MOBY

山Pこと、ジャニーズ山下智久さんの愛車は?【芸能人の愛車】

山下智久さんはジャニーズ・エンタテイメント所属のアイドルグループ「NEWS」の元メンバーで、2011年にソロ活動を始めてからは歌手、俳優、タレントして幅広く活躍しています。山P(やまぴー)の愛称で親しまれており、特に女性からの絶大な人気があります。今回はそんな山Pの愛車だと噂されている、ホンダ「オデッセイ」についてまとめてみました。

ホンダ「オデッセイ」

「オデッセイ」は、本田技研工業が製造・販売しているミニバンです。
1994年に初代が発売されて以来のロングセラーであり、ホンダのミニバンを代表する車種として位置付けられています。

山下さんの乗っている「オデッセイ」について、年式や型の詳細が不明なので、今回は「オデッセイ」という車種を全体的にまとめてみました。

最後に紹介する大野くんの愛車はいい意味で笑っちゃいます!

嵐とどっちがすごいと思いますか??

初代「オデッセイ」

出典:https://gazoo.com/

オデッセイがめざしたもの。それは、何よりも家族の幸せでした。6~7人がゆったり乗れて、使えて、なおかつ走って楽しいクルマがあれば、家族はもっと幸せになれる。その信念のもと、Hondaは新しいクルマづくりに、長年培ってきたセダン技術を融合させることを考えたのです。家族が前席と後席を自在に行き来できるセンターウォークスルーを必須条件とし、室内高をゆとりの120cmと設定。その室内高を確保しながらも、お母さんにも運転しやすいボディサイズを実現するために、“床を下げる”という、従来の空間づくりとは一線を画すパッケージングの開発に挑戦したのです。その結果、低全高でありながらワンボックス・カーなみの広い室内空間と、低重心でセダンなみのスポーツ性能を両立させることに成功しました。

出典:http://www.honda.co.jp/

初代「オデッセイ」は1994年から1999年まで販売。
ワンボックスカーの広い室内空間とセダンの走行性能を合わせ持つ、新しいコンセプトの車として開発されました。

走行安定性と乗降性に配慮した低床・低車高の車体は、当時のミニバンには見られない独特でスタイリッシュなデザインをしており、それが好調な売り上げの要因の一つでした。
事実、国内各社も「オデッセイ」のデザインを意識した「イプサム」や「プレサージュ」といった対抗車を発売しています。

当初の国内売上目標は3000台(月間)と控えめに始まりましたが予想外の売り上げを見せ、1995年にはトヨタ「クラウン」の売り上げを抜き去り、12.5万台の販売台数を記録しています。
1994年に日本カー・オブ・ザ・イヤーの特別賞、1995年にはRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

販売期間 1994年10月 - 1999年10月
デザイン 岩倉信弥
乗車定員 6 - 7名
ボディタイプ 5ドア ミニバン
エンジン F22B型:2.2L 直4 SOHC
F23A型:2.3L 直4 SOHC VTEC
J30A型:3.0L V6 SOHC VTEC
変速機 4速AT
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,750mm
全幅 1,770mm
全高 1,645-1,660mm
ホイールベース 2,830mm
車両重量 1,470-1,610kg
別名 欧州名:シャトル
いすゞ自動車 OEM:いすゞ・オアシス

出典:https://goo.gl/

初代「オデッセイ」TVCM集

映画「アダムスファミリー」をキャラクターに起用したCMも話題を集め、「オデッセイ」の売り上げに貢献しました。
TVCM放映当時子供で「オデッセイ」の名を知らなかった人も、このCMと音楽は印象に残っているという人も多いはずです。

二代目「オデッセイ」

出典:http://www.carsensor.net/

「家族のクルマ」とは、すなわち「大切な人を乗せるクルマ」。「不安」や「不快」といったものからは一番遠いところに位置すべき存在ではないだろうか。オデッセイ初のフルモデルチェンジにあたって、Hondaは自らにこう問いかけました。そこで2代目のオデッセイは、「安心」を生みだす走り、「安心」を生みだす室内空間、「安心」を生みだすスタイルといった具合に、あらゆる領域を「安心高性能」というコンセプトで満たし、乗る人やまわりの人すべてに「高い次元での安心感」を与えられるクルマをめざしたのです。「快適は安心から生まれる」という視点で研ぎ澄まされた2代目オデッセイは、Hondaからの21世紀のクルマに対する回答であると同時に、クルマにおけるまったく新しい歓びを体現する一台となりました。

出典:http://www.honda.co.jp/

二代目「オデッセイ」は1999年から2003年まで販売。
初代「オデッセイ」のコンセプトを継承しつつ、より洗練された車として開発されました。
販売目標台数は6000台(月間)と初代の二倍を想定して発売しています。

初代の時点で高く評価されていた走行性能を、徹底した低重心化やボディの高剛性化、サスペンションの改良といった方法によって、より快適でスポーティーな走り心地へと進化させました。
エンジンに関しては先代からほとんど変更点が無いので、二代目は細部のブラッシュアップによって正統進化した車であるといえます。

販売期間 1999年10月 - 2003年10月
乗車定員 6 - 7名
ボディタイプ 5ドア ミニバン
エンジン F23A型:2.3L 直4 SOHC VTEC
J30A型:3.0L V6 SOHC VTEC
変速機 4速AT / 5速AT
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,770-4,835mm
全幅 1,795-1,800mm
全高 1,630-1,655mm
ホイールベース 2,830mm
車両重量 1,570-1,760kg

