初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダ新型CX-3 マイナーチェンジ!発売日と価格やスペックなど最新情報

マツダのコンパクトSUV「CX-3」が2度目のマイナーチェンジ、2018年3月29日のニューヨークモーターショーで、その概要が公開されました。今回のマイナーチェンジは、エクステリア(外装)とインテリア(内装)およびスカイアクティブエンジンの改良とのことで、さらに進化し磨きがかかったとマツダが謳う新型CX-3の発売日や価格、スペックなどをまとめてご紹介します。

【最新情報】マツダ新型CX-3をマイナーチェンジして公開

3月29日に幕開けするニューヨークモーターショー(*)、その前日に北米マツダは謎のティザー画像をFacebookで公開、新型車の登場を車名を伏せて予告しました。
その予告された新型車はコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」、エクステリア(外装)とインテリア(内装)の質感を高め、スカイアクティブエンジンに改良を施してのマイナーチェンジの発表でした。マツダは、この新型CX-3について、「人間中心」の思想のもと、あらゆる領域を深化させ、従来モデルから持っていた質のレベルを一段引き上げたと述べています。
また、マツダは新型CX-3の発売日やその他の変更点をアナウンス、当記事でその内容をお伝えします。

(*)正式名称は「New York International Auto Show(ニューヨークインターナショナルオートショー)」。プレスデーは3月28日および29日、一般公開日は3月30日から4月8日まで。(日付は現地時間)

マツダ CX-3のフルモデルチェンジについてはこちら

ニューヨークモーターショー2018についての記事はこちら

【マツダ新型CX-3】エクステリア(外装)

マツダ 新型CX-3 北米仕様

マツダ 現行CX-3 北米仕様

現行型CX-3 日本仕様 フロント

新型CX-3のエクステリア(外装)は、“Exquisite&Edge(気品ある美しさと先鋭さ)”をテーマに、精巧で上質な美しさをさらに磨き上げたとマツダは述べています。
公開された北米仕様の新型CX-3と現行モデルを比べると、LEDヘッドライトのデザインや、フロントグリルなどに若干の変更が確認できます。
新型CX-3の外装は、現行モデルから大幅に変更されるのではなく、現行のコンセプトを維持しつつ最新のマツダデザインに沿ったフェイスリフトになりました。

また、北米と日本の現行CX-3を比べてもほぼまったく変更点が無いため、法案基準の違いによりバンパーのデザインが変更になる以外は、日本仕様のデザインが現在公開されている北米仕様から大幅な変更をされることは無いでしょう。

【マツダ新型CX-3】インテリア(内装)

マツダ 新型CX-3 北米モデル インパネ

新型CX-3のインテリア(内装)も、エクステリア同様に“Exquisite&Edge(気品ある美しさと先鋭さ)”がテーマとなっており、現行型より質感が向上しているとのことです。
日本仕様車の内装についても、北米のものから大きな変更は無いでしょう。

現行モデルのインテリア(内装)

マツダ 現行型CX-3 インパネ

マツダ 現行型CX-3 シート

画像は現行型CX-3のインテリアです。

【マツダ新型CX-3】ボディサイズ

現行型CX-3

マツダ CX-3のマイナーチェンジ後のボディサイズについては発表がありませんでした。
しかし、ボディサイズは北米仕様・日本仕様ともにほぼ変わらないと予想します。

参考:現行型CX-3のボディサイズ

全長全幅全高
4,2751,7651,550
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5702WD:1,240~1,290
4WD:1,300~1,360
5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【マツダ新型CX-3】エンジンスペック・燃費

現行型CX-3

マツダ 新型CX-3のパワートレインは、SKYACTIV-G 2.0Lガソリンエンジンが改良されることが発表されました。
ガソリンエンジンの進化により、乗り心地や静粛性が大幅に向上します。
ディーゼルエンジンに関しては特に発表はありませんでしたが、改良・追加などの変更は無いでしょう。
また、燃費性能に関しても、現行型から大きく向上することはないでしょう。

なお、現行型CX-3のパワートレインには、2.0L 直列4気筒DOHC直噴ガソリンエンジンと、1.5L 直列4気筒DOHC直噴ディーゼルターボエンジンの2種類が用意されています。
トランスミッションはガソリン車が6速AT、ディーゼル車には6速ATと6速MTが組み合わされ、駆動方式はガソリン・ディーゼル共にFFと4WDの設定です。

日本仕様車のエンジンラインナップも、同様となるでしょう。

参考:現行型CX-3のエンジンスペック・燃費性能

CX-3
ガソリン
CX-3
ディーゼル
エンジン種類直列4気筒DOHC直噴直列4気筒DOHC
直噴ディーゼルターボ
排気量2.0L1.5L
最高出力109[148]/6,00077[105]/4,000
最大トルク192[19.6]/2,800270[27.5]/1,600~2,500
トランスミッション6速AT6速AT/6速MT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラー軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
CX-3
ガソリン
CX-3
ディーゼル
JC08モード燃費16.4~17.0
WLTC燃費:15.2~16.2
21.0~25.0
実燃費12~1415~18
[単位]km/L

【マツダ新型CX-3】新車車両価格

現行型CX-3

マツダ 新型CX-3の車両価格については発表がありませんでした。
大幅な変更が行われないため、CX-5同様に価格は据え置きになる可能性もあります。

参考までに、現行型CX-3の新車車両価格は、税込で211万~307万円に設定されています。

マツダ CX-3の中古車情報

最新「CX−3」中古車情報!

本日の在庫数 766
平均価格 208.7万円
本体価格 139.8〜295万円
Pick up!
Pick up!

【マツダ新型CX-3】予防安全装備・先進技術

現行型CX-3

マツダ 新型CX-3には、現行型から引き続き先進安全装備の「i-ACTIVSENSE」が一部グレードに搭載されるでしょう。
また、電動パーキングブレーキやセンターアームレストが新搭載されることが発表されており、快適性も大幅に向上しそうです。

マツダ「i-ACTIVSENSE」についての記事はこちら

【マツダ新型CX-3】発売日は?

現行型CX-3

マツダ CX-3のマイナーチェンジモデルは、2018年春からグローバルに展開することが発表されています。
日本国内では遅くても2018年の4月中には発売されるでしょう。

MOBYでは、今後もマツダ 新型CX-3の最新情報を追っていきます。

マツダの新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す