初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産新型セレナe-POWERのおすすめはe-POWER XV!全グレード徹底比較

2018年3月1日、日産 新型セレナe-POWERがついに発売開始!新型セレナe-POWERの全グレードをデザインや価格、性能、装備などで徹底比較し、おすすめのグレードをご紹介します。新型セレナe-POWERのおすすめグレードは、どのグレードなのでしょうか?

日産 新型セレナe-POWERとはどのような車?

日産 新型セレナe-POWERの発売日

日産 新型セレナe-POWER(イーパワー)の販売は、2018年3月1日より開始されました。
2016年に発売された、現行型の5代目セレナをベースとしています。

日産 新型セレナe-POWERの開発コンセプト

1991年に初代モデルが登場して以来、セレナは「楽しい思い出をつくり続ける“家族”のミニバン」として進化を続けてきました。

今回の日産 新型セレナe-POWERは、同社の「ノート」に初採用されて好評を博した電動パワートレイン「e-POWER」の搭載によって、より“家族”に嬉しい「低燃費」で「快適」なミニバンへと進化を遂げています。

日産 新型セレナe-POWERの特長

・クラストップレベルの優れた燃費性能
・パワフルでスムーズな走行性能
・静粛性の高い室内空間
・運転の負担を軽減する「e-POWER Drive」の搭載
・半自動運転システム「プロパイロット」の採用

日産 新型セレナe-POWERの主要諸元

ボディサイズ(mm)全長:4,690・4,770(ハイウェイスター)
全幅:1,695・1,740(ハイウェイスター)
全高:1,865
車両重量(kg)1,730~1,750
1,740~1,760(ハイウェイスター)
乗車定員7人
エンジン直列3気筒DOHC「e-POWER」
最高出力発電用エンジン:62kW[84PS]/6,000rpm
駆動用モーター:100kW[136PS]
最大トルク発電用エンジン:103N・m[10.5kgf・m]/3,200~5,200rpm
駆動用モーター:320N・m[32.6kgf・m]
トランスミッション-
駆動方式FF
JC08モード燃費26.2km/L
24.8km/L(ハイウェイスター V オプション装着車)
燃料レギュラー
新車車両価格(税込)297万~344万円

日産 新型セレナe-POWERについての記事はこちら

日産 新型セレナe-POWERのグレード構成概要

e-POWER X

「e-POWER X」は、新型セレナe-POWERのエントリーグレードです。
標準のセレナにおける中間グレード「X」に相当し、基本的な装備が一通り揃っています。

e-POWER XV

「e-POWER XV」は、セレナ「X」の特別仕様車「XVセレクション」に相当するグレードです。
Vセレクション専用の両側「ワンタッチオートスライドドア」や、超ロングスライド+横スライドのセカンドシートなどの特別装備が搭載されています。
また「プロパイロット」や「インテリジェント パーキングアシスト」などの先進装備も、Vセレクションのみのメーカーオプションです。

グレード単位のオプションでは、飲み物や泥水などでシートを汚しても簡単に拭き取れる「防水シート」採用した「e-POWER XV 防水シート車」も設定されます。

e-POWER ハイウェイスター

「e-POWER ハイウェイスター」は、新型セレナe-POWERのエアロモデルです。
標準セレナの「ハイウェイスター」グレードと同様に、エクステリアに専用デザインのエアロパーツを装着しています。

e-POWER ハイウェイスター V

「e-POWER ハイウェイスター V」は、セレナ「ハイウェイスター」の特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」に相当するグレードであり、Vセレクション専用の特別装備が標準搭載されています。
つまるところ「e-POWER XV」のエアロモデルということです。

また「e-POWER XV」と同様に、「防水シート」搭載した「e-POWER ハイウェイスター V 防水シート車」も設定されています。

ハイウェイスターについて詳しくはこちら

日産 新型セレナe-POWERのグレード別エクステリアデザイン(外装)の違い

e-POWER Xのエクステリアデザイン(外装)

日産 新型セレナe-POWERのエクステリアには、全車共通で以下の専用パーツが装着されます。

・フロントブルーグリル
・リヤサイドスポイラー
・e-POWERエンブレム
・e-POWER専用15インチエアロアルミホイール
・e-POWER専用LEDリヤコンビネーションランプ

これら専用パーツに施されているブルーのアクセントカラーは、新型セレナe-POWERの先進性を象徴しているとのことです。
また、新たにデザインされた専用の15インチエアロアルミホイールとリヤサイドスポイラーにより、エアロダイナミクスも向上しました。

ボディカラーは、e-POWER専用色「ミントホワイトパール」も含めた全13色が設定されます。

e-POWER XVのエクステリアデザイン(外装)

