中古車購入の注意点「試乗編」車選びで失敗しないチェックポイント!

中古車選びは新車購入と違ってとても慎重に選ばなければいけません。様々な面を自分の目や耳、実際に触って動かして確認して、気づく点は沢山あります。 これらを怠ると、値段は安くても、実は整備不良だったりして損するケースも多々あります。 今回は、中古車を実際に試乗してみて確認しなければいけない事をお伝えします。これを読んで、良い中古車を購入しましょう!

中古車購入における試乗とは?

中古車選びは新車以上に慎重にならなければいけません。新車と違い、中古車は、どれだけ整備されていようが使い古しの車になっています。(新古車は除く)

ですが、中古車は新車と違い、必ずしも試乗できるとは限りません。
中古車の中には、「車検切れ」となっている車も販売されています。そういった車は、公道を走ることは出来ません。
また、販売店によっては試乗を断る所もあります。

なので、ネットや雑誌で見つけた車を見に、販売店に行く際は、必ず事前に試乗できるか確認した方が良いでしょう。
試乗がOKなら、必ず試乗さしてもらいましょう。

試乗が出来なくても、エンジンを入れる事は可能です。(中にはそれもお断りの店があるようですが、そういった店舗は少し警戒した方が良いようです。)
出来ない場合は、走行は無理でも、最低限のチェックは可能です。今回は、試乗での注意点をメインに、出来なくても確認できるポイントもお伝えしていきます。

良い中古車が見つかると、いつ売れてしまうかという不安にかられますが、
外観
価格
年式
などすべてに満足していても、実際に見て乗ってみないと本当のところはわかりません。
はやる気持ちを抑えて、ここでもう一度冷静になりましょう。

出典:http://car.echoes-act3.com/

自分なりのフィーリングで!試乗する際のチェックポイントとは?

車の乗りご心地は人それぞれです。チェックするポイント、気を付けなければいけない所はありますが、それプラスに、自分なりの違和感等があったら、それを信じるようにしましょう。
それを押し殺して、購入しても後々ストレスを抱えて、後悔してしまう事もあります。

見るべきポイントと感覚を大切にして試乗するようにしましょう。

試乗前のエンジン系統チェック

先ずはエンジン系統のチェックです。最初に行うチェックであり、一番重要な項目です。
エンジン系統の故障は、最悪廃車になったり、修理代で、もう一台中古車が買えるのではというくらい費用がかかります。

慎重にじっくりチェックしましょう。

・キーを回した時のエンジン音。一発でかかれば問題なし。セルを回している最中の音も軽快な音なら大丈夫。ブルブルと音を立てていたり、異音がすれば問題あり。

・冷えた状態と温まった状態でエンジンをかける。両方スムーズにいけばOK

・エンジンをかけた状態でしばらくアイドリングする。乾いた音が一定でしていればOK。その中に異音や、または車体が激しめに揺れていたりしたら、エンジン系統に何かしらの問題あり。

・マフラーから出ている煙も確認。最初に黒い煙がモクモク出れば良い。ずっと白い煙で、異臭がするようであれば問題あり


以上の事は必ず確認しましょう。これは試乗が出来ない所でも確認できます。これだけを確認しておくだけで大分不安は解消できるでしょう。

特に気を付けなければいけないのが、かかり具合です。
エンジンは冷えた状態と温まった状態ではかかり具合が変わりはしますが、そのムラが激しいとエンジンが傷んでる可能性があります。

後は音です。これは判断が難しいので、慣れてない方は付き添いの方を付けるか、事前に新車のエンジン音を聞いておくと良いでしょう。

少しでも、自分なりの違和感があればそれを信じるのも良いでしょう。

これに付随して、外観のチェックで凹み等も確認しておきましょう。

十分にエンジンがあたたまると音(回転数)が一段階低くなりますが、基本的にエンジン音が一定かどうかを確認してください。

問題のあるクルマならばこの時点で違和感を覚えるはずです。

異音が聞こえるとか、ンジンルlムがブルブルと揺れているとかであれば、エンジンに難ありです。

出典:http://www.tabitabi-project.com/

車に乗ったらエンジンをかけるというのは、常識といったイメージがあるかと思いますが、エンジンがすぐにかかるか、そうでないか?はまるで違う話です。

正常な状態なら一発でエンジンがかかります。もしそうではない場合は、何らかのアクシデントを含んでいる可能性も含めて見極めることが大事です。

出典:http://goo.gl/

運転時のエンジン系統チェック

エンジンのかけ始めが上手くいっていても試乗してからも油断してはいけません。次は、運転時のエンジン系統のチェックです。

・走行中に異音がしないか。時には窓を開けて音を聞いてみましょう。

・走行中、ガタガタと揺れていないか。

・加速がスムーズか?AT車なら、違和感なくギアが上がっているか、または下がるか確認しましょう。ガタつくようであったり、中々上がらない場合は、エンジン系統、もしくはクラッチに問題があります。MT車も同様ですが、つなぎの部分も加えてスムーズにいっているか確認しましょう。

・一定の速度で滑らかに走れているか

これらを確認しましょう。ここではとにかくフィーリングが大事です。車によく乗る方はここで、少しでも違和感を感じるようであれば、確認しましょう。
慣れていない方は、店員さんや同行者に運転してもらいましょう。

