初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

VW新型ラヴィダ 北京モーターショーで初公開!中国専用セダンのスペックや価格は?

フォルクスワーゲン新型ラヴィダが、北京モーターショー2018にて中国市場戦略の4ドアセダン上級モデルとして正式発表されます。ラヴィダは2008年に中国専用モデルとして登場以来、人気が高いモデルです。その上位モデルとなる新型ラヴィダのスペックや価格、発売日などを予想しました。

フォルクスワーゲン新型ラヴィダ 北京モーターショーで初公開

フォルクスワーゲンは、北京モーターショー2018において、新型ラヴィダを初公開しました。

フォルクスワーゲン ラヴィダ は、中国専用モデルとして、発売当初から人気の高い車種です。
新型ラヴィダは、中国市場における新たな上級セダンのポジションとなる車種として期待されています。

新型ラヴィダは、同社の新型4ドアクーペである「アルテオン」同様、フォルクスワーゲンの最新のデザインを取り入れていることが特徴的です。

北京モーターショー2018についてはこちら

フォルクスワーゲン新型アルテオンについてはこちら

フォルクスワーゲン ラヴィダとは?

フォルクスワーゲン ラヴィダ (2012年)

LAVIDA(ラヴィダ)は、2008年の北京モーターショーにて発表、「ゴルフ」をベースとして開発された中国専用モデルの小型4ドアセダンです。
2009年の上海モーターショーにて、「ラヴィダ 1.4 TSI スポーツ」が発表され、年間20万台を生産するヒット商品となりました。

2010年の北京モーターショーには、上海VWが「e-ラヴィダ コンセプト」を出展。フォルクスワーゲンのEV世界戦略を中国市場でアピールしています。
続く2011年には「ラヴィダ 1.4 TSI」に2グレードが設定されるなど、フォルクスワーゲン ラヴィダ は中国市場に受け入れらる車に成長しました。

中国市場での成功が生き残売りを左右する

ラヴィダだけでなく、フォルクスワーゲンは中国市場限定車を複数モデル販売しています。

2008年、中国の自動車市場は、日本を抜いて米国に続く世界第2位となりました。また、2010年には米国を抜き第1位となっています。
現在、自動車メーカーにとっては、中国市場での成功が生き残売りを左右するとされるほど、重要な市場と認識されています。

中国人にとって理想の車を提供できる中国専用モデルは、市場を確保するために重要戦略車なのです。

【フォルクスワーゲン新型ラヴィダ】エクステリアデザイン(外装)

フロント

サイド

リア

新型ラヴィダのエクステリア(外装)は、2009年発売当初と比較して縦方向に拡大されたフロントグリルに、LEDと思われる細めのヘッドライトの組み合わせが特徴です。
中国専用の上級セダンらしい、落ち着きを思わせるデザインとなっています。

新型ラヴィダのルーフ後半からリアガラス、リアトランクまでのデザインは、段差がない流れるようなラインで4ドアセダンというよりはクーペに近いフォルムです。
ここにも上級車と感じさせるデザインが取り入れられています。

【フォルクスワーゲン新型ラヴィダ】インテリアデザイン(内装)

新型ラヴィダ内装:公式YouTubeチャンネルで公開されたビデオのキャプチャー

新型ラヴィダの内装は、上級車としてシックで落ち着いたデザインです。
ドイツ車らしい印象を受ける、フォルクスワーゲンのイメージにふさわしいと言ってよいでしょう。

【フォルクスワーゲン新型ラヴィダ】スペックは?

フォルクスワーゲン新型ラヴィダのスペックに関する公式発表はありません。入手した情報や噂などから、スペックを予想していきます。

ボディサイズ

先代モデルのボディサイズ

全長全幅全高
4,608 1,743 1,465
ホイールベース車両重量乗車定員
2,610-5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型ラヴィダのボディサイズは先代から大きく変わることはないと予想します。
プラットフォームには、フォルクスワーゲングループの新世代モジュラープラットフォームである「MQB」を使用しています。

パワートレイン・燃費

エンジン種類直列4気筒ターボ
排気量1.4L
最高出力150HP
最大トルク-
トランスミッション-
駆動方式--
使用燃料-
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

フォルクスワーゲン新型ラヴィダのエンジンには、フォルクスワーゲンではおなじみのガソリンエンジン「1.4TSI」が引き続き搭載されることが予想できます。
燃費については情報がなく、予想もできない状況です。

【フォルクスワーゲン新型ラヴィダ】新車車両価格

フォルクスワーゲン新型ラヴィダの新車車両価格は、日本円で200万円〜程度と予想できます。
ただし中国専用モデルのため、正規ディーラーからの日本正規輸入はありません。

【フォルクスワーゲン新型ラヴィダ】発売日は?

フォルクスワーゲン新型ラヴィダ

フォルクスワーゲン新型ラヴィダの発売日は未定ですが、北京モーターショーで発表されたため、2018年の後半には中国にて発売される可能性があります。

日本には無いモデルとなると、興味を待つ方もいらしゃるのではないでしょうか。本来の車両価格以外にも諸費用が掛かりますが、並行輸入であれば日本の道路を走らせることも可能です。

フォルクスワーゲン新型ラヴィダについて、続報が入り次第この記事でお伝えします。

フォルクスワーゲンの新型車に関する記事

フォルクスワーゲンのEVシリーズについてはこちら

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!