初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【完全主観】歴代ボンドガールランキング!(セクシー&エロ部門)

第6位:エヴァ・グリーン(ヴェスパー・リンド)

長きにわたる007シリーズの中で最もジェームズ・ボンドが愛した女性を演じたのがエバグリーン。それにも関わらず最終的に殺されてしまう悲劇のボンドガールを演じました。

この映画の後、英国アカデミー賞のライジングスター賞もこの作品で受賞したグリーンは一気にスターへの道を駆け上がります。

黙っていると、どこか冷徹な印象をうける彼女ですが、濡れ場になるとこれでもかというぐらい女性的な一面をみせてくれます。男性ならこのギャップに耐えらえる人はきっといません。

第5位:マデリン・スミス(ミス・カルゾー)

「007 死ぬのは奴らだ」より

イタリアの諜報組織の女性を演じたマデリン。案の定またボンドはこの女性を抱きこみます、抱きまくります。

劇中では名も無い美女を演じてましたが、「死ぬのは奴らだ」の中でひと際存在感を放っていたのはこのマデリンです。

何故かというと、この女優とにかく胸がデカいんです。ボンドガール史上一番の巨乳といっても過言ではありません。ボンドガール最高です。

第4位:ティナ・ハドソン(ビアンカ)

「007 オクトパシー」より

中南米のある国での任務についたボンドを助けるエージェントを演じるティナ。

ティナといえば、この車に乗りながらむちむち、ぶちぶちな太ももを敵兵にこれでもかというぐらい見せつけるシーンが印象的。

この太もも、間違いなくボンドガール1です。正直それだけは断言できます。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す