出典:https://goo.gl/

二代目「オデッセイ」アブソルートTVCM

初代のCMほどのインパクトはありませんが、スタイリッシュでかっこいいCMとなっています。

三代目「オデッセイ」

革新プラットフォームがもたらしたもの。それは、実に多岐にわたります。常識を超えた低床化によって獲得した低全高のフォルムは、すぐれた燃費性能に貢献するだけでなく、「ネクストプロポーション」と名付けられた独特の美しさを生みだしました。また、低床かつ低重心であることから、操縦安定性の向上に寄与。ドライバーには絶妙なハンドリングを、パッセンジャーには快適な乗り心地を提供することになったのです。さらに、低床化しながらも室内高は拡大したことで、外見からの想像をはるかに超えた、7人がゆったり乗れるキャビンを確保しました。これらいわゆる「美・速・広」という価値をもたらすこととなった3代目オデッセイの創造は、「ミニバンイノベーション」と呼ぶにふさわしいものでした。

出典:http://www.honda.co.jp/

三代目オデッセイは2003年から2008年まで販売。
プラットフォームの設計から一新された三代目は、更なる低床・低重心化を徹底しており、ミニバンとは思えないほどの走行性能を実現しています。

全高は機械式立体駐車場にも入庫できる1550mmに設定され、街暮らしで使い易くなっています。
全高が低くなっていても、低床化していることで室内空間の広さはしっかりと確保されているので快適です。

販売期間 2003年10月-2008年10月
乗車定員 7名
ボディタイプ 5ドア ミニバン
エンジン K24A型:2.4L 直4 DOHC i-VTEC
最高出力 160PS/5,500rpm
最大トルク 22.2kgf·m/4,500rpm
変速機 CVT / 5速AT
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,765mm
全幅 1,800mm
全高 1,550-1,570mm
ホイールベース 2,830mm
車両重量 1,610-1,760kg

出典:https://goo.gl/

三代目「オデッセイ」TVCM

CMには映画「バイオハザード」で有名な、女優のミラ・ジョヴォヴィッチさんを起用。
街中で使うことを意識した、スタイリッシュなCMとなっています。

四代目「オデッセイ」

4代目となる新型オデッセイは、乗る人のこころをときめかせる「感性クオリティ」をコンセプトに「人とクルマの一体感」「全席の爽快感」「独自の存在感」を高次元で融合。見て、乗って、走って、あらゆるシーンで、人のこころに響く気持ちよさを目指して開発された。

出典:http://www.honda.co.jp/

四代目「オデッセイ」は2008年から2013年まで販売。
三代目から車高は変わらず車内長は60mm拡張、低床・低重心を継承しています。

走行性能が向上した事に加え、環境性能も向上しており、燃費性能は13.2km/Lの低燃費を実現。
全グレードで「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」認定を取得しています。

しかし、大都市圏での車離れが進んだ事や、地方都市では低い全高が敬遠された事などにより、販売は振るいませんでした。

販売期間 2008年10月-2013年10月
乗車定員 7名
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン K24A型:2.4L 直4 DOHC i-VTEC
変速機 CVT / 5速AT
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,800mm
全幅 1,800mm
全高 1,545-1,565mm
ホイールベース 2,830mm
車両重量 1,600-1,690kg

出典:https://goo.gl/

四代目「オデッセイ」TVCM

「そして、ODYSSEY にたどり着く」をキャッチコピーにしたCMです。

五代目「オデッセイ」

5代目となる新型オデッセイは、3列すべてが広く快適で、上質な室内空間と走行性能を今までにない高い次元で両立した上級ミニバンを目指し開発しました。

出典:http://www.honda.co.jp/

五代目「オデッセイ」は2013年から販売されています。
三代目から継承されてきた超低床プラットフォームを更に進化させた本車は、走行性能、室内空間、燃費性能のすべてが進化しており、まさにオデッセイの集大成といっていい車に仕上がっています。

搭載された先進安全運転支援システム「Honda SENSING」は、対象の位置や速度の測定をするミリ波レーダーと、対象の形や大きさの識別をする単眼カメラを併せた検知機能で、高精度に車の前方状況を認識。
認識したデータをコンピューターが処理して、ブレーキやステアリングを自動制御することで、安全運転の支援をします。

販売期間 2013年10月-
乗車定員 7/8名
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン K24W型:2.4L 直4 DOHC i-VTEC
K24W型:2.4L 直4 DOHC i-VTEC 直噴
変速機 CVT
(アブソルートは7速マニュアルモード付)
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラット式
後:車軸式(FF)/ ド・ディオンアクスル式(4WD)
全長 4,830mm
全幅 1,800mm
1,820mm(アブソルート)
全高 1,685-1,715mm
ホイールベース 2,900mm
車両重量 1,700-1,830kg

出典:https://goo.gl/

五代目「オデッセイ」TVCM

エレガントで落ち着いたCMとなっており、高級感を演出しています。

まだ乗っているかは不明!

いかがでしたでしょうか?
今回は山下智久さんの愛車だと言われている、ホンダ「オデッセイ」についてまとめさせていただきました。

2014年に20周年を迎えた「オデッセイ」は名実ともにホンダの顔といってもいいでしょう。
来年にはハイブリッドモデルの発売が予定されているのも楽しみです。

山下さんが今も「オデッセイ」に乗っているかどうかは不明ですが、乗っているとしたらスタイリッシュな「オデッセイ」は、山下さんにピッタリな車だと言えますね!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す