「e-POWER XV」のエクステリアデザインは、「e-POWER X」とほとんど変わりません。
ただし、「e-POWER X」がハロゲンヘッドランプのみの設定であるのに対し、「e-POWER XV」には、メーカーオプションでLEDヘッドランプの設定があります。

e-POWER ハイウェイスターのエクステリアデザイン(外装)

e-POWER専用色「ミントホワイトパール」

「e-POWER ハイウェイスター」のエクステリアには、全車共通のe-POWER専用パーツの他、以下のハイウェイスター専用エアロパーツが装着されます。

・フロントグリル
・フロントエアロバンパー
・リヤエアロバンパー
・サイドシルプロテクター
・エンブレム

基本的なデザインは、標準の「ハイウェイスター」にe-POWER専用パーツを装着したものです。

e-POWER ハイウェイスター Vのエクステリアデザイン(外装)

「e-POWER ハイウェイスター V」のエクステリアデザインは、「e-POWER ハイウェイスター」とほとんど変わりません。
ただし、「e-POWER ハイウェイスター」がハロゲンヘッドランプのみの設定であるのに対し、「e-POWER ハイウェイスター V」には、LEDヘッドランプが標準装備されています。

日産 新型セレナe-POWERのグレード別外装の違い

日産 新型セレナe-POWERのグレード別外装の違いをまとめると、以下の通りとなります。

・全車でe-POWER専用パーツを装着
・ハイウェイスターは専用のエアロパーツを装着
・e-POWER専用色「ミントホワイトパール」の設定

日産 新型セレナe-POWERのグレード別インテリアデザイン(内装)の違い

運転席・助手席

シート

センターコンソール

シフトノブ

e-POWER Xのインテリアデザイン(内装)

日産 新型セレナe-POWERのインテリアは、シフトノブやセンターコンソールトレイにブルーアクセントのイルミネーションをあしらい、先進的なイメージを表現しています。

また、両側アームレストの専用セカンドキャプテンシートも搭載されており、7人乗り(標準モデルは8人)仕様とすることで、より広々とした室内空間を実現しました。
さらにe-POWER専用の「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」も搭載されています。

e-POWER XVのインテリアデザイン(内装)

「e-POWER XV」のインテリアデザインは、基本的に「e-POWER X」と共通です。
ただし、超ロングスライド+横スライドのセカンドシートや追加のUSBソケット、サードシートのパーソナルテーブルなど、Vセレクション専用の特別装備が標準搭載されます。

また、プレミアムインテリア(レザー張りのインパネ、ドアトリムクロス)や防水シートなど、Vセレクション専用のメーカーオプションも設定されます。

e-POWER ハイウェイスターのインテリアデザイン(内装)

「e-POWER ハイウェイスター」のインテリアデザインは、基本的に「e-POWER X」と共通です。
ただし、「e-POWER X」および「e-POWER XV」ではメーカーオプションに設定されていた本革巻きステアリングホイールが、ハイウェイスターでは標準装備となっています。

また、シート生地もジャカード織物が標準仕様です。

e-POWER ハイウェイスター Vのインテリアデザイン(内装)

「e-POWER ハイウェイスター V」のインテリアデザインは、基本的に他のグレードと共通です。
ただし「e-POWER XV」と同様に、Vセレクション専用の特別装備が用意されています。

日産 新型セレナe-POWERのグレード別内装の違い

日産 新型セレナe-POWERのグレード別内装の違いをまとめると、以下の通りとなります。

・基本的なデザインは全車共通
・全車共通で7人乗り仕様
・専用セカンドキャプテンシートを搭載
・グレードごとに標準装備やオプション設定が異なる

日産 新型セレナe-POWERのグレード別先進技術・予防安全装備を比較

日産 新型セレナe-POWERの先進技術・予防安全装備のグレード別比較表

e-POWER
X / ハイウェイスター
e-POWER
XV / ハイウェイスター
プロパイロット-メーカーオプション
インテリジェント パーキングアシスト-メーカーオプション
インテリジェント LI-メーカーオプション
インテリジェント DA-メーカーオプション
インテリジェント ルームミラー-メーカーオプション
インテリジェント アラウンドビューモニター-メーカーオプション
インテリジェント エマージェンシーブレーキ全車標準搭載
ハイビームアシスト全車標準搭載
踏み間違い衝突防止アシスト-メーカーオプション
標識検知機能-メーカーオプション

同一車線上における半自動運転システム「プロパイロット」

「プロパイロット」は、高速道路の同一車線上において機能する自動運転システムです。
渋滞時など、単調な走行が続く場合にドライバーの運転負担を大きく軽減してくれます。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

