初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

レクサス新型CT200h フルモデルチェンジ最新情報!新型EVハッチバックになる可能性も

レクサスのハイブリッドハッチバック「CT200h」に後継モデルが登場するという噂があります。噂の新型CTにはEVモデルが設定される可能性もあるようです。レクサス CT200h後継モデルのデザインやエンジンスペック、価格などに関する予想をまとめました。

レクサスがCT200hの後継ハッチバックを開発中か

現行型 CT200h

レクサスのハイブリッドハッチバック「CT200h」の後継モデルが開発中だという噂があります。
日本国内では販売が継続されているCT200hですが、米国では2017年に販売を終了しており、すでに後継モデルの開発計画が進められているというのです。

レクサスが開発中と噂されている新型ハッチバックについて、デザインやエンジンスペック、価格などを予想します。

レクサス CT200hとは

レクサス CT200hとは、トヨタの高級車ブランド・レクサスが2010年(日本と北米では2011年)から販売しているコンパクトハッチバックです。

車名の「h」はハイブリッド車であることを表したもの。パワートレインにはプリウス譲りの1.8L 直列4気筒ハイブリッドエンジンが搭載されています。
燃費はJC08モードで30.4km/Lと、クラストップレベルの性能です。

レクサスのラインナップで最もコンパクトかつ安価なモデルであるCT200hは、ハイブリッドエンジンによる維持費の安さも相まって、幅広い層のユーザーから支持を得ています。

レクサス CT200hについての記事はこちら

【レクサス新型CT】デザインを予想

レクサス新型ハッチバック(新型CT)の レンダリングCG

レクサス CT レンダリングCG

© MOBY

入手したレンダリングCGは、ハッチバックながらもクーペルックを強調したスタイルです。
大胆なプレスラインや長いラインのブーメラン型LEDなど、スポーティな要素が特徴的となっています。

また、レクサス新型CTのデザインは、最新のレクサスデザインに準拠したものになると思われます。
最新のレクサスデザインとしては、2018年3月に公開された新型コンパクトクロスオーバーSUV「UX」が参考になるでしょう。

さらに新型CTには、レクサス車の共通デザインである「スピンドルグリル」がCT200hから継続して採用されるはずです。

《参考》レクサス UX

レクサス新型UXについての記事はこちら

【レクサス新型CT】スペックを予想|EVも登場?

トヨタの新型パワートレイン

レクサス新型CTはハイブリッドとEVのラインナップか

レクサス新型CTには、トヨタの最新グローバルプラットフォーム「TNGA」が採用され、ハイブリッドとEVパワートレインがラインナップされる可能性があります。

ハイブリッド車には、3月のニューヨークモーターショー2018で公開されたトヨタ新型カローラ ハッチバックが搭載する、2.0Lダイナミックフォース直噴エンジン+THS2ハイブリッドシステムの搭載が有力視されているようです。
最高出力は180馬力が予想されており、最大熱効率41%のダイナミックフォースエンジンによる優れた燃費性能にも期待できます。

EVに関する有力情報はありません。
しかし、トヨタがマツダおよびデンソーと提携して設立したEV開発の新会社「EV C.A. Spirit」が、何かしら関係してくる可能性は高いです。

参考:現行CT200hのスペック

全長全幅全高
4,3551,7651,450・1,460
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6001,380~1,4405
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類直列4気筒DOHC
排気量1.8L
最高出力73[99]/5,200
最大トルク142[14.5]/4,000
モーター最高出力60[82]
最大トルク207[21.1]
トランスミッション電気式無段変速機
駆動方式FF
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
JC08モード燃費26.6~30.4
実燃費19~22
[単位]km/L

トヨタ 新型カローラスポーツや新型EVについてはこちら

【レクサス新型CT】新車車両価格を予想

歴代のCT200hがレクサスの最廉価モデルであることを売りとしていたことから、新型CTの新車車両価格についても同程度の価格帯に設定されると思われます。

参考までに、現行CT200hの新車車両価格は377万~477万円の設定です。
ただしEVがラインナップされた場合、最低でも30~40万円程度の値上がりとなるでしょう。

【レクサス新型CT】発売日を予想

レクサス新型CTは、2020年の発売が予想されています。
トヨタは2020年代前半までに10車種以上の電気自動車の発売を計画しており、CT200hの後継ハッチバックはその計画の一部として開発が進められているというのです。

MOBYでは、今後もレクサス新型CTに関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

レクサスやその他のメーカーの新型車についてはこちら

ハッチバックを検討中の方はこちらの記事も必見

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!