MOBY

自動車の革命児が走り出す|驚くべきイノベーションBMW i3の魅力

電気自動車なのにエンジンが付いていたり、カーボン・ファイバー強化樹脂のボディが採用されたり、驚きが満載の自動車、BMWの「BMW i3」を紹介します。

驚き満載の自動車、「BMW i3」!

「BMW i3」は、BMWが製造・販売する電気自動車です。

驚くほど角ばったボディ形状はすぐわかりますが、電気自動車なのにエンジンが付いていたり、カーボン・ファイバー強化樹脂のボディが採用されたり、驚きが満載の自動車で話題を集めました。

レンジ・エクステンダーとは?

レンジ・エクステンダーが装着したモデルだと航続距離が飛躍的に伸びます。

大変スムーズに動作する静かな小型のガソリン・エンジンでレギュラー・ガソリンを使用しています。

BMWのレンジエクステンダーi3は、実用走行距離が300kmくらいといわれている。バッテリーの電気がなくなれば、発電用のエンジンが助けてくれるという仕組みだ。バッテリーだけで150km前後、エンジン発電で150kmくらい走るという計算だ。

出典:http://ecocar-asia.cocolog-nifty.com/

BMWi3は高性能な電気モーターを搭載!

胸のすくような加速が体感でき、革新的なドライビングを実現します。

俊敏さと胸の高鳴り、心から寛げるほぼ無音の走りをドライバーに体験させます。

BMW i3は、0-60 km/hを4秒以内で到達し、100 km/hまではわずか7.2秒で駆けぬけます(レンジ・エクステンダー搭載車は7.9秒)。

出典:http://www.bmw.co.jp/

運転しての印象は、ひとことで言うと、パワフル。ごくわずかアクセルペダルを踏み込んだだけで大きな力を出す電気モーターの特性ゆえ、ハンドルに影響が出る前輪駆動でなく後輪駆動を選択したというのもうなずける。

出典:http://gqjapan.jp/

カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)とは?

カーボン・ファイバー強化樹脂だと、車両を軽量し、安全性を高め、広い室内になり、メリットばかりです。

BMW i は初の量産仕様となるカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)製のパッセンジャー・セル、そしてBMW EfficientDynamics 軽量テクノロジーを採用した部品などで、自動車生産において革命を起こしています。

出典:http://www.bmw.co.jp/

新たな時代へ駆け抜ける「BMW i3」

BMW i3は、数多くの最先端技術が使われていますが、それを感じさせないコミカルなボディで人を惹きつけます。

170PSという高出力をたたき出す電気モーターは、エコだけではなく、走る喜びを与えてくれるでしょう。