初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型アルファードのおすすめグレードは「ハイブリッドG Fパッケージ」!その理由は?

2017年12月にビッグマイナーチェンジして発売された新型アルファード。ハイブリッドを含めて全17グレードで構成され、購入の際は迷う方も多いことでしょう。そこで、新型アルファードの全グレードの価格、装備、特徴をまとめてご紹介します。

トヨタ 新型アルファードとは?

トヨタ 新型アルファード

トヨタ 新型アルファードは、2017年12月25日にビッグマイナーチェンジが実施された大型高級ミニバンです。
新型アルファードは、「最高の質的贅沢を極めるクルマ」をコンセプトに開発が進められ、メッキグリルの押し出しの強さがさらに強調され、内装の質感も向上しているなど、多くの変更点が盛り込まれました。
最注目となるのは、安全技術である「トヨタ セーフティセンス」が次世代型となって新型アルファードに搭載された点です。

全車標準装備される予防安全装備や先進技術

新型アルファードに全車標準装備となる次世代型「トヨタ セーフティセンス」は、第1世代の「トヨタ セーフティセンスP」を機能強化したものとして高い安全性を約束しています。
次世代型トヨタ セーフティセンスの内容は下記の通りです。
 ・プリクラッシュセーフティの強化(対歩行者に昼夜対応)
 ・レーントレーシングアシスト(LTA)の追加
 ・オートマチックハイビーム
 ・レーンディパーチャーアラートの強化(道路端検出)
 ・ロードサインアシストの追加
 ・レーダークルーズコントロール
 ・先行車発進通知

レーントレーシングアシスト

レーントレーシングアシストは、車線から逸脱する可能性があるときドライバーに警告し注意を促します。
また、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作支援を行います。
さらに高速道路などの走行中に、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能)の作動時に、車線の中央を走るようステアリング操作支援を行います。

ロードサインアシスト

ロードサインアシストは、前方に設置されたカメラで見落としがちな道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示することで、安全運転を促す機能です。
ディスプレイ表示中に速度規制値を超過した場合などには、表示の点滅などでドライバーに告知する機能も備えています。

第1世代のトヨタ セーフティセンスについての情報はこちら

トヨタ 新型アルファードのグレード構成と車両価格一覧表

ガソリンエンジン

標準モデル

グレード名 エンジン
パワートレイン
車両価格(税込)
X 2.5L 直列4気筒
CVT(FF/4WD)
334万~367万円
G 2.5L 直列4気筒
CVT(FF/4WD)
418万~443万円
GF 3.5L V型6気筒
8速AT (FF/4WD)
520万~540万円
エグゼクティブラウンジ 3.5L V型6気筒
8速AT (FF/4WD)
703万~722万円

エアロモデル

グレード名 エンジン
パワートレイン
車両価格(税込)
S 2.5L 直列4気筒
CVT(FF/4WD)
369万~373万円
S Aパッケージ 2.5L 直列4気筒
CVT(FF/4WD)
390万~415万円
S Cパッケージ 2.5L 直列4気筒
CVT(FF/4WD)
436万~461万円
SC 3.5L V型6気筒
8速AT (FF/4WD)
486万~494万円
エグゼクティブラウンジS 3.5L V型6気筒
8速AT (FF/4WD)
718万~737万円

ハイブリッド

標準モデル

グレード名 エンジン
パワートレイン
車両価格(税込)
ハイブリッドX 2.5L 直列4気筒 +モーター
CVT(4WD)
436万円
ハイブリッドG 2.5L 直列4気筒 +モーター
CVT(4WD)
497万円
ハイブリッドG Fパッケージ 2.5L 直列4気筒 +モーター
CVT(4WD)
552万円
ハイブリッド エグゼクティブラウンジ 2.5L 直列4気筒 +モーター
CVT(4WD)
703万円

エアロモデル

グレード名 エンジン
パワートレイン
車両価格(税込)
ハイブリッド S 2.5L 直列4気筒 +モーター
CVT(4WD)
461万円
ハイブリッドSR 2.5L 直列4気筒 +モーター
CVT(4WD)
512万円
ハイブリッドSR Cパッケージ 2.5L 直列4気筒 +モーター
CVT(4WD)
567万円
ハイブリッド エグゼクティブラウンジ S 2.5L 直列4気筒 +モーター
CVT(4WD)
750万円

トヨタ 新型アルファードの各グレードの特徴と違い

エアロボディと標準ボディの見分け方

「S」が入るグレードは全てエアロパーツを取り付けたエアログレードで、それ以外が標準ボディとなります。

標準ボディのボディカラーの標準設定

ブラック

アルファード エグゼクティブラウンジ ブラック

スティールブロンドメタリック

アルファードX スティールブロンドメタリック(サイドリフトアップチルトシート装着車)

