初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

窪塚洋介×ランドローバー レンジローバー ヴェラール:Vol.5(最終回)「“我のみ知る道”」MOBYクルマバナシ

時に歌手として煙霧が立ち込める舞台に立ち、時に銀幕スターとしてハリウッドに勝負をしかけるなど、ありとあらゆるシーンで異彩な輝きを放つ・窪塚洋介さん。そんな彼が「今乗るならこれ」と一途一心に選んだのは、『レンジローバー ヴェラール』。いま最も美しいSUVといっても過言でないヴェラールのキャビンに足を踏み入れた窪塚さんの、実直な感想を綴ったMOBYスペシャルインタビュー特別編。今回は窪塚さんのヴェラール試乗を中心に、車にまつわる想い出や私生活について深掘りします。

【Profile】窪塚洋介 〜我らのみ知る道、愛をもって〜1979年5月7日生まれ。神奈川県横須賀市出身。日本を代表する俳優として、2016年にハリウッド映画『沈黙 -サイレンス-』に出演。2017年には主演作『アリーキャット』が公開するなど、銀幕スターとして開進。2006年からはレゲエDeeJay『卍LINE』として音楽活動も行っており、現場至上主義を掲げながら活動をおこなっている。

前回までのインタビューはこちら:
Vol.1「今を生きろ」
Vol.2「未来への道しるべ」
Vol.3「幸運の方舟」
Vol.4「かつての相棒」

“我のみ知る道”

車が必ずしも必要ではないとされる現代。薄まっていく"車の影"を、窪塚洋介さんはどう捉えているのだろう? これからの自動車業界について伺うと、じつに窪塚さんらしいアイデアが浮かんだ。

「最近の若者は車に興味がないっていうけど、もったいないよね。ヴェラールもそうだけど、こんなに良い車がいっぱいあるのに。世界的に技術も上がってきて、さらに素敵な車がどんどん増えてて、どこでも快適に走れて。それなのにみんなが車から離れちゃってるのは悲しいよね」

「もちろん昔の車だって良いところがたくさんあるし、たとえレンジローバーみたいな高級車じゃなくたって……。考えてみて。日本に生まれたみんなは、メイドインジャパンの質が高い車に囲まれてるんだよ。クールじゃない? 俺自身も少し車から離れてたけど、きっとまた戻るよ」

窪塚さんがいつか車を持つ生活に戻るというだけで、一筋の光が差し込む。今は"車が必要ない"と感じている人も、転居や結婚などを機に、車の魅力に気付いてくれるかもしれない。ながらく車と離れた生活を続けてきた窪塚さんだからこその説得力であり、車はライフスタイルを変えるきっかけを与えてくれることに気づかされる。

「みんな本当は車に乗りたいし、欲しいって気持ちが少しはあると思う。それなのにいろんな理由で乗れないっていうんだったら、もうちょっと世の中が良くなって、究極を言えばフリーエネルギー。……要はあらゆる物を作るのにもコストがかからない手間だけの世界になったら、もっと車に乗りやすくなるかもね。ガソリン代も要らなければ、みんなが好きな車に乗れるし」

地球の文明が変わった時でも、車は素敵だと思う

「今ってどんどん"暮らすために生きてる人"が増えてる気がする。言い方が難しいけど、生まれてきた喜びを噛み締めながら得意なことに没頭したり、各々が『俺はこれを作るよ』『じゃあ俺は歌で返します』みたいな、好きなことをシェアしあうような世界になっていくべきなのかなって考えてる」

「そういう未来が来るのかなと思うと、もちろんそこに至るまではいろんなことを整えなきゃいけない。世界中の国々が躍起になって技術を磨いてフリーエネルギーを開発していて、然るべき時がきたら開放する、って話もあるんだよね。だけどフリーエネルギーがすぐに実現しちゃったら今の世界を牛耳ってる奴らのところにお金が入らなくなっちゃうから、そこにみんなの目を向かせないようにしてる、なんてね」

