MOBY

ポルシェ新型911ターボ&カブリオレ発表!価格、性能、発売時期は?

2015年12月1日、ポルシェは、新型「911ターボ/ターボS」「911ターボ カブリオレ/ターボSカブリオレ」の予約がスタートしました。 この記事では、新型911ターボのエンジン性能やスペック、燃費性能、価格、発売時期などの最新情報をまとめています。

ポルシェ新型911ターボ発表!

ついに最強のスポーツカー、ポルシェから新型911ターボが発表されました!スペックやエンジン、デザイン、燃費など様々な進化を遂げた新型ターボ911ですが、一体どのように機能が向上したのでしょうか!?

それでは詳しく見ていきましょう!!

新型911ターボ/ターボS プロモーション映像

気になる新型911ターボの性能は!?

従来の機体を凌駕する最高出力!

新型911ターボシリーズの最高出力は、ターボ、ターボS共に15kw(PS)従来の機体を上回っています。

0-100km/h加速は、911ターボが3.0秒、911ターボSは2.9秒を達成しており、最高速度は911ターボSの場合で従来の機体を12km/h上回る、330km/hに。

パワーアップしたエンジン

新型911ターボは、インレットポートが見直されたシリンダーヘッド、より高い燃圧と組み合わされる新しいインジェクター、397kW(540PS)を発生する3.8リッター6気筒ツインターボエンジンによって、出力が強化されています。

新型911ターボSは、大型のコンプレッサーを備えた新しいターボチャージャーによって427kW(580PS)の出力を発揮。

気になる新型ターボ911の新装備!

エンジンレスポンスの向上

新たにダイナミックブースト機能が搭載されることで、エンジンレスポンスがさらに向上しました。

ダイナミックブースト機能は、スロットルバルブを開きつつ、フューエルカットすることで、アクセルペダルを少し戻したときの負荷変動時に過給圧を維持する機能です。

この機能によって、アクセルペダルを踏んだときエンジンからより鋭いレスポンスが得られます。

エンジン、トランスミッションのレスポンス向上

スポーツクロノパッケージ装着車では、360mm径の新しいGTスポーツステアリングホイールに「モードスイッチ」および「スポーツレスポンススイッチ」が搭載されています。

「モードスイッチ」は、ノーマル、スポーツ、スポーツプラス、インディビジュアルの4モードが、ステップポジション付きロータリーリングで選択できるようになりました。

「スポーツレスポンススイッチ」とは、エンジンとトランスミッションのレスポンスを最高レベルに高めるというもので、追い越し時などにこの機能を使用すると20秒間まで加速を最適化できます。

まだあるぞ新装備!

ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム(PSM)

センターコンソールのPSMスイッチを短く押すことで、スポーツモデルに設定されます。

従来モデルのスポーツプラスモードよりPSMの介入しきい値がさらに高くなっています。

ブレーキシステム&レーンチェンジアシストなど!

「ターボS」にはPCCBセラミックブレーキシステムとPDCCロール補正が標準装備されます。

さらにターボ系全モデルに、レーダーベースのレーンチェンジアシストと、低速時にフロントスポイラーリップ部を40mm上昇させるフロントアクスルのリフトシステムが追加されています。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す