初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【北京モーターショー2018】4月25日開幕!注目の新型車は?

2018年4月25日より中国・北京で開幕する北京モーターショー2018に出展される新型車を総まとめ!今回の北京モーターショーは、BMWやレクサス、ピンファリーナなど、世界初公開される注目の新型車が目白押しです。

【北京モーターショー2018】とは?

展示会 モーターショー 会場

©iStockphoto.com/ artisticco

北京モーターショーとは、中華人民共和国の北京で1990年から隔年開催されている世界最大級の自動車展示会です。
2018年の開催期間は4月25日~5月4日。
開催場所は中国北京にある中国国際展覧中心にて執り行われます。

北京モーターショー2018に出展される予定の注目の新型車をピックアップしてお届けします。

レクサス新型ES

レクサスは北京モーターショー2018にて新型ESを世界初公開します。

レクサス ESは、フラッグシップセダンである「LS」と共に、レクサス最初のラインナップとして誕生した、Dセグメントのプレミアムミドルセダンです。
かつてのトヨタ ウィンダムの後継とされました。

レクサスのワールドプレミアは現地時間の4月25日に予定されています。

BMW iX3

BMW新型iX3のスクープ画像

BMW iX3は、2020年に発売が予定されているBMW初となる完全電動SUVです。

プレミアムミドルSUVである現行型BMW X3に、最新のエレクトリック・パワートレインが搭載されるBMW iX3は、ライバル各社に一歩差をつける電動化フェーズ2に相当する技術を盛り込まれて開発されます。

BMW X3との差異は、マフラーがないこと以外は大きな変化がみられない模様ですが、その中身は別物。
300PSのハイパワーモーターを搭載し、満充電での航続距離は400kmを走破すると見込まれています。

BMW M2 コンペティション

BMWは2シリーズクーペのハイパフォーマンスモデル「M2 コンペティション」の実車を、北京モーターショーで初公開します。

搭載されるのはM4 クーペやM3 セダンと共通仕様の、直噴3.0L 直列6気筒ツインターボエンジン
BMW最新の先進運転支援システムも設定されています。

日産 テラ

日産 テラ

日産は新中期計画として、2022年までにグローバル販売台数を40%増とする「Nissan M.O.V.E to 2022」を掲げています。
「M.O.V.E(ムーブ)」とはMobility・Operation excellence・Value to
cusutomers・Electrificationのそれぞれの頭文字を取ったもの。
つまり、「自動車の電動化を推し進め、価値を創造する」ということです。

その先駆けとなるのが商用目的の電動SUVとなる日産 テラ(TeRRA)。
そのスペックや詳細は明かされてはいませんが、大型SUVの日産 サファリや、ピックアップトラックの日産 ナバラに代わる、中国をはじめとするアジア市場での商用目的で投入される見通しです。

ホンダ 中国専用 新型EVコンセプトカー

(参考)ホンダ アコードハイブリッド

ホンダは中国専用 新型EVコンセプトカーを世界初公開します。

中国の「広汽ホンダ」は2018年にEVの発売を予定しており、今回公開されるのはそのコンセプトモデルということです。

アキュラ CDX スポーツハイブリッド

アキュラ CDX(2016年モデル)

アキュラはCDXのハイブリッドモデルである「CDXスポーツハイブリッド」を発表しました。

中国では2016年から発売されているSUV・CDXは、アキュラブランドのSUVエントリーモデルです。
基本的なメカニズムはホンダ ヴェゼルをベースにしていますが、ハイブリッド化にあたってはヴェゼル ハイブリッドとは異なる、2.0L i-MMDハイブリッドエンジンを搭載しています。

メルセデス・ベンツ Aクラス セダン

メルセデス・ベンツ Aクラス セダンのスパイショット

メルセデス・ベンツ Aクラスから、4ドアセダンモデルが世界初公開されます。
Aクラスに4ドアセダンが設定されるのは初めてで、中国市場で重要な車種となります。

メルセデス マイバッハ 新型SUVコンセプト

ビジョン・メルセデス マイバッハ・アルティメート・ラグジュアリー

メルセデス マイバッハはブランド初となるSUVコンセプト「ビジョン・アルティメート・ラグジュアリー」を世界初公開します。

メルセデス・ベンツの最高級SUV「GLS」をもとに、メルセデス マイバッハからもSUVが発表されると予想されているため、そのコンセプトモデルである可能性が高いです。

