初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ホンダ F1】2018シーズン到来!トロロッソへのPU供給へ|新エンジンやスペックも

F1を戦う唯一のジャパンパワー・トロロッソホンダ。ルノー以上と言われるエンジンのスペックや、トロロッソホンダチームの体制・歴史、ステアリングを握る二人のドライバーなど、2018年を戦う新生トロロッソホンダについて解説します。

体制一新で2018シーズンを戦うトロロッソ・ホンダ

2018年トロロッソ・ホンダのマシン

現在F1を戦う唯一のジャパンパワーとして、日本のファンの期待を一身に背負うホンダ。
今年は心機一転、イタリアのチーム・トロロッソとタッグを組み、新体制で2018シーズンを戦います。

チームの正式名称は”レッドブル・トロ・ロッソ・ホンダ(Red Bull Toro Rosso Honda)”となります。

ライバルのルノー以上と言われるホンダエンジンのスペック、トロロッソ・ホンダチームの体制・歴史、ステアリングを握る二人のドライバーなどについて解説します。

トロロッソ・ホンダの布陣

トロロッソホンダの2018シーズンの主な体制は以下のようになっています。

2018トロロッソホンダ体制
チーム名レッドブル・トロ・ロッソ・ホンダ
本拠地イタリア・ファエンツァ
エンジンホンダ RA618H
チーム代表フランツ・トスト
テクニカルディレクタージェームス・キー
ホンダ開発責任者田辺豊治(現場統括)
浅木泰昭(HRDさくら統括)
ドライバーピエール・ガスリー (フランス)
ブレンドン・ハートレイ (ニュージーランド)

経験豊富な二人のホンダ統括責任者が牽引

ホンダは2017年までは、F1プロジェクト総責任者である長谷川祐介氏がひとりで現場と技術開発の両方を統括してきました。

2018年はこれを一新。グランプリに帯同して現場を仕切る、F1テクニカルディレクターとして田辺豊治氏が就任しました。
田辺氏は過去のホンダF1プロジェクト、直近ではインディカープロジェクトに携わるなど、レース現場での経験が非常に豊富です。
そして国内の開発拠点・HRDさくらでの研究開発統括には浅木泰昭氏が就任。
浅木氏はこれまでホンダで苦境にあったプロジェクトをいくつも立て直し、大きな成功に導いてきたリーダーです。

このように、現場・ファクトリーとそれぞれに統括責任者を立てることで、合理的な開発アプローチが導き出され、過去3年間よりも迅速な意思決定を実現できるようになりました。

【ホンダの新エンジン:RA618H】スペックはライバルのルノー以上か

では、新生トロロッソホンダに搭載される2018年モデルのPU(パワーユニット)・RA618Hのスペックについてみてみましょう。

下表の数値は2018年のF1レギュレーションで定められている共通スペックです。

トロロッソホンダ2018搭載エンジンスペック
名称RA618H
気筒数V型6気筒
排気量1,600ccターボ
最高回転数15,000rpm
バルブ数24
バンク角90度
重量145kg
燃料・潤滑油エクソンモービル

RA618Hはルノーよりもハイテクと自負

2018年モデルのホンダF1エンジンは、Vバンク内部に収められていたコンプレッサーとタービンのレイアウトを大きく変更し、より低重心で運動性能の高いものへと生まれ変わりました。

ホンダは小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」のエンジンを開発しており、F1のPUにもそのノウハウが投入されるとの噂もあります。
これを裏付けるかのように、トロ・ロッソのある技術者は「ホンダのエンジンはルノーよりもハイテクだ」と説明しています。

2017年シーズン、マクラーレンはホンダと、トロロッソはルノーとひと悶着あったため、2018年は互いにパワーユニットをトレードした両チーム。
はたして2018年はどちらが成功するのか、注目を浴びています。

以下のトロロッソホンダのエンジン初始動「ファイアーアップ」の動画も、その”ハイテク”さを印象付ける内容です。


RA618Hはルノーに肉薄するパワー

信頼性抜群のホンダRA618Hですが、そのパワーはどうなのでしょうか?
エンジンパワーを図る一つの指標になる、ストレートでの最高速をみてみましょう。

バルセロナテスト1回目では、マクラーレン・ルノーのアロンソとトロロッソホンダのガスリーは、282.7km/h(フィニッシュラインの通過スピード)で並びました。

トラブルが頻発したマクラーレンのPUと比較すると、トロロッソホンダのPUは信頼性重視のためパワーを絞っている可能性があります。
その点を差引くと、ホンダPUのパワーはルノーに肉薄、セッティングによってはルノーを上回る可能性が十分あると言えるでしょう。

またドイツのあるメディアによると、2017年末の時点でルノーの907馬力に対し、ホンダは881馬力と劣っていたとされます。
ところが今年に入り、ホンダのエンジン出力を知るピエール・ガスリーは「パワーの面で言うと、F1は今や900……950馬力に近づいている」と発言。

事実、第2戦バーレーンGPで、ガスリーのマシンは予選・決勝ともに、マクラーレン・ルノーの2台を上回りました。
4本のストレートを持つストップ・アンド・ゴー型のサーキットで、ライバルを上回れたのは、多分にホンダエンジンのパワーアップによるものと思われます。

シーズン前テストでの信頼性抜群!

トロロッソホンダのマシンは、バルセロナにて行われたプレシーズンテスト1回目では、4日間で全チーム中最多の324周をノートラブルで走り込み、その信頼性を見せつけます。

2回目のプレシーズンテストでも周回数こそ9番手でしたが、1台のパワーユニットで498周を走行。
タイム的にもピエール・ガスリーがハイパーソフトで7番手タイムを記録しました!

ルノーエンジンにスイッチしたマクラーレンが、エンジントラブル多発で満足に走り込めなかったのとは対照的に、開幕に向けて順調な仕上がりでした。

次のページ

この記事の執筆者

井上 大この執筆者の詳細プロフィール

スポーツカー、モータースポーツ関連の情報を得意とする、フィリピン・セブ島在住のライターです。好きなレーサーはM.ハッキネン、J.ビルヌーブ、F.アロンソ、ひいきのF1チームはロータス(現在のルノー)、自動車メーカーは国内:スバル、海外:ロータスがお気に入りです。MOBYではジャン...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す