初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スズキ新型スーパーキャリイ発売開始!軽トラ初の安全装備搭載&キャピン拡大で価格は?

2018年5月16日、スズキ新型スーパーキャリイが発表され、同日に発売開始となりました。新型スーパーキャリイとは、スズキの軽トラック「キャリイ」のキャビンを拡大し、先進予防安全装備を追加した新モデルです。新型スーパキャリイのスペックや価格など最新情報をまとめました。

スズキ新型スーパーキャリイ 発売開始!

新型スーパーキャリイ

スズキは5月16日、新型軽トラック「スーパーキャリイ」を発表し、同日に発売開始しました。
スズキ新型スーパーキャリイは、同社の軽トラック・キャリイのキャビンスペースを広げて、先進予防安全装備を追加したモデルです。

スズキ新型スーパーキャリイのスペックや価格、安全装備など最新情報をご紹介します。

新型スーパーキャリイと通常モデルの主な違い

・キャビンを後方へ拡大し広い室内空間を実現
・標準仕様より120mm高いハイルーフ仕様
・助手席前倒し機能を搭載
・安全性能「誤発進抑制機能」「後方誤発進抑制機能」を搭載

スズキ キャリイについての記事はこちら

【スズキ新型スーパーキャリイ】エクステリア(外装)

フロント

リア

スズキ新型スーパーキャリイのエクステリアは、基本的に標準のキャリイに準拠しています。
ただし、室内長の拡大に伴ってキャブ部分が後方に伸びたことにより、サイドから見たデザインは、標準のキャリイと異なっています。

また、新型スーパーキャリイでは、荷台床面をキャブの下まで伸ばしたレイアウトを採用することで、荷台フロア長「1,975mm」を確保しました。

【スズキ新型スーパーキャリイ】インテリア(内装)

運転席・助手席

シート:リクライニングした状態

シート後部のスペース

スズキ新型スーパーキャリイは、キャブ部分を後方に延長したことにより、高さ920mm×横幅1,235mm×長さ250mmのシートバックスペースを実現しています。高価な工具や精密機械、風雨にさらしたくない衣服や食品など、標準のキャリイではスペースの問題で室内に積めなかったものが、スーパーキャリイではシートバックスペースに積めるようになりました。

運転席のシートスライド量は、軽トラックでNo.1の180mmを実現しており、体の大きな人でもゆとりある運転姿勢の確保が可能です。また、運転席は最大40°までのシートリクライニング機能を備えているので、手足を伸ばしてゆったりと休憩することができます。

【スズキ新型スーパーキャリイ】ボディサイズ

全長全幅全高
3,3951,4751,885
ホイールベース車両重量乗車定員
1,905770~8202
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

スズキ新型スーパーキャリイのボディサイズは、標準モデルとほとんど差がありません。全高が若干高くなり、車両重量が若干増加しています。

参考:標準キャリイのボディサイズ

全長全幅全高
3,3951,4751,765
ホイールベース車両重量乗車定員
1,905680~7402
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【スズキ新型スーパーキャリイ】エンジンスペック・燃費

新型スーパーキャリイのエンジンスペック・燃費性能

エンジン種類直列3気筒DOHC
排気量660cc
最高出力37[50]/5,700
最大トルク63[6.4]/3,500
トランスミッション5速MT/3速AT/5速AGS
駆動方式FR/4WD
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
JC08モード燃費15.6~19.0
実燃費10~14(予想)
[単位]km/L

スズキ新型スーパーキャリイのパワートレインには、通常モデルと同じものが採用されています。燃費は車体が重くなったせいか、若干落ちています。

【スズキ新型スーパーキャリイ】新車車両価格・グレード構成

新型スーパーキャリイ
L97万~121万
X110万~134万
[単位]円(消費税込み)

スズキ新型スーパーキャリイのグレード構成は、キーレスエントリーやフォグランプを装備した上級グレードの「X」と、標準グレード「L」の2ラインナップです。

スーパーキャリーの「L」グレードと、キャリイの「KX」グレードを比較すると、2万円弱値上げがなされていることが分かります。

スズキ キャリイの中古車情報

最新「キャリイトラック」中古車情報!

本日の在庫数 2,355
平均価格 63.8万円
本体価格 3.5〜335万円
Pick up!
Pick up!

【スズキ新型スーパーキャリイ】予防安全装備

スズキ新型スーパーキャリイには、先進予防安全装備の「誤発進抑制機能」と「後方誤発進抑制機能」が、軽トラックで初めて搭載されました。
また、4輪ABSと運転席・助手席SRSエアバッグを標準搭載し、軽量衝撃吸収ボディー「TECT(テクト)」や、サイドドアビームを左右2本ずつ採用するなどして、衝突安全性能を高めています。

誤発進抑制機能

「誤発進抑制機能」は、ペダルの踏み間違えによる誤発進を防ぐ機能です。
停車または約10km/h以下で前進中、前方約3m以内に障害物がある場合に作動します。
この機能は、エンジン出力を制御して誤発進を防ぐ機能であり、自動ブレーキを作動して車両を停止させる機能ではありません。

後方誤発進抑制機能

「後方誤発進抑制機能」は、バックギアに入れたまま、アクセルペダルを踏みこんでしまった場合などに、後方への誤発進を防ぐ機能です。
停車または約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物がある場合に作動します。
「誤発進抑制機能」と同様、自動ブレーキを作動して車両を停止させる機能ではありません。

スズキ新型スーパーキャリイに期待!

スズキ新型スーパーキャリイの最新情報をお伝えしてきました。
新型スーパーキャリイは軽トラックでありながら、十分な居住性を確保したり、予防安全装備を備えたりなど、初の試みがいくつか見受けられます。

果たして新型スーパーキャリイの人気は高まるのでしょうか。また、他メーカーも同じようなコンセプトの軽トラを発売するのでしょうか。新型スーパーキャリイの今後の動向に期待です。

スズキの新型車に関する記事はこちら

軽トラックに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!