初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオがフルEVスーパーカーで発表!スペックと発売日の可能性は?

ランボルギーニ初のフルEVスーパーカーとして発表された「ランボルギーニ テルツォ・ミッレニオ」は、ランボルギーニのビジョンを投影したコンセプトカーです。 現在のスーパーカーを超越するテルツォ・ミッレニオに搭載される最先端技術についてまとめました。

【最新情報】ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオが発表

MITで発表された「ランボルギーニ テルツォ・ミッレニオ」

ランボルギーニは2017年11月に、初のフルEVスーパーカーとして発表された「ランボルギーニ テルツォ・ミッレニオ」をMIT(マサチューセッツ工科大学)にて公開しました。
このEVはランボルギーニ、パリで開催された第33回「フェスティバル・オートモービル・インターナショナル」に展示しました。
車名の「テルツォ・ミッレニオ」とは、「第3の千年紀」を意味し、未来のEVスーパーカーとして4つの柱からなる開発コンセプト「エネルギー」「革新素材」「パワートレイン&車両アーキテクチャ」「サウンド&エモーション」を掲げています。
ランボルギーニ は、MITとコラボして未来のEVスーパーカーのための研究開発プロジェクトを進めており、テルツォ・ミッレニオは、ランボルギーニが目指す未来のEVスーパーカーのビジョンとなるコンセプトカーです。

【ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオ】エクステリア(外装)

「ランボルギーニ テルツォ・ミッレニオ」フロントビュー

「ランボルギーニ テルツォ・ミッレニオ」サイドビュー

「ランボルギーニ テルツォ・ミッレニオ」リアビュー

ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオのエクステリアは、未来を連想させる先進的なデザインとともに、どこから見ても「ランボルギーニ」とわかる攻撃的なデザインです。

EVスーパーカーのモーターを駆動する原動力となるのは、従来のバッテリーではなく、スーパーキャパシタ(電気二重層コンデンサ)です。
これは開発コンセプトの「エネルギー」であり、スーパーキャパシタの特性である高出力で、瞬間的な電力の放出/回収、そして長寿命が実現されれば、従来の数百キログラムに及ぶバッテリーを搭載する必要がなくなりますので、車両重量の軽減に大きく貢献することにもなります。
開発コンセプトの「新素材」は、ボディ全体を構成する軽量で頑丈なカーボン素材にも、スーパーキャパシタの機能を持つ蓄電できる素材とすることで、ボディに蓄電機能を持たせます。

自己修復するボディ

ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオのボディは、カーボン素材のボディにスーパーキャパシタによる蓄電機能を持つだけではありません。
カーボンファイバー構造の破損やダメージを検知し、自己修復機能を持つカーボン・コンポジット製の素材を用いています。

【ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオ】インテリア(内装)

ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオの内装は、未公開のため詳細な情報がありません。

【ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオ】ボディサイズ

ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオのボディサイズは、未発表のため詳細な情報はありません。
テルツォ・ミッレニオのボディは、現行のランボルギーニ車より低くワイドなボディに見えます。

【ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオ】エンジンスペック・燃費

「ランボルギーニ テルツォ・ミッレニオ」リアカウル

インホイール・モーター

ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオには、内燃エンジンの代わりにEVモーターを据え置くのではなく、4輪それぞれに独立したモーターを与えるインホイール・モーターを採用しています。
開発コンセプトの「パワートレイン&車両アーキテクチャ」は、従来の4WDシステムのような複雑な構造は必要とせず、ホイールに直接トルクを発生させること世により従来の4WDと同等なパワーの伝達力を持つことになります。
従来のパワートレイン、デフなどの機構を持たないことで、軽量化に貢献し、空力性能に優れた自由度が高いボディデザインをすることができるようになります。
インホイール・モーターのスペックは未発表のため、詳細な出力/トルクは不明です。

EVカーにはないエキゾーストノート

ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオは、EVなので内燃機関特有のエキゾーストノートはありません。
開発コンセプトである「サウンド&エモーション」では、ランボルギーニV12気筒エンジンのサウンドの代わるサウンドが必要です。
EVカーにはサウンドは必要ないと言う方もいらっしゃるでしょうが、それではランボルギーニではありません。
どのようなサウンドになるのかは今後の研究結果によりますのでまだ未定です。

【ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオ】新車車両価格

ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオの新車車両価格は未発表です。
コンセプトカーとして発表されたテルツォ・ミッレニオは、未来のEVスーパーカーです。
開発コンセプトの最新技術は、まだ実用化された技術ではありませんので、今後の研究・開発費用によって新車車両価格は大きく異なるでしょう。

【ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオ】発売日は?

ランボルギーニ新型テルツォ・ミッレニオの発売日は新車車両価格と同様に未定です。

今後、テルツォ・ミッレニオに搭載される最先端技術が実用化されると共に明らかになることでしょう。
世界のスーパーカー市場をリードする1社として、未来のEVスーパーカー市場にも、ランボルギーニに大きな期待が寄せられます!

ランボルギーニに関するおすすめ記事!

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!