初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

千原せいじ×レクサス LX:Vol.1「なんでもでかいのがええねんて」MOBYクルマバナシ

車は人生をともに過ごす仲間。”その車“にはどんな想いが詰まっているのだろう――。かねてより「レクサスのオーナーになることが夢だった」という千原せいじさん。前回出演していただいた「MOBYクルマバナシ番外編」で念願のレクサスLX570をGETし、納車までを密着しました。今回はそんなせいじさんに、車やドライブにまつわるエピソードをお尋ねします。

【Profile】千原せいじ1970年1月25日生まれ。京都府 福知山市出身。
1989年に実の弟、千原ジュニアとお笑いコンビ「千原兄弟」を結成。ツッコミを担当している。吉本興業所属。
豪快かつ社交的すぎる人間性から芸能界に数々の伝説を生んでいる。また番組出演に留まらず、飲食店経営など多方面で活躍中。
愛車:レクサス LX570

前回までのインタビューはこちら
【前編】千原せいじがレクサスで車選び!ドバイで一目惚れした車とは?MOBYクルマバナシ番外編
【後編】千原せいじがレクサスで車選び!レクサスLXの納車式に密着!MOBYクルマバナシ番外編

Vol.1「なんでもでかいのがええねんて」

これまでどんな車に乗ってきましたか?

一番はじめが、シボレー カプリスワゴン。ほんで、トヨタ エスティマ。日産 シーマ。今はレクサスLX。基本でっかいの乗ってる。最近乗り始めたレクサス LXも全長5m超えやし、一番最初に乗ったカプリスなんか6mくらいあるからなぁ。

なんでもでかいのがええねんて。だから、車だけじゃなくて魚釣りする時でもちっちゃい魚は狙わへん。カジキマグロ釣る。ただ、女の子は小柄な方が好きやけどな。

もちろん今乗ってるLXが最高なんやけど、それ除いて自分が乗ってきた車ならエスティマが良いよね。家族からの評判すごく良かった。

エスティマのどんなところがいいですか?

結局エスティマが一番長持ちしてる。いまだに後輩が乗ってるからね。

初めて買った車、カプリスワゴンには思い入れがあったんじゃないですか?

思い入れというより思い出やけど、高速道路走ってたらオーバーヒートしたことあったなあ。高速走ってたら急に30キロくらいしか出なくなって。すぐ隣の席に座ってたツレが車屋にケータイで電話したのよ。

そしたら「止まらずにそのまま走り続けてください」って言われて、しゃーないからそのまま路肩を走り続けて。「これオーバーヒートとかせんの?」って車屋に聞いたら、よく分からんのやけど「V8エンジンの6つくらいが死んでV2で走ってるんです」って(笑)。

「走ってるうちにうまいこと噛み合って普通に戻ると思いますから、そのまま走って」って。

どうなったんですか?

しばらく走っとったらほんまに戻った(笑)。

あとは、カプリスワゴンのせいで真夏に嫁と大喧嘩したことあったなあ。

嫁とまだ結婚してない頃、デート中に六甲の山道でオーバーヒートしそうになったから、水温下げなと思って暖房入れたんよ。車の暖房はエンジン熱を使っとるから、暖房入れて熱を車内に逃した方がエンジンが冷えるわけ。

でも嫁はなんで真夏に暖房入れたかわからんから、暑すぎて怖なったんやろな。大声で「殺されるー! 殺されるー!」って騒ぎだして(笑)。

今の愛車、レクサスLXにした決め手はなんですか?

次は四駆の車を買おうって決めてたから、迷うとしたらランクルかな。レクサス LSも昔は欲しかったんやけどね。

別にめちゃくちゃ車好きじゃないけどレクサスにワゴン車があったらなーとか、四駆があったらなーとか思ってた人たくさんおったやろ。俺はそのうちの一人やったからな。

LXはレクサス最高峰のSUV。どんな悪路も走りきる走破性と、レクサスらしいラグジュアリー性を併せ持つ。豪快かつ上品なデザインは見る人に大きなインパクトを与える。

今回、カラーやオプションなどは車好きの後輩芸人が決めたとお聞きしました。

俺はもう、でかいっていうのと最新の設備が付いていれば、あとは色とかなんでも良いのよ。

そうそう。車好きの芸人、バッドボーイズ佐田とサムタイムズの井上と飲んでてちょうどこの話になって。一緒に飲みながら、佐田と井上があーでもない、こーでもないと。

結局外装はサムタイムズの井上が決めて。中の色とかは佐田が選んだ。

過酷な環境下でも快適な時間をドライバーに提供する上質な内装。機能性・デザイン性・先進性に優れた空間になっている。

車好きの芸人といえば、Amazonプライムで放送した「戦闘車」が反響を呼んでいましたね。収録大変だったんじゃないですか?

意外や意外、俺にはカースタントの才能があったんや(笑)。自分でもビックリした。47歳で新しい才能見つけて(笑)。

せいじさんも車でジャンプしたり、かなりハードなスタントだったと思うのですが、スタンドで大事なのは度胸ですか?

違う違う、大事なのは綿密な計算。腕。それとフィジカル。

カースタントの練習や準備なども相当時間を費やしたのではないですか?

これほんまにナメてんのかって思うけど、準備は体操だけやで。しかも保険も何もハンコ付いてないからね。なんとなくそのまま収録して。保険とかどうなってんねんって、後から気付いて。

吉本からギャラなんぼもらえるか分からへんけど、命がけでした仕事やから、貰えるギャラで吉本が俺の命をなんぼと見てるか分かるっちゅーことや。

フジモンは18,000円ちゃうかって言うとった。俺の命、安すぎるやろ。

周りの反応はどうでしたか?

アマゾンプライムのレビュー見てたら「車がもったいない」とかそういう意見多いけど。

撮影で使ってる車、あのままキューブにして捨てるだけやろ。今、大体アフリカでも7年落ちの車はもう輸入しよらへん。ケニアなんか新車登録して4年経ったらもう輸入せえへん。だから、どうしようもない車をあえて再利用して、最後の最後に一花咲かせてやってんのに。もったいないやら何やら言うて。

その番組が面白くないとか、そういう意見やったら分かる。それなら別に良いけど、「もったいないとか」ちょっと論点がずれてる。もっとええ車でやれとかだったら分かるよ。

そんな値段付かへんような中古車持ってきてやるんじゃなくて新車でやれやとか、それならたしかにおっしゃる通り。正直、俺もどうせやったら新車でやりたい。

最近、納車したばかりのLXで戦闘車出たりとか?

いやいや。それはあかん。(笑)

釣りも車も、なんでも「でかいのがええ」と語っていた千原せいじさん。車の細かい色やオプションも、車に詳しい後輩芸人に任せるなど豪快かつ合理的なせいじさんの価値観が感じ取れたインタビューでした。

第2話ではせいじさんが過酷な海外ロケで体験した、世界の車事情について語ってくださいます。

続きを読む
Vol.2「アフリカでは信号無視が安全!?」

レクサス LX570 基本情報

レクサスLX 570
車両価格(消費税抜き)11,150,000円
乗車定員(人)5〜8
全長×全幅×全高(mm)5,080×1,980×1,910
ホイールベース(mm)2,850
エンジンV型8気筒 5.7L エンジン(337PS)
トランスミッション8 Super ECT(スーパーインテリジェント8速オートマチック)
駆動方式4輪駆動(フルタイム4WD)
※データは2018年3月時点の現行モデル。

撮影協力

レクサス小石川店

取材:金子高志・三浦眞嗣
撮影:市川 晶
文:三浦眞嗣

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す