初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ルノー新型ルーテシア フルモデルチェンジ最新情報】EV化や自動運転を採用?スペックを予想

ルノー新型ルーテシア最新情報!フランスNo.1の販売台数を誇るコンパクトハッチバック、ルノー・ルーテシアが、新型へのフルモデルチェンジを計画しているようです。ルノー新型ルーテシアのデザインやスペック、EV化や自動運転に関する予想をまとめました。

ルノー ルーテシアが6年ぶりのフルモデルチェンジで新型へ

新型ルーテシア スパイショット

仏ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア(海外名:クリオ)」が、約6年ぶりとなるフルモデルチェンジを計画しているようです。
今回のフルモデルチェンジによって、ルーテシアは5代目となります。

ルノー新型ルーテシアのデザインやスペック、EV化や自動運転に関する予想をまとめました。

ルノー ルーテシアとは

現行型ルーテシア

ルーテシアとは、ルノーが製造・販売しているコンパクトハッチバックです。
初代モデルは1990年、現行の4代目モデルは2012年(日本では2013年)に発売されました。
本国での発売名称は「クリオ」ですが、日本国内では商標登録上の関係で、「ルーテシア」という専用名称で販売されています。

現行の4代目ルーテシアは、2016年のフランス国内販売台数で1位を記録した人気モデルです。
日本仕様車のパワートレインには、0.9L 直列3気筒ターボと1.2L 直列4気筒直噴ターボがラインナップされ、5速MT(0.9L)と6速EDC(1.2L)が組み合わされます。
駆動方式は全車FF(前輪駆動)です。

また、1.6Lの直列4気筒直噴ターボを搭載したホットハッチモデル「ルーテシア R.S.(ルノースポール)」も用意されています。

【ルノー新型ルーテシア】エクステリア(外装)

新型ルーテシア スパイショット

新型ルーテシア スパイショット

新型ルーテシア スパイショット

画像はスクープされた新型ルーテシアのプロトタイプです。

現行型よりも低い位置に取り付けられたヘッドライトは、上端がボンネットのラインに沿ったデザインへと変更されており、よりシャープな印象を受けます。
また、フロントグリルを中心としたデザインが昨今のルノー車に共通するものであることから、全体的な顔つきは2016年発売の現行型メガーヌに近いものとなるでしょう。

現行型メガーヌ

【ルノー新型ルーテシア】スペックを予想|自動運転を搭載か

新型ルーテシア スパイショット

ルノー・日産のプラットフォーム「CMF」を採用

新型ルーテシアには、ルノー・日産アライアンスの最新プラットフォーム「CMF(コモン・モジュール・ファミリー)」が採用されているといいます。

また、全長とホイールベースの延長も予想されていますが、全体的なフォルムやパッケージングは、現行型からそれほど変わらないようです。

参考:現行型ルーテシアのボディサイズ(日本仕様車)

全長全幅全高
4,0951,7501,445
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6001,130・1,2205
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

レベル2の自動運転の搭載も期待

新型ルーテシアには、自動運転の技術的レベルを6段階(レベル0~5)に分けた定義で、レベル2に相当する自動運転技術の搭載が期待されています。

レベル2自動運転は加減速やハンドル操作などを部分的に自動化してくれる機能のことです。
具体的には、ステアリングアシスト付きのアダプティブ・クルーズ・コントロールなどがレベル2自動運転にあたります。
国内メーカーのレベル2自動運転では、日産「プロパイロット」やスバル「アイサイトver.3」などの先進運転支援システムが有名です。

また、室内にはデジタルコックピットの採用が予想されています。

【ルノー新型ルーテシア】パワートレインを予想|EVもラインナップか

新型ルーテシア スパイショット

新型ルーテシアのパワートレインは、0.9L 直列3気筒ガソリンターボ(110PS)と、1.4L 直列4気筒ガソリンターボ(158PS)のラインナップが予想されています。

また、EV(電気自動車)モデルのラインナップも期待されているようです。

参考:現行型ルーテシアのパワートレインスペック(日本仕様車)

0.9Lターボ1.2Lターボ
エンジン種類直列3気筒DOHCターボ直列4気筒DOHC直噴ターボ
排気量0.9L1.2L
最高出力66[90]/5,00087[118]/5,000
最大トルク140[14.3]/2,250205[20.9]/2,000
トランスミッション5速MT6速EDC
駆動方式FFFF
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【ルノー新型ルーテシア】発売日を予想

新型ルーテシア スパイショット

新型ルーテシアは、9月に開幕するパリモーターショー2018での公開が予想されています。
その後、2018年の末までにフランス本国での販売が始まるでしょう。
日本発売に関しては、2019年以降になることが予想できます。

今後もルノー新型ルーテシアに関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください。

ルノーの新型車に関連する記事はこちら

ホットハッチ最新おすすめ人気ランキングはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す