初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ポールウォーカーの愛車 日産スカイラインGTR R34が販売中!価格は? 

あの「ワイルドスピード」でポールウォーカーが実際に乗った「日産スカイラインGT-R R34」が現在売りに出されているようです。その気になる価格と驚愕の裏話をご紹介します。

大人気ポールウォーカーの愛車


一斉を風靡した伝説のGT-R

myiiさん(@myi_ak)がシェアした投稿 -


大ヒットカーアクション映画である「ワイルドスピード」は、車好きなら誰もが知る名作と言えるでしょう。
そんな大人気のワイルドスピードの主人公である「ポールウォーカー」。
先日、交通事故で亡くなってしまった彼ですが、生前、大の車好き、さらには日本車好きとして有名でした。

この映画は、「日産スカイライン GT-R」「トヨタ スープラ」「三菱 ランエボ」「マツダ RX-7」など、日本車が数多く使われており、日本車のかっこよさ、世界での人気を改めて認識させてくれました。

その中でも、劇中で彼が乗る「日産 GT-R R34」は超有名で海外でも大人気となっています。
この青く輝くボディが、爆走するシーンを覚えている方も多いのではないでしょうか。

そのポールウォーカーの愛車が販売されている!?

伝説のGT-Rが手に入る

現在、その「日産 GT-R R34」が売りに出されているようです。
劇中で、実際に使用されたもので、かなりのプレミアが付いています。

気になる価格は

規格外の超高額

価格はなんと1億4000万円。

ワイルドスピードで実際に使用された車とあってはプレミアが付き値段が高騰するのは当然です。
しかし、現在の「日産 GT-R R34」の中古相場価格が「約169〜1088万円(カーセンサーネット)」であることから考えると規格外の超高額と言わざるを得ません。

なかなか手が出せる価格ではないですね。

【驚愕】実はGT-Rじゃない!?

本当はレプリカ車

現在、ポールウォーカーの愛車として販売されている「日産 GT-R R34」ですが、問題は高額なことだけではないようです。

実は、撮影用に用意されたレプリカ車で、厳密に言えば「本物のGT-R」ではないのです。
「日産スカイライン 25GT-t」をベースとしたレプリカ車となっていて、写真のように撮影のために何台も用意されていたのかもしれません。

撮影で、あれほどド派手なカーアクションをすることを考えてると、車が何台も大破することは想像に難くありません。
いくら映画の撮影といえども本物の「GTR」を何台も無駄にするわけにはいきませんよね。

マニアにはたまらないが・・・

GT-Rの新車を買ったほうがいいかも

日産 スカイライン GT-R R34

ワイルドスピードのポールウォーカーが実際に乗った車とあれば、マニア心をくすぐられてしまいますね。
しかし、先ほども紹介したように、実はレプリカ車であって実際には「GT-R」ではありません。
さらには、1億4000万円とあまりにも高額です。

それらを考慮して考えてみると、新車や中古で本物の「GT-R R34」や「GT-R R35」を購入したほうがいいかもしれません。

ポールウォーカーのファンならば、車体カラーをブルーにして、さまざまなオプションを施しアレンジするのもの一つの手です。
どんなにアレンジにお金をかけたとしても、1億4000万円より高くなることはそうそうないでしょう。