駐車支援システム「インテリジェント パーキングアシスト」

「インテリジェント パーキングアシスト」は、自動で駐車操作をしてくれるシステムです。
縦列駐車にも対応しており、簡単操作で機能します。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

車線逸脱防止支援システム「インテリジェント LI」

「インテリジェント LI」は、意図しない車線逸脱を防いでくれるシステムです。
車線を大きく逸脱しそうになった際、まずディスプレイ表示とブザー音でドライバーに警告を行い、元の車線に戻そうとする力が働きます。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

ふらつき警報「インテリジェント DA」

「インテリジェント DA」は、ドライバーの注意力の低下を警告してくれるシステムです。
ハンドル操作から注意力低下を判断し、ディスプレイ操作とブザー音で休憩を促します。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

後方カメラ式ルームミラー「インテリジェント ルームミラー」

「インテリジェント ルームミラー」は、後方カメラの映像をルームミラーに映してくれます。
車内の状況や天候に左右されず、常にクリアな後方視界を得ることが可能です。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

全方位カメラ「インテリジェント アラウンドビューモニター」

「インテリジェント アラウンドビューモニター」は、上空から見下ろしているような映像をディスプレイに映し、スムーズな駐車をサポートするシステムです。
歩行者などの移動物を検知する機能も付いており、ドライバーにブザーで警告してくれます。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

衝突回避支援ブレーキ「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」

「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は、フロントカメラで前方車両や歩行者を検知し、警告と自動ブレーキで衝突の危険を回避してくれるシステムです。

新型セレナe-POWERでは、全車に標準搭載されています。

自動制御ハイビーム「ハイビームアシスト」

「ハイビームアシスト」は、フロントカメラで先行車や対向車、周囲の明るさを検知し、自動でハイビームとロービームの切り替えを行ってくれるシステムです。

新型セレナe-POWERでは、全車に標準搭載されています。

「踏み間違い衝突防止アシスト」

「踏み間違い衝突防止アシスト」は、ペダルの踏み間違いによる衝突を防いでくれるシステムです。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

「標識検知機能」

「標識検知機能」は、フロントカメラにより標識を検知する機能です。
セレナe-POWERでは3つ(進入禁止、最高速度、一時停止)の標識を認識することができ、標識に合わせた警告を行っていくれます。

新型セレナe-POWERでは、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスター V」にのみメーカーオプションで設定されています。

日産 新型セレナe-POWERのグレード別パワートレインを比較

日産 新型セレナe-POWERのエンジンラインナップとグレード構成比較表

グレード名エンジントランスミッション
e-POWER
X
直列3気筒DOHC「e-POWER」-
e-POWER
XV
e-POWER
ハイウェイスター
e-POWER
ハイウェイスター V

新型セレナe-POWERに搭載される電動パワートレイン「e-POWER」は、エンジンで発電した電力を利用して、完全に電気モーターの駆動力のみで走行するシステムです。

標準のセレナが持つ優れた使い勝手や快適な乗り心地などの長所はそのままに、モーター駆動の長所であるスムーズな加速性能と圧倒的な静粛性、そして優れた燃費性能が付与されています。

グレードによる性能の違いはありません。

日産 新型セレナe-POWERのトランスミッション

新型セレナe-POWERには、トランスミッションが搭載されていません。
100%モーター駆動であり、ペダルを踏んだ瞬間からスムーズな加速が始まります。

また新型セレナe-POWERには、アクセルペダルのみの操作で加減速を意のままに調節できる「e-POWER Drive」が搭載されており、ドライバーの負担軽減に大きく役立っています。

日産 新型セレナe-POWERのグレード別燃費を比較

JC08モード燃費エンジントランスミッショングレード
26.2km/L
24.8km/L※
直列3気筒DOHC「e-POWER」-e-POWER X
e-POWER XV
e-POWER ハイウェイスター
e-POWER ハイウェイスター V

※「e-POWER ハイウェイスター V」へのオプション装着により、車両重量が1,770kg以上となった場合の燃費性能です。

日産 新型セレナe-POWERのおすすめグレードは「e-POWER XV」

日産 新型セレナe-POWERのおすすめグレードは「e-POWER XV」です。
「e-POWER XV」には、自動運転システムの「プロパイロット」をはじめとした先進装備の設定があり、Vセレクション専用の特別装備も標準搭載されています。

同じVセレクションの特別装備を搭載する「e-POWER ハイウェイスター V」とは、エクステリアデザイン以外の大きな違いも存在しないので、先進装備による快適性と価格を重視するのであれば、断然「e-POWER XV」がおすすめだと言えるでしょう。

日産 新型セレナe-POWERに関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す