初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【スバル新型フォレスター 新旧比較】フルモデルチェンジ前後の変更点まとめ

【スバル新型フォレスター】インテリア(内装)新旧モデル比較

フォレスター 新型 インパネ

フォレスター 先代 インパネ

フォレスター 新型 フロントシート

フォレスター 新型 リアシート

フォレスター 先代 フロント・リアシート

新型フォレスターのインテリアは、スバル新型インプレッサと共通とすることで、先代フォレスターの保守的なデザインから一変した、直線的で近未来的なデザインへと改められました。
センターコンソール周りのトリムレザーによる加飾と、随所にアクセントカラーのベゼルが配置され、クラスを越えた上質なインテリアとなります。
インテリアカラーはブラウンを始めとした4色を設定。
仕様によってはステッチカラーとアクセントカラーが変更され、アクティブな印象からシックな佇まいまでさまざまなインテリアデザインを表現します。

【スバル新型フォレスター】室内の広さ新旧モデル比較

新型フォレスター(米国仕様)先代フォレスター
室内長未公開2,095mm
室内幅未公開1,540mm
室内高未公開1,280mm

正式な室内寸法は公開されていませんが、わずかに拡大されたボディと、30mm延長されたホイールベースの恩恵は、主に後席と荷室に反映されるでしょう。
先代に比べ、左右の座席間の距離と後席のレッグスペースを拡大し、より快適な室内空間を確保。
スクエア形状に広げられた荷室は、開口部も大幅に拡大し積載量が大きく向上しています。

【スバル新型フォレスター】エンジンスペック・燃費新旧モデル比較

新型フォレスター新型フォレスター ハイブリッド先代フォレスター
エンジン型式FB25 FB20FB20
エンジンタイプ 水平対向4気筒直噴ガソリン 水平対向4気筒直噴ガソリン+モーター水平対向4気筒ガソリン
排気量 2.5L2.0L2.0L
最高出力 136kw[184PS]/5,800rpm107kw[145PS]/6,000rpm
+10kw[13.6PS]
109kw[148PS]/6,200rpm
最大トルク 239N・m[24.4kgf・m]/4,400rpm 188N・m[19.2kgf・m]/4,000rpm
+65N・m[6.6kgf・m]
196N・m[20.0kgf・m]/4,200rpm
トランスミッションリニアトロニック
駆動方式AWD
JC08モード燃費14.6km/L18.6km/L13.4〜16.0km/L

新型フォレスターには、約90%の部品を刷新し直噴化された新開発の2.5水平対抗4気筒エンジンが搭載されます。先代フォレスターの排気量が2.0Lだったのに対して2.5Lに拡大され、全回転域に渡りトルクフルな性能を発揮します。

直噴化されたことで熱効率が向上した新型エンジンと、CVT制御を最適化した「リニアトロニック」により、大きく燃費が向上が図られるでしょう。
一部仕様では7速マニュアルモードを備えた「スポーツ・リニアトロニック」を搭載し、スポーティなドライビングも可能にします。

また、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」を搭載した、マイルドハイブリッドモデルも追加されます。ハイブリッドの採用はスバル車として初となります。

水平対向エンジンとは?

リニアトロニックとは?

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!