グラファイトメタリック

アルファード X グラファイトメタリック

エアログレードのボディカラーの標準設定

ブラック

アルファード SC ブラック

ダークレッドマイカメタリック

アルファードS ダークレッドマイカメタリック

グラファイトメタリック

アルファードX グラファイトメタリック

ガソリンエンジン・ハイブリッド共通グレード

X(ハイブリッドX)

X(ハイブリッドX)は、ベースグレードであり、8人乗りのみの設定です。
安全装備はベースグレードでも十分ですが、アルファードの良さである内外装の上質感を満たすには、様々なオプション装備を設定する必要があります。

サイドリフトアップチルドシート装着車の設定があります。

G(ハイブリッドG)

G(ハイブリッドG)は、Xをベースに、運転席パワーシート、ステアリングが本革巻き+メタルブラウンウッド調、シート表皮が合成皮革であるなどの要素が標準設定となっているグレードです。

サイドリフトアップチルドシート装着車の設定があります。

S(ハイブリッド S)

S(ハイブリッド S)は、最もベースに近く、フロントスポイラーの個性が光るエアロボディを持つグレードです。

サイドリフトアップチルドシート装着車の設定があります。

エグゼクティブラウンジ(ハイブリッド エグゼクティブラウンジ)

エグゼクティブラウンジは、アルファードをアルファードたらしめる内外装の装備が全て標準設定されている標準ボディのハイエンドグレードです。
通常は2眼のLEDクリアランスランプは、当グレードでは3眼設定かつシーケンシャル(流れるように光る)で、シート表皮は本革、ステアリングは本革巻き+メタルブラウンウッドであるなど、まさに贅を尽くした内容です。

エグゼクティブラウンジS(ハイブリッド エグゼクティブラウンジ S)

新型アルファード エグゼクティブラウンジS

エグゼクティブラウンジSは、エグゼクティブラウンジのエアロボディであり、S限定でメッキモール付きサイドマットガードがプラスされています。
エグゼクティブラウンジSの専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートを採用しています。

ガソリンエンジン

S Aパッケージ

S Aパッケージは、Sをベースに、18インチアルミホイール(通常は17インチ)を履かせたり、ステアリングが本革巻きであるなど、内外装の付加価値を高める装備が用意されたグレードです。

S Cパッケージ

S Cパッケージは、Sをベースに、18インチアルミホイール(通常は17インチ)を履かせたり、ステアリングが本革巻き+メタルウッド調、シート表皮が合成皮革(通常はファブリック)であるなど、内外装の付加価値を高める装備が用意されたグレードです。

GF

アルファード搭載 V6エンジン

GFは、ガソリンエンジン限定の3.5L V6エンジンを搭載したグレードです。
装備内容は、Gと概ね同様ですが、シート表皮が本革設定となっています。

SC

SCは、ガソリンエンジン限定の3.5L V6エンジンを搭載したエアログレードです。
切削光輝+ブラック塗装の18インチアルミホイール、本革巻き+メタルウッド調のステアリングなど、スポーティな仕上がりとなっています。

ハイブリッド

ハイブリッドG Fパッケージ

ハイブリッドG Fパッケージは、ハイブリッドGのシート表皮を本革にしたグレードです。

ハイブリッドSR

ハイブリッドSRは、ハイブリッドSをベースに、ステアリングが本革巻き+メタルウッド調、シート表皮が本革や合成皮革であるなどの装備が標準設定となっているグレードです。

ハイブリッドSR Cパッケージ

ハイブリッドSR Cパッケージは、ハイブリッドSRのシート表皮を本革にしたグレードです。

トヨタ 新型アルファードのおすすめグレードは「ハイブリッドG Fパッケージ」

新型アルファードのおすすめモデルは「ハイブリッドG Fパッケージ」です。
経済面に目をつぶれば、エアロボディかつ内外装を飾る装備の全てが詰め込まれた「エグゼクティブラウンジS」グレードに大きな魅力があるのはいうまでもありませんが、その価格は700万円を超えます。

「ハイブリッドG Fパッケージ」は「エグゼクティブラウンジS」グレードより200万円近く安い552万円。
ハイブリッド車の経済性を持つ上、本革のステアリングやシートのオプションが設定されており、満足感と経済性のバランスの取れたグレードといえます。
”贅を尽くした”高級ミニバンといわれる新型アルファードは、最上級モデルでなくとも十分にその高級感を楽しむことができるのではないでしょうか。

アルファードのグレード構成は非常に細かく設定されているので、カタログを読み込んで必要な装備を選び、経済面とのバランスを取るのが賢い買い方といえます。

アルファードに関する情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す