初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アストンマーチン新型ヴァンキッシュに2018年9月フルモデルチェンジか!スペックや価格を予想

アストンマーチンのフラグシップクーペ ヴァンキッシュが2018年9月に新型へフルモデルチェンジされるとの噂が!新型ヴァンキッシュの最高出力は700PSと予想されています。フェラーリ 812 スーパーファストをライバルとするアストンマーチン新型ヴァンキッシュのスパイショット、スペック、価格、発売日などの予想と最新情報をまとめました。

【最新情報】アストンマーチン ヴァンキッシュ新型へフルモデルチェンジか!

アストンマーチン新型ヴァンキッシュのスパイショット

*アストンマーチン新型ヴァンキッシュのプロトタイプのテスト模様が頻繁に目撃され、2018年の発表に向けて着実にテストを積み重ねています。
2017年10月のニュルブクリンクの高速テストに続き、2018年1月にはスカンジナビアでの寒冷地テストが目撃されたアストンマーチン新型ヴァンキッシュの様子は、ほとんどのカモフラージュが取り払われ、エクステリアデザインはほぼ市販状態といえるでしょう。
大幅なパワー向上が噂されるアストンマーチン新型ヴァンキッシュは、アストンマーチンのフラグシップクーペとして着実に完成度を高めています。

*メーカーの正式名称は「アストンマーティン」ですが、「アストンマーチン」の表記が主流となっているため、記事内では「アストンマーチン」で統一しています。

アストンマーチン新型ヴァンキッシュのエクステリア(外装)

アストンマーチン新型ヴァンキッシュのフロント

アストンマーチン新型ヴァンキッシュのサイド

アストンマーチン新型ヴァンキッシュのリア

カーボンセラミックブレーキとクラムシェルボンネット

大きく口を開けられた特徴的なフロントグリルは、アストンマーチンの伝統のグリル。
そのサイドに設けられた開口部からフロントフェンダーに取り込んだ空気は、アストンマーチンのもうひとつのシンボルであるサイドグリルから排出されるエアフローレイアウトです。
存在感あるサイドシルから滑らかにリアフェンダーへとつながり、複雑な造詣のリアディフューザーで後方へと流れるエアロダイナミクスは、視覚的な美しさと、強力なダウンフォースを生み出すために機能し、4本のエキゾーストパイプと、ボンネットに設けられた大型バルジがアストンマーチン新型ヴァンキッシュの高いパフォーマンスを象徴するかのようです。

ボンネットは、アストンマーチン新型DB11と同じく前方にヒンジが設けられ、フェンダーごと持ち上がる「クラムシェルボンネット」が採用されます。

アストンマーチン新型ヴァンキッシュのインテリア(内装)

現行型アストンマーチン ヴァンキッシュSのインパネ

現行型アストンマーチン ヴァンキッシュSのフロントシート

スパイショットでは内装は撮影されていないため不明ですが、これまでのアストンマーチンと同様に全てハンドメイドで制作され、革とカーボンとアルミで加飾された豪華なインテリアになるでしょう。
メーターやセンターコンソールはアストンマーチン新型DB11でも採用されているデジタル表示になると思われます。
今後明らかになり次第、この記事でお伝えします。

アストンマーチン新型ヴァンキッシュのスペックは?

ボディサイズ

アストンマーチン新型ヴァンキッシュのボディサイズは情報が全くなく予想もできない状況です。
新しい情報が入り次第、この記事でお伝えします。

●現行型アストンマーチン ヴァンキッシュのボディサイズ
全長:4,692mm
全幅:1,912mm
全高:1,294mm
ホイールベース:2,740mm
車重:1,739kg

エンジン・スペック

搭載エンジンは現行型と同じ、アストンマーチン自社開発のV型12気筒と予想できます。
排気量が6リットルから、5.2リットルへと縮小するもののツインターボで出力を強化し、最高出力は現行型アストンマーチン ヴァンキッシュの576PSを大幅に上回る700PSを発生。
0-100km/h加速を3.8秒でこなすパフォーマンスが与えられます。

パワートレイン

エンジンはフロントミッドに搭載され、トランスミッションは後輪前方にレイアウトされる前後重量分配に優れたトランスアクスル方式を継続して採用します。
デュアルクラッチトランスミッションの採用に積極的でないアストンマーチンのヴァンキッシュには、パドルシフト付きFZ社製8速ATのタッチトロニック3が搭載されるでしょう。
進歩著しいトルクコンバーターATのおかげで、マニュアルトランスミッションが搭載される可能性は低いと思われます。

アストンマーチン新型ヴァンキッシュの価格は?

アストンマーチン新型ヴァンキッシュの車両価格は情報が全くなく予想もできない状況です。
新しい情報が入り次第、この記事でお伝えします。
参考までに、現行型アストンマーチン ヴァンキッシュの値段は3,285万円です。

ヴァンキッシュの中古車情報はこちら

最新「ヴァンキッシュ」中古車情報!

本日の在庫数 6
平均価格 2676万円
本体価格 2388〜2980万円
Pick up!
Pick up!

アストンマーチン ヴァンキッシュとはどんな車?

アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガート スピードスター 2017

英国アストンマーチンのフラグシップモデルとなるのがアストンマーチン ヴァンキッシュです。
アストンマーチンの優美なクーペボディに、大排気量のV型12気筒エンジンを搭載したグランドツーリングスポーツクーペであり、その名前は「征服」を意味します。
初代ヴァンキッシュが登場したのは2001年。
2007年まで製造され、その後はアストンマーチン DBS V12へとそのコンセプトを引き継ぎましたが、2012年に再びヴァンキッシュの名前が復活し、第二世代へと移行しました。
オープンボディの「ヴァンキッシュ ヴォランテ」、高性能モデルの「ヴァンキッシュ S」が派生車種として設定されるほか、イタリアのデザイン工房ザガートと共同でシューティングブレークなども開発されています。

ヴァンキッシュに関する情報はこちら

現行ヴァンキッシュの後継はDBS!詳しくはこちら

アストンマーチン新型ヴァンキッシュの発売日は?

アストンマーチン新型ヴァンキッシュのワールドプレミアは2018年9月の予定です。
日本での発売日は早くて2019年内となるでしょう。
大幅なパフォーマンスアップが期待されるヴァンキッシュは、ライバルを789psの最高出力を誇るフェラーリ 812 スーパーファストに見定め、V12エンジン搭載グランドツーリングカーの最速の座を狙います。

アストンマーチン新型ヴァンキッシュの新しい情報が入り次第、この記事でお伝えしますので、どうぞご期待ください。

アストンマーチンの最新情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!