MOBY

マツダCX-9日本正式初公開!右ハンドルのCX-9も国内で発見!価格と発売日予想は?

ロサンゼルスオートショー2015(2015年11月17日~29日開催)にて、マツダが発表した新型3列7人乗りSUV、新型「CX-9」。マツダ唯一の大型車を「CX-9」がフルモデルチェンジされた姿は果たしてどのような姿なのでしょうか?ここでは日本導入の噂から新型「CX-9」のデザインやスペックをはじめ、従来の「CX-9」との違い、他の3列7人乗りSUVとの比較にふれながらご紹介します。

マツダの大型SUV「CX-9」が日本国内で発売間近?

CX-9

日本導入がされないと考えられていたマツダの大型SUV、新型「CX-9」。しかしながら仮ナンバーのCX-9が公道を走っている姿が目撃されており、そのCX-9が右ハンドルであることから、日本導入も近いのではないかと噂されています。

これまでCX-9が日本で販売されてこなかった最大の理由は、そのボディサイズにありました。全高はともかく、全長5,000mm、全幅2,000mm近くある「CX-9」では、都心でも狭い路地の多い日本で走行するのには多くの障害があります。

また、このサイズに対応可能な駐車場も多くない環境にあります。

日本では、7人乗りの大型車は「スライドドア」を装備した「ボックス型ミニバン」がトレンドの中心であり、SUVもコンパクトタイプは人気が出てきていますが、ミニバンと比較して居住性の劣る3列7人乗りSUVの販売は良いとは言えない状況にあり、販売が見送られています。(過去にホンダが「MDX」、マツダが「CX-9」よりコンパクトな「CX-7」を販売しましたが、売れ行きが芳しくなく販売中止となっています。)

マツダは公式には新型CX-9を日本に導入するとも導入しないとも発表はしていませんでしたが、CX-9の開発者の話などから、日本発売の可能性は低いとされてきました。

更に先日、車好きを騒がせた話題は、マツダがミニバン市場から完全撤退するとの報道でした。MPV、プレマシー、ビアンテと、7人乗りミニバンの全ラインナップは順次生産中止になるという報道に、マツダファンのミニバンユーザーは非常にがっかりしたことと思います。

右ハンドルCX-9を日本で目撃!

マツダのミニバン完全撤退は多くの車好きや関係者を驚かせましたが、右ハンドル仕様のCX-9が日本で目撃されたことで、新たな期待も生まれました。

日本国内で右ハンドル仕様の新型CX-9が目撃されたことで、以前からMPVの後継モデルと言われていたCX-9が、ミニバン(MPV、ビアンテ、プレマシー)の7人乗り需要を満たすべく、本国日本へ新型CX-9を導入するのではないかと、マツダファンを中心に期待が高まっています。

もし日本で発売されれば、国産車で最も全長の長い大型SUVとなります。

マツダ CX-9が日本国内正式初公開!

マツダは2016年4月14日、本社工場にて、報道陣向けに新型SUV「CX-9」のお披露目イベントを行いました。
日本国内では正式公開は初めてとなります。

公開されたCX-9は左ハンドル仕様のようです。

上記の画像はMazda US公式サイトのものです。

モデルチェンジされたマツダの新型「CX-9」

CX-9

ロサンゼルスオートショー2015(2015年11月17日~29日開催)で、新型3列7人乗りSUVとして発表されたマツダ「CX-9」。

今回の「CX-9」のフルモデルチェンジでは、「スタイリッシュさ」と「スポーティーさ」、「信頼性」を融合することに成功しており、海外では「マツダの今回の新型CX-9は、特定の技術領域をリードするものはあまりないが、殆どの項目で、競合他社よりも魅力的な体験を提供するものとなっている」との声があります。

海外での新型CX-9の注目度は非常に高く、ロサンゼルスオートショー後も頻繁に報道され、既に新型CX-9は同クラス(大型SUV領域で)ハイブリッド車を除けば最も燃費性能、エンジン効率の良い車種と評されています。

ここでは新型となったマツダ「CX-9」のデザインやスペックをはじめ、従来の「CX-9」との違い、他の3列7人乗りSUVとの比較にふれながらご紹介します。

新型CX-9スペック

全長       :5,065mm
全幅       :1,930mm
全高       :1,728mm
ホイールベース  :2,870mm
車両重量     :1,960kg
エンジン     :2.5L直噴ガソリンターボエンジン
          「SKYACTIV-G 2.5T」
最高出力     :250ps/5000rpm
最大トルク    :42.8kgm/2000rpm
トランスミッション:6AT
乗車人数     :最大7人
米国EPA基準燃費※:9.5~11.9km/L
※実燃費と非常に近いとされています。

新型CX-9の内装・インテリア画像

CX-9

新型CX-9デザイン(英語解説あり)

デザインはコンセプトカー「越(KOERU)」から

マツダ・新型CX-9のデザインコンセプトは、従来の「魂動(こどう)-Soul of Motion」をベースに更に進化させた「越(KOERU)」です。
大自然の野生動物のような息遣いと生命力を感じられるような繊細かつ大胆なデザインとなっています。

次のページ