シフト、クラッチ等の確認

これは、エンジン系統のチェックでも書きましたが、ギアの上がり下がり、MT車ならクラッチの踏み具合、繋がりを確認しましょう。

・シフトチェンジ時が滑らかか。AT車なら「P」から「D」にいれた際にスムーズに発進出来るか。また「N」入れやすか。シフトレバーが緩かったり、固ければ異常があります。MT車は各ギアがスムーズに入るか一個一個確認しましょう。

・反動が大きくないか

・シフトレバーが変に揺れてないか。揺れている場合は、走行距離が短くても酷使されている可能性があります。

以上を確認しましょう。これらは試乗出来ない場合は難しいですが、クラッチの踏み具合は、走行せずとも確認できます。少しでも重かったりしたら、要チェックです。AT車も「P」から「N」に入れる事は可能なので、それは確実に行いましょう。

暖気運転後、ブレ-キをしっかり踏み「Nレンジ」から「Dレンジ」に入れて、このとき正常なら間髪
入れず(0.2~0.3秒)に、ショックを感じることになる。
これが数秒かかるようなら、ミッション自体が怪しいので避けよう。

出典:http://www.plaza.across.or.jp/

オートマ車の場合は、オートマの変速時に「ガクン」というショックがないか、 またスムーズに変速されるかを確認しましょう。ミッション車の場合はクラッチが滑っていないかをチェック。

出典:http://car.mag2.com/

アクセル、ブレーキの確認

続いては、アクセル、ブレーキ系統の確認です。これをしっかり確認しないとストレスに繋がったり、最悪事故にも繋がりかねません。

・アクセルの踏み具合を確認。力は伝わり易いか、重くないか。アクセルは踏み込み方の癖が出やすいので、自分に合っているか確認

・ブレーキの踏み具合。遊びがどれくらいか。遊びが多いようだと、ブレーキディスクが傷んでいたり、ペダルが傷んでる可能性があります。また、遊びが全くない場合も気を付けましょう。

・ブレーキを踏んだ時に変な音がしないか

・ブレーキを踏んだ際に、ハンドルが左右どちらかに持っていかれないか。持っていかれるようだった危険。確認法としては、ゆっくりなスピードで走行してブレーキを踏み、ぶれなければ大丈夫

・アクセル、ブレーキの踏み込み具合が自分と合っているか。例え異常が無くても、中古車の場合は、前オーナーの癖が付きやすい部分なので、自分の癖に合っているか確認

以上を確認しましょう。特にブレーキの具合は、事故にも繋がりますので、要確認です。
チェック項目にも書きましたが、これは自分の癖に合っているかも大事なので、異常がなくともしっくりこなければ諦めても良いでしょう。

ブレーキを踏むと走っているスピードに対してしっかり止まるかなども確認するようにしましょう。これらのチェックは普通の走行でも十分確認することが可能なので、短い試乗時間内でも確かめることができます。

出典:http://www.carsensor.net/

アクセルを踏んだ時に、正常に発進・加速するか?(アクセルを踏んでもエンジンが、「ウォーン」とうなるだけで前になかなか進まない、もしくはその気配があるか)

出典:http://car.echoes-act3.com/

ステアリング・ハンドリングの確認

ハンドリングの感覚も確認しましょう。これは、車体全体の確認にもなりますので、ただ握るだけでなく、色々操作してみましょう。

・ステアリング操作がしやすいか。重かったりすると注意です。

・ハンドリングが自分の感覚と合っているか。または、伝わっているか。ステアリングを切った際に、曲がり具合が思った通り出ない場合は確認しましょう。車によって個性がありますので、故障などではないケースが多いですが、合わないのであれば避けても良いでしょう。

・左右の曲がり具合に差がないか

これらを確認しましょう。これは握ってみないと分からないので、慣れていない方も、速度は遅くても良いので必ずしましょう。
異常以外にもクセを感じる意味もあります。

これは感覚がとにかく大事なので、確認する際は集中しましょう。

パワーステアリングがしっかり利いており、ハンドリングが重くないか、また、自分のフィーリングと曲がる具合が同じであるかどうかも確認しておきましょう。

ハンドルを切ったとき、何か異音がしないかを耳を澄ませるのも重要ですね。

出典:http://kurumauru-navi.com/

タイヤ、サスペンションの確認

タイヤ、サスペンションの確認もしましょう。タイヤに関しては、実際にタイヤ自体確認して、溝の具合等も確認すると良いでしょう。

・ガタガタの道を走って、車体が激しく揺れないか。揺れるようであれば、異常があるかもしれません。

・コーナリングで、タイヤが滑っていないか、また挙動がおかしくないか。挙動がおかしければ、タイヤかあるいはサスペンションの異常があるかもしれません。

・坂道を上った時に変な音がしないか


以上を確認しましょう。確認の為に、敢えて凸凹道を選んで確認するようにしましょう。意外に盲点な項目なので、抜けが無いように確認です。

4本のタイヤがすべて均一に減っているかどうかも確認しておきます。タイヤが変形しているような減り方をしている場合は、整備不良や事故車の可能性が高くなります。

出典:http://www.used.tank.jp/

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す