アウディ Q8【予想】

アウディは「4ドアラグジュアリークーペ」と称し、新型車のシルエットを公開し、新型SUVを北京モーターショーで初公開すると発表しました。

同車は、かねてより発表が期待されているQ8またはそれに関係するコンセプトモデルの可能性があると、MOBY編集部は考えています。

フォルクスワーゲン ラヴィダプラス

フォルクスワーゲン ラヴィダ(2012年)

フォルクスワーゲンは中国専用セダン「ラヴィダ」の上級グレードと思われる「ラヴィダプラス」を、北京モーターショーで世界初公開します。

2009年に現地に投入されて以来、高い人気を維持している4ドアセダンのラヴィダ。
新型ラヴィダプラスは新型アルテオンと同じ、フォルクスワーゲンのデザイン言語を取り入れると見られています。

ボルボ S90アンビエンス・コンセプト

ボルボはフラッグシップサルーンの「S90エクセレンス」をベースとした「S90アンビエンス・コンセプト」を初公開します。

「S90エクセレンス」は、助手席を取り払った3人乗りモデルで、後席の快適さが追求されています。

「S90アンビエンス・コンセプト」は、スマートフォンとの連動機能を追加した、さらなるコンフォートモデル。
スマートフォンにダウンロードした専用アプリからテーマを選択すると、天井に映し出される映像、オーディオ、香りが自動調整され、快適な車内空間を楽しむことができます。

ポールスター1 プロトタイプ

ポールスター1(2017年公開画像)

ボルボカーズ傘下のポールスターは、「ポールスター1」の最新プロトタイプを北京モーターショーで公開します。

2019年半ばからの導入に向けて、ポールスター1は、マイナス18度の北極圏で2週間の耐寒テストを実施。
公開されるプロトタイプはテスト結果を反映させた最新車両ということです。

ピニンファリーナ H500

イタリア・トリノに本拠を置く、自動車ボディのデザイン工房「カロッツェリア・ピニンファリーナ」。
これまでに数々の名車のデザインを始め、あらゆるもののデザインを手がけるピニンファリーナが次に送り出すのは、中国のハイブリッド・キネティック・グループと共同開発の電動自動車です。

「H500」と名付けられたこのコンセプトカーは、北京モーターショー2018での発表が予定されています。

発表に先駆けて公開されたティザー画像に映し出されるのは流麗で伸びやかなデザインのセダン
パワートレインやバッテリーはハイブリッド・キネティック・グループが開発し、ボディデザインを手がけるのはもちろんピンファリーナです。

ピニンファリーナK350

ピニンファリーナからもう1台、電動SUVである「K350」を初公開します。

こちらもハイブリッド・キネティック・グループとの共同開発車となっています。

DS XE-TENSE

DSオートモービルズが、新たなEVクーペ「XE-TENSE」を出展します。

「XE-Tenseコンセプト」と呼ばれるコンセプトモデルは、フォーミュラEに参戦するDSヴァージン・レーシングが来季に走らせるマシン「E-Tense FE 19」の技術をフィードバックしたハイスペックEVクーペになるとの噂です。

新型車が目白押しの北京モーターショーは4月25日から

モーターショー 会場

©shutterstock.com/ Alexander Chaikin

以上で紹介したほかにも三菱 エクリプス クロスや、海外向け参考出品としてマツダ CX-8など、多くの自動車メーカーや、パーツサプライヤーが北京モーターショー2018に出展予定です。

MOBYでは情報が入り次第、各メーカーの出展情報を随時更新していきます。

電動化が進む自動車市場において、中国は非常に重要な拠点となります。
世界中のメーカーが中国企業と提携および、中国国内に向上を建設し、来たるべきEVシフトに備えています。
電気自動車による「電動化」と、自動運転や先進のインフォメーションシステムによる「電脳化」が北京モーターショー2018のキーワードとなるでしょう。

新型車が目白押しの北京モーターショーは4月25日から5月4日までです。

新型車の最新記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す