初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【史上初】痛車・痛バイク交通安全祈願を開催!川崎大師に約100台の痛車が集結

2018年2月25日(日)川崎大師にて、中古車買取の「CarPrice」が企画する『痛車・痛バイク交通安全祈願2018』が開催されました。川崎大師で「俺の嫁と一緒に交通安全祈願」する様子をお届けします!

川崎大師で痛車・痛バイクの交通安全祈願を開催!

独自に開発したインターネット・ライブオークションで中古車の買取事業を行う「CarPrice」が企画した、『痛車・痛バイク交通安全祈願2018』が2018年2月25日(日)川崎大師にて開催!

MOBY編集部も駆けつけ、当日の様子やイベントに参加した痛車、痛バイクを取材しました!

川崎大師

川崎大師とは、もろもろの災厄をことごとく消除する厄除大師です。「厄除けのお大師さま」として親しまれ、関東近県はもとより、全国から篤い信仰を集め、総本山は京都東山七条にある智積院です。成田山新勝寺、高尾山薬王院とともに、真言宗智山派の大本山の寺院。

痛車・痛バイク交通安全祈願をレポート!

10時の開場とともに続々と痛車、痛バイクが集結

川崎大師自動車交通安全ご祈祷殿横のイベントスペースに、10時の開場とともに、続々と痛車、痛バイクが集まりました。

愛車をお堂正面の祈祷場に移動

12時30分から始まるご祈祷のため、1台ずつ順番に並んでお堂正面の祈祷場に愛車を移動します。痛車、痛バイクの行列はあまり見ない光景です。

先ほどまではバラバラと止まっていた痛車、痛バイクですが、一同に集まると迫力があります。一般の方も興味津々です。子供も楽しそうに見ていました。

お堂の中で身上安全祈願!

まずはお堂に入り、ドライバーと同乗者の身上安全祈願の参拝をします。

お堂の前にて車体のおはらい!

愛車の横に立ちおはらいをします。痛車のオーナーなどは、理想的な女性(架空のキャラクターを含む)に対し愛情表現として「俺の嫁」と呼ぶことが多いのですが、寒空の下、みなさんそんな「俺の嫁」のおはらいとあって真剣な様子です。

祈祷殿横のイベントスペースへ

おはらいのあとはイベントスペースに戻り、参加者同士の交流などイベントを楽しみます!

みなさん、ご自分の「俺の嫁」をアピール! とても楽しそうな雰囲気でした。

参加者の方にお話を聞いてみました!

痛車歴6年、年間50回近くのイベントに参加しているというミルファーさんにお話をお伺いしたところ、「今日は名古屋の痛車イベントに参加費も払ってたから、どっちに行こうか迷っていたけど、こっちのイベントに来て正解でした! 来年もあれば絶対に来たいです」と笑顔で話してくれました。

MOBYからも賞を進呈!

今回「MOBY賞」として、こちらの「アールさん」のステージア(日産)を選ばせていただきました!

今回とても素晴らしい痛車ばかりでMOBY賞を選ぶのに、本当に苦労しました。

そんな中、朝から晩まで運営の手伝いに走りまわるアールさんの姿を見て痛車、痛バイクへの愛を感じ、MOBY賞はアールさんに決定!

このイベントをもっともっと盛上げていってほしい!という思いも込め進呈いたします。

痛バイクや痛チャリも!

川崎大師からの祈祷授与品も貰える!

イベントの最後に川崎大師からの祈祷授与品とイベントのステッカーがもらえます。


今回初めて試みとなった『痛車・痛バイク交通安全祈願2018』ですが、かなり盛り上がっていました。このイベントが恒例行事になれば面白いですね。

『痛車・痛バイク交通安全祈願2018』主催のカープライス【CarPrice】

こちらの記事もおすすめです!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す