初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【マツダ新型ロードスター】2018年7月にマイナーチェンジか?価格やスペックなど変更点予想

マツダの人気オープンスポーツ「ロードスター」が、2018年7月にマイナーチェンジを行うという有力情報を入手しました!マツダ 新型ロードスターのマイナーチェンジについて、さまざまな情報を収集し、スペックや価格などの変更点に関する予想をまとめています。

マツダの2人乗りオープンスポーツ「ロードスター」とは?

現行型 4代目 ロードスター

ロードスターRF

マツダ ロードスターとは?コンセプトなど

ロードスターとは、マツダが1989年から製造・販売しているオープンカーです。
初代モデルの「ユーノス・ロードスター」は、そのデザイン性と走行性能が国内外で高く評価され、スポーツカーとしては異例の大ヒットとなりました。。

現行のロードスターは4代目モデルで、2015年の5月から販売されています。
2016年の12月22日には、リトラクタブル(開閉式)ハードトップモデルの「ロードスターRF」が追加設定されました。

現行型ロードスターは、「人生を楽しもう-Joy of the Moment, Joy of Life-」をコンセプトとし、マツダの提供価値である「走る歓び」を最新の技術で具現化しています。
「人馬一体」の走りを実現するため、マツダの新世代技術・スカイアクティブテクノロジーを全面採用しており、シャシーや足回りも精緻に作り込まれています。
また、マツダ車の共通デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」も採用され、人目を惹くスタイリッシュなフォルムに仕上がっています。

マツダ ロードスターの販売台数と人気は?

現行型ロードスターは、国内外で高い人気を誇っています。
「日本カー・オブ・ザ・イヤー」、「日本自動車殿堂カーオブザイヤー」、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」など、名立たる自動車賞も受賞しました。

2017年度の国内新車販売台数は7,020台を記録しています。

マツダ ロードスターについての記事はこちら

マツダ ロードスターのモデルチェンジ履歴

1989年09月デビュー初代ユーノス・ロードスター発売開始
1998年01月フルモデルチェンジ2代目ロードスター発売開始
2005年08月25日フルモデルチェンジ3代目ロードスター発売開始
2015年05月21日フルモデルチェンジ4代目ロードスター発売開始
2016年12月22日モデル追加ロードスターRF発売開始
2017年12月14日マイナーチェンジボディカラーの追加
装備の質感の向上
走りの質感の向上
アダプティブ・LED・ヘッドライトの導入

マツダ ロードスター 新型へのマイナーチェンジはいつ?発売日予想

現行型 4代目 ロードスター

MOBY編集部は、現行型ロードスターの改良モデルが、2018年の7月ごろに発売されるという有力な情報を入手しました。
2017年の12月に行われたマイナーチェンジは小規模の改良にとどまりましたが、今回のマイナーチェンジでは、エンジンの変更を含む大幅改良が予想されています。

マツダ 新型ロードスターのマイナーチェンジについて、さまざまな情報を収集し、スペックや価格などの変更点に関する予想をまとめました。

マツダ ロードスター マイナーチェンジ後の外装・内装を予想

新型へマイナーチェンジしたロードスターの外装を予想

現行型 4代目 ロードスター フロント

現行型 4代目 ロードスター リヤ

現行型ロードスターは、「魂動デザイン」によるスタイリッシュな外装を特長としています。
現行型ロードスターの人気はこのデザインに依るところも大きいので、マイナーチェンジによって外装が大幅に変更される可能性は低いでしょう。

新型へマイナーチェンジしたロードスターの内装を予想

現行型 4代目 ロードスター 内装

現行型 4代目 ロードスター 内装

現行型ロードスターの内装は、広い視界や操作性に優れた機器配置など、スポーツカーとして理想的な室内空間を実現しています。
そのため、マイナーチェンジによってデザインやレイアウトが大きく変更される可能性は低く、装備の追加や質感の向上などの小規模な改良にとどまることが予想できます。

マツダ ロードスター マイナーチェンジ後のエンジンや燃費を予想

現行型ロードスター 1.5L ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」

ロードスターのマイナーチェンジでエンジンの変更はあるか?

現行型ロードスターのエントリーモデルには、1.5Lの直列4気筒直噴エンジンが搭載されています。
また、リトラクタブルハードトップモデルの「ロードスターRF」には、2.0Lの直列4気筒直噴エンジンが搭載されています。

今回のマイナーチェンジでは、ロードスターRFに搭載されている2.0Lエンジンを改良した上で、標準のロードスターにも搭載可能とするようです。
改良によって、2.0Lエンジンの出力は現行型から25PS向上し、183PSになると言われています。

燃費性能に関しては、現行型から大幅に変更される可能性は低いでしょう。

現行型ロードスターのエンジンラインナップ

マツダ ロードスター エンジンラインナップ
ロードスターロードスターRF
・1.5L 直4 直噴ガソリン・2.0L 直4 直噴ガソリン

現行型ロードスターのエンジンスペック・燃費

ロードスターロードスターRF
エンジン型式P5-VP [RS]PE-VPR [RS]
最高出力96kW [131PS] / 7,000rpm116kW [158PS] / 6,000rpm
最大トルク150N・m [15.3kgf・m] / 4,800rpm200N・m [20.4kgf・m] / 4,600rpm
JC08モード燃費17.2~18.8km/L15.6km/L

次世代エンジン「SKYACTIVE-X」にも注目

新型ロードスターの今後のモデルチェンジ情報に注目!

現行型 ロードスター

マツダ ロードスターのマイナーチェンジについてお伝えしました。

現状では、新型ロードスターに関する情報は乏しく、予想もかなり難しい状況です。
今後、ロードスターのマイナーチェンジに関する何らかの情報が入り次第、この記事でお伝えするので、どうぞご期待ください!

マツダの新型車に関連する記事はこちら

スポーツカーのランキングはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す