、MINIのEV「MINI E(仮称)」のプラットフォームを共有し、パワートレインもMINI EのEVシステムを共有すると言われています。

MINIのプラットフォームは、BMW 1シリーズや2シリーズでも使用されている、BMWグループの小型車用モジュール式プラットフォーム「UKL」です。
MINI Eやi1に使用される「UKL」は、EV専用バージョンとなるようです。

また、MINIのEVはシステムは、フロントに搭載される電気モーターが前輪を駆動するという仕組みです。
後述しますがi1が広い車内空間を有する5ドアハッチバックとなるのであれば、スペースを取らないEVシステムの搭載は必須でしょう。

MINI Eに関する記事

【BMV新型EV i1】スペックの予想

BMW新型「i3」の内装

BMW新型EV「i1」のボディは現行モデル「i3」より大型になり、BMW「1シリーズ」と同じ5ドア・ハッチバックになると予想されています。

それに伴いi3よりボディサイズも大きくなり、全長は4,000mm強で、広い室内空間を有するモデルになるでしょう。

また、BMW新型EV「i1」のパワートレインには「MINI E」のシステムが共有されると予想されています。
MIN Eは、BMW i3からEVシステムを移植すると考えられていますので、i1のEVシステムは実質i3由来ということになる、ということでしょうか。

「MINI E」は標準仕様で最高出力170PS、最大トルク250Nm程度、 ハイパフォーマンスバージョン「S」で最高出力180~200PSまでチューンナップされる可能性があります。
車格から考えても、BMW新型EV「i1」は「MINI-E」の標準仕様のパワートレインで十分なパフォーマンスを発揮するでしょう。

【BMV新型EV i1】今後の情報に注目!

BMWは2018年にEV開発費用として約940億円を投資予定で、新型EV「i1」の開発もこの費用から捻出されるとみてよいでしょう。
新たに投入される「iX3」「i4」も含め、EVラインナップの再編成に向かっているのは確実です。

今後、BMWのEVに関する情報にいっそう注目したいですね。
MOBYではBMW i1(i3の後継EV)に関する情報が入り次第、この記事でお伝えします。

BMWのEVに関するおすすめ記事

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す