初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【メルセデス・ベンツ新型Vクラス マイナーチェンジ最新情報】発売日は2018年中か!価格など変更点は?

発売から4年目を迎えるメルセデス・ベンツ Vクラスがマイナーチェンジか!メルセデス・ベンツ新型Vクラスのマイナーチェンジ後のスペック、価格、発売日を予想しました。撮影されたスパイショットからはフェイスリフトと自動運転・運転支援用センサーらしきものが見受けられます。新型スマートマルチメディアシステム・MBUXも市販車初採用?新型Vクラスにまつわる最新情報をチェック!

【最新情報】メルセデス・ベンツ Vクラスが新型へマイナーチェンジか!

メルセデス・ベンツ Vクラスの新型プロトタイプと思われる車両

メルセデス・ベンツ Vクラスは、高級車メーカーのメルセデス・ベンツが製造する箱型バンです。
2014年に発表された現行型メルセデス・ベンツ Vクラスは、登場からすでに4年が経過しており、マイナーチェンジの時期を迎えています。

2018年2月20日、メルセデス・ベンツ Vクラスの新型プロトタイプと思われるスクープ画像が北極圏に近い場所で撮影されました。
フロント部分のみがカモフラージュされたボディが印象的です。
フロントグリル内部には、大型のセンサーが追加されれている模様です。
このことから、次期メルセデス・ベンツ Vクラスは、新たな運転支援システムと大幅なフェイスリフトが行われて登場する見通しです。
メルセデス・ベンツ新型Vクラスの予想と最新情報をまとめました。

メルセデス・ベンツ Vクラスについて詳しくはこちら

メルセデス・ベンツ新型Vクラスのエクステリア(外装)

メルセデス・ベンツ新型Vクラスのフロント

メルセデス・ベンツ新型Vクラスのリア

メルセデス・ベンツ新型Vクラスは、フロントのみが入念にカモフラージュが施されれているものの、その他の箇所は現行型のままの外観となっています。
このことから、マイナーチェンジ後のエクステリアはフェイスリフトに留められると予想します。

気になるのはプロトタイプのフロントグリルに追加されているセンサーと、フロントウィンドウ上部の大型アンテナです。
これらは新たな運転支援機能の追加センサー、またはオンラインネットワークのアンテナであるものと見受けられます。
目撃されたメルセデス・ベンツ Vクラス自体が、メルセデス・ベンツの新たな走行システムの実験車両である可能性も否定できません。

メルセデス・ベンツ新型Vクラスのインテリア(内装)

商用バンのVクラスとはいえども、車内は他のメルセデス・ベンツと変わらないクオリティに仕上げられています。

各メーカーの新型車は、車両情報を液晶画面に表示させるデジタルコックピット化が推し進められています。
メルセデス・ベンツも同様に、デジタルコックピットを採用した新型車をすでに何台か発表しています。

メルセデス・ベンツ新型Vクラスにデジタルコックピットが採用されれば、それに合わせてインパネデザインなどが刷新されることになるでしょう。

メルセデス・ベンツ新型VクラスにはMBUXが搭載濃厚

メルセデス・ベンツ新型Aクラスのデジタルコックピット

メルセデス・ベンツ新型Vクラスには、新型Aクラスにも採用される「MBUX」が搭載される可能性が高いという情報もあります。

MBUXは2つのタッチスクリーンディスプレイによるスマートマルチメディアシステムで、ドライバーの好みを記憶した多数のコマンドを呼び出すことができます。
MBUXが搭載となれば、メルセデス・ベンツ新型Vクラスがデジタルコックピット仕様となることは確実です。

メルセデス・ベンツ新型Vクラスのスペックは?

ボディサイズ

スパイショットで見る限り、ボディサイズに大きな変化はない模様です。

現行のメルセデス・ベンツ Vクラスは、以下のようにグレードにより全長の違うバリエーションが用意されています。
新型も全長の異なるラインナップ展開をそのまま踏襲する可能性が高いでしょう。

全長全幅全高
4,905
5,150(アバンギャルドロング)
5,170(スポーツロング)
5,380(エクストラロング)
1,9301,880
ホイールベース車両重量乗車定員
3,200
3,430(エクストラロング)
2280〜24807
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

エンジン・スペック

メルセデス・ベンツ Eクラス E220d

商用バンとしても活躍するメルセデス・ベンツ Vクラスは、エンジンパワーも重要な要素です。

現行型の日本専売モデルは、トルク特性に優れる2.2L ディーゼルターボエンジンの単一ラインナップとなっています。
新型Vクラスには、5代目メルセデス・ベンツ Eクラス E220dに搭載される、新型2.0L 4気筒ディーゼルターボエンジンが搭載される可能性が高いと思われます。
排気量は小さくなりますが、ロングストローク化によりトルク特性をさらに改善し、各所に改良が施された新開発のディーゼルエンジンです。

また、この新型ディーゼルエンジンは、プラグイン・ディーゼル・ハイブリッドを前提に開発されており、2018年にEクラスとCクラスに設定することが発表されています。
メルセデス・ベンツ新型Vクラスにもプラグイン・ディーゼル・ハイブリッド搭載される可能性はあるものの、コストやニーズを考えれると確率は低いと思われます。

メルセデス・ベンツ Eクラスについてはこちら

ターボエンジンとは?