「でもその蓋を空けてしまって、根こそぎ地球の文明が変わった時でも、車は素敵だと思う。もう空を飛んでるかもしれないけどね(笑)」

「そういう風に先を描いて、伝えていかないと未来はこない。だからまず色々なことを知って、みんなに伝えて、そこから同じ未来を見据える人が増えれば、素敵な世界が訪れるんじゃないかな」

「そんな未来を目指して、みんなで導いていきましょう。誰かがやってくれればいい、ではなくね。自分でじっくり、考えてみて欲しい」

車に好きな機能を一つ付け加えるなら……

「最近は本当に、SFみたいな車が出てるよね。個人的に欲しい機能は……うーん。後ろにでっかいスピーカーを積んでおきたいかな。低音が響くやつで、道端に止めてジャマイカダンスとか出来ちゃうの。うん、そんな風にみんなで楽しい事できるのが一番かも」

「あとはボタン一つでフルスモークになったらいいね。そのまま走ってると違反だけど、休憩中とか、どこでもパッと寝れて便利そうだよね。ヴェラールって運転席にマッサージチェアが付いてるのが凄いよね? ずっと前から新幹線にマッサージ屋がいれば良いのにって考えるくらいには疲れが溜まってるんだけど、全然導入されない。いいと思わない? 新幹線のリフレクソロジーなサービス。それくらいだったら出来そうだよね」

窪塚洋介さんとレンジローバー ヴェラールによる大阪を巡る旅も、いよいよゴール直前。窓ごしの移ろう景色を横目に、ヴェラールの軌跡を刻む。

「目的地をセット。そろそろ戻りましょうか。ナビもめっちゃ分かりやすい」

言わずもがな、世界に誇る発展を遂げた日本の車文化。テクノロジーは当たり前に出来上がるのではなく、誰かの努力の結晶であることを忘れたくない。窪塚さんの言葉を借りるのであれば、いつでも"愛"をもって。

「車はみんなの仲間を、時間を、人生を乗せる箱舟です。良い未来へ進んでいきましょう。楽しかったよ、この旅も」

窪塚さんがヴェラールを指名して始まった今回の試乗企画。ふだん車を使わない窪塚さんだからこそ、誰よりもフラットに"車をもつことの魅力"を述べてくれました。さらに試乗中に語った映画『沈黙 −サイレンス−』の独自の解釈やご家族への想い、そしてフリーエネルギーについてなど、窪塚さんのあふれる愛情が満載だった"窪塚洋介×MOBYクルマバナシ"。ヴェラールを乗りながら少年のように目を輝かせる窪塚さんが印象的でした。本当にありがとうございました!

前回までのインタビューはこちら
Vol.1「今を生きろ」
Vol.2「未来への道しるべ」
Vol.3「幸運の方舟」
Vol.4「かつての相棒」

卍LINE「愛の讃歌」 on YouTube

卍LINE名義としてはおそらく最後となる6thアルバム『真説 ~卍忍法帖~ 福流縁』映ノ巻 ~流~(映像集)』より、窪塚さんの愛の言霊が降り注ぐ「愛の賛歌」。透明感ただよう透き通った歌声が、聞く者の心を洗い流していく。

取材・文:米永豪、田神洋子
撮影:佐藤亮太

RANGE ROVER VELAR R-DYNAMIC HSE P380(試乗車両)

車両価格(消費税込)¥12,620,000 〜
乗車定員(人)5
全長×全幅×全高(mm)4,820x1,930x1,685
ホイールベース(mm)2,875
エンジン3.0L V型6気筒スーパーチャージド・ガソリン
最高出力(PS)380
最大トルク(N・m)450
トランスミッション8速AT

撮影協力

【ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社】

【アスタープレイス】

窪塚洋介さん 関連情報

【窪塚洋介所属事務所アスマキナ】

【卍LINE オフィシャルサイト】

【AMATO RECORDZチャンネル[youtube] 】

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す