初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ジャガー D-TYPE (Dタイプ) 伝説のレーシングカーが限定復活!スペックや価格は?

英ジャガーが1954年から1957年にかけて販売した伝説のレーシングカー「D-TYPE(Dタイプ)」が復活します。オリジナルの設計を忠実に再現したという復刻版D-TYPEは、限定25台が生産される予定です。そのスペックや価格はどうなっているのでしょうか?

伝説のレーシングカー ジャガー D-TYPE(Dタイプ)が復活!

イギリスが誇る高級スポーツカーメーカー・ジャガー。
そのジャガーのレストア部門であるジャガー・クラシックは2月7日、伝説のレーシングカー「D-TYPE(Dタイプ)」の製造を再開すると発表しました。

1954年から1957年まで販売された伝説のレーシングカー「ジャガー D-TYPE」。
D-TYPEは販売当初、全100台の生産が予定されていましたが、生産工場を火災によって失ったため、最終的な生産台数は75台にとどまりました。

そして今回、残りの25台を62年ぶりに生産することが決まったのです。
新たに生産される25台のD-TYPEは、当時の設計を忠実に再現し、ジャガーが誇るクラフトマンの手によって、一台一台が丁寧に組み立てられます。

ジャガー社について詳しくはこちら

名車 ジャガー Eタイプについてもチェック!

ジャガー D-TYPE(Dタイプ)の外装(エクステリア)デザイン

新たに生産されるD-TYPEのエクステリアは、ジャガーが保管していたオリジナルの設計図や記録を活用し、綿密な調査を行った上で、当時のデザインを緻密に再現しています。
ボディは、1955年型のショートノーズと1956年型のロングノーズの2タイプから選択可能です。

今回披露されたロングノーズのプロトタイプでは、長いボンネットや特徴的なテール・フィンなど、当時品となんら遜色のないエクステリアが確認できます。
また、広角のシリンダー・ヘッドや迅速に交換できるブレーキ・キャリパーなども、当時品と全く同じ仕様となっているのです。

ジャガー D-TYPE(Dタイプ)の内装(インテリア)デザイン

新たに生産されるD-TYPEのインテリアは、オリジナルの設計に忠実であり、ステアリングホイールやシート、計器類に至るまで、クラシカルな仕様をそのまま再現しています。

ジャガー D-TYPE(Dタイプ)のパワートレイン

新たに生産されるD-TYPEには、オリジナル仕様を忠実に再現した3.4Lの直列6気筒「XKエンジン」が搭載されます。
詳細なスペックは公開されていませんが、オリジナルの最終モデルと同じであれば、最高出力は270hpを発揮することができるはずです。

トランスミッションには4速MTが搭載され、ブレーキには4輪ディスクブレーキが搭載されます。
なお、D-TYPEは4輪ディスクブレーキを採用した初の車でもあります。

直列6気筒エンジンについて詳しくはこちら

ジャガー D-TYPE(Dタイプ)の価格は?

新たに生産されるD-TYPEの販売価格は、未定となっています。

ただ、ジャガー・クラシックが手掛けた復刻版「ライトウェイト Eタイプ」や「XKSS」の価格が100万ポンド(約1億5千万円)ほどなので、D-TYPEの販売価格が日本円で1億円を超えることは間違いないでしょう。

ジャガー D-TYPE(Dタイプ)とはどんな車?

D-TYPE(Dタイプ)は、1954年から1957年まで製造・販売されていたレーシングカーです。

ル・マン24時間レースにおいて、2度の優勝を飾った「Cタイプ」の後継車として登場したDタイプは、Cタイプの基本設計を引き継ぎつつ、さらに走行性能が高められました。
航空力学に基づいて設計された流線型のボディには、当時として革新的だったモノコック構造のコックピットが用いられており、非常に軽量に仕上げられています。

パワートレインには、Cタイプに搭載されていたものをより高度にチューニングした、3.4Lの直列6気筒DOHC「XKエンジン」が搭載されました。
最高出力は初期モデルで250hp、最終モデルでは270hpまで引き上げられています。

1957年の工場火災によって、生産中の車両とともに生産道具のすべてが消失してしまい、Dタイプは生産終了となりました。
しかし、その年のル・マン24時間レースにはなんとか参戦することができ、3年連続優勝という名誉ある結果を残したのです。

ル・マン24時間レースについてはこちら

ジャガー D-TYPE(Dタイプ) 伝説の復活

新たに生産されたD-TYPEの1台目は、フランス・パリにおいて2月8日から12日にかけて開催された「サロン・レトロモビル」で初披露されました。
最初の1台は技術検証用のプロトタイプであり、販売用モデルは順次生産される予定です。

MOBYでは、今後もジャガー D-TYPEの復刻モデルに関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください。

ジャガーの新型車に関する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!