MOBY

日産GTR新型R36のモデルチェンジ発売日は2020年&デザイン予想画像集!

フルモデルチェンジの日産GTR「R36」の発売時期が2020年ごろになるだろうという海外メディアのニュースがありました。今回その、ファン待望の「GT-R R36」フルモデルチェンジ情報と予想デザイン画像をご紹介します。

GT-R R35最終形態がついに登場!

R35ラストビッグマイナーチェンジで次はR36

2016年3月23日、ニューヨークにてGT-Rの最新モデル「R35」の2017年モデルが発表されました。 今回のマイナーチェンジが現行モデルのラストとなり、次はいよいよ次期新型GTR「R36」のコンセプト発表となるのではないでしょうか。 新型のR35ラストモデルはデザインも性能もグレードアップしています。 GT-R史上最高のマシンに仕上がっていると自信満々の日産自動車。 2016年のニューヨークモーターショーでビックマイナーチェンジが公開された日産GT-R R35 2017年モデルの生産は2018年まで続くようです。 したがって、少なくともそれまでにR36型が販売されることはないでしょう。 ビッグマイナーチェンジの詳細は以下記事でご確認ください。

R35最終モデルに関して最新情報はこちら!

意外と安い?GT-Rの維持費に関してはこちら!

新型GT-R、モデルチェンジは2020年までない!?

出典:http://www.motoring.com.au/

(画像はイメージです。) 現行のGT-R「R35」が長らくラインナップされており、新型フルモデルチェンジとして、「R36」の発売が待望されており、数年以内に発表があるのではとの噂もありました。 しかし、予想に反して「2020年までモデルチェンジの発表はされない」というニュースが、海外メディア「motoring」で報じられました。

新型モデルGT-R「R36」はまだまだ先!

出典:http://www.nissan.com.au/

生産車リストにない

日産オーストラリアのリチャード氏の発言がニュースのソースとなっています。 彼は「正直に言えば、GT-R R36について議題にもなっていない。ここ数年以内の生産リストに載っておらず、ここ5年間は登場しないかもしれない」と発言しているようです。 生産車リストにないとなると、たしかに発表されるのはかなり先になってしまいそうですね。

北米の自動車安全規制の強化が原因か

「R36」の登場が延期になったのは北米の自動車安全規制の強化が原因とも言われています。 これからの、厳しい安全や環境への規制に備えて、フルモデルチェンジは見送ったということなのかもしれません。

GT-Rの歴史を振り返りたい方はこちら!

【最新情報】日産GT-Rがゼロヨンの世界記録を更新

新型の発表を控えている日産GT-Rがゼロヨンの世界記録を2016年11月11日に更新しました。ゼロヨンとはアメリカ発祥の1/4マイル(約402m)の直線を走る自動車競技です。0kmから400kmにたどり着くことから日本ではゼロヨンと呼ばれています。 このプロのチューナーと呼ばれる元の車をより速く走るようチューニングする方たちがチューンアップをした日産GT-Rはゼロヨン7秒168を更新しました。日産GT-Rは同年の1月にすでに別のチューナーの方が7秒20というGT-R最速記録を保持していましたが、それを更に上回りました。 アメリカの自動車業界からゴジラと呼ばれるほどパワフルな走りをする日産GT-Rですが、その新型は絶対に見逃せません。

新型GT-R R36はハイブリッドで2020年に登場か

パワーユニットも新世代!

出典:http://goo.gl/

新型GT-R R36のパワーユニットには、デトロイトモーターショーで公開されたVR30エンジンが採用されるようです。 「VR30」は日産が自社開発した新世代の高性能エンジンで、「直噴V6、3Lツインターボエンジン」となります。

新世代エンジンにプラグインハイブリット搭載

上記の最新型エンジンに加え、プラグインハイブリット機能を搭載するとの情報もあります。 R30エンジンと日産のプラグインハイブリットシステム「R-ハイブリッド」という組み合わせは、ハイブリットカーでありながら、現行モデル以上のハイパワーを実現、またハイパワーでありながら燃費性能も3割向上するという、まさに新時代のスーパーカーと呼ぶにふさわしい性能となるようです。その最高出力は650PS超という情報もあります。

マセラッティやアストンマーチンクラスのラグジュアリースポーツカーに!

これまでのGT-Rは、スポーツカーとしての色合いが非常に濃く、性能重視の車でした。 R36となるモデルチェンジでは、マセラッティやアストンマーチンといった車にあるラグジュアリー要素も追加していくようです。

「コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」

新型R36に関する最新情報が欧州より流出したとのことです。 昨年6月26日にイギリスで公開された「コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」のフルサイズモデルのデザインに非常に近いものになっています。「コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」は将来のスポーツカーのためのヒントと題して発表したコンセプトカーですが、このデザインが2020年以降に発売されるR36の原型モデルとなる可能性があります。 いずれにしても、フルモデルチェンジの「GT-R(R36)」の発表が2020年だとは待ち遠しい限りです。

(おまけ)完成イメージ?「R36」予想画像集!

出典:http://risedine.com/

出典:http://risedine.com/

出典:http://risedine.com/

出典:https://www.facebook.com/

出典:http://ww7.reviewcars2015.com/

GT-R好きにおすすめの記事!

国産車最強決定戦!

日本よりもむしろ海外の方が人気?街での反応は?

R35の魅力を凝縮してお届け!

必見!おすすめスポーツカー10選!