パワートレイン

新型2.0L 4気筒ディーゼルターボが搭載されるとすれば、トランスミッションは9速ATの「9G-TRONIC」が組み合わされるでしょう。
現行型の7速ATから9速ATへとアップグレードされれば静粛性と燃費性能が向上します。

また、乗員や荷物が増えてもしっかりとトラクションがかかるように、駆動方式はメルセデス・ベンツ伝統のFRを採用します。

メルセデス・ベンツ新型Vクラスは自動運転レベル3「ADAS」を搭載か!

自動運転 コネクテッドカーのイメージ

©Shutterstock.com/ jamesteohart

現行型メルセデス・ベンツ Vクラスには、運転支援システムとして自動ブレーキや車間距離と車線を自動で維持する「ディスタンスパイロット・ディストロニック」が搭載されています。
BOX形状ゆえに影響を受けやすい突然の横風を自動ステアリングで修正し、安定した走行を続けられる「クロスウインドアシスト」も備え、高い安全性を誇ります。

スパイショットのテストプロトタイプが搭載するセンサー類は、2018年発売予定のメルセデス・ベンツ新型Aクラスにも搭載予定の先進運転支援システム「ADAS(アクティブ・ディスタンス・アシスト・ディストロニック)」のものである可能性があります。
「ADAS」はレベル3に相当する部分自動運転システムで、渋滞時などでは停止後30秒以内であればアクセルを踏まなくても自動的に発進する自動再発進機能を備えます。

自動運転についてはこちら

メルセデス・ベンツ新型Vクラスの価格は?

メルセデス・ベンツ Vクラスの新型プロトタイプ

メルセデス・ベンツ新型Vクラスの車両価格については有力な情報がありません。
現行モデルの新車車両価格は550万〜819万円ですが、フェイスリフトおよびインテリア(内装)を中心に改良されたとしても、現行モデルより価格アップとなる可能性は高いでしょう。

580万~850万円程度と予想しますが、価格について新しい情報が入り次第、この記事でお伝えします。

メルセデス・ベンツ Vクラスは商用バンベースとはいえ、高い値段に見合った積載量と乗り心地を提供します。

メルセデス・ベンツ Vクラスの中古車価格はこちら

最新「Vクラス」中古車情報!

本日の在庫数 188
平均価格 394.6万円
本体価格 20〜1680万円
Pick up!
Pick up!

メルセデス・ベンツ Vクラスとはどんな車?

メルセデス ベンツ Vクラス V220d アバンギャルド ロング

商用バンである「メルセデス・ベンツ ヴィート」をベースに、乗用に仕上げられたのが、メルセデス・ベンツ Vクラスです。

初代メルセデス・ベンツ Vクラスは1998年に発売され、高いスペースユーティリティを備えた高級ミニバンとして販売されました。
2代目では、車名を「メルセデス・ベンツ ビアノ」へと変更しましたが、マイナーチェンジで再び「Vクラス」の名称が採用されました。

現行型は3代目です。
大きく重いボディを大トルクのディーゼルエンジンで牽引する様子はミニバンというよりバスに近く、日本のミニバンにはない重厚感ある乗り味を持っています。

メルセデス・ベンツ Vクラスについて詳しくはこちら

メルセデス・ベンツ新型Vクラスの発売日は?

メルセデス・ベンツ Vクラスの新型プロトタイプ

現行モデルがすでに4年目に突入しているため、メルセデス・ベンツ新型Vクラスが登場するのは2018年内との見方が強まっています。

欧州では乗用ミニバンの販売台数が伸びない傾向にあるため、ミニバン大国である日本はメルセデス・ベンツ Vクラスの重要な市場拠点となります。
現行Vクラスに日本専用のディーゼルエンジンが搭載されたように、今回のマイナーチェンジでも特別な日本仕様のサプライズがあってもおかしくないでしょう。

今後のメルセデス・ベンツ新型Vクラスの動向に注目です。

ライバル車徹底比較の記事はこちら

メルセデス・ベンツの新型車はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!