中古車の買い時はいつ?安い時期を逃さない為に狙うべき購入時期とは?

中古車を一番安く買えるタイミングはいつか。気になりますよね。僕も気になりました。ただ、このようなタイミングって不確定な要素がたくさんあって、はっきりとは言えないんです。ネットで調べてもらえたら分かりますが、みなさんいろいろなことを言ってます。だから様々な要素が絡み合うため不確定になってしまっている中で、最も安定して購入できるタイミングを紹介します。

中古車の買い時は、需要と供給の関係で変動する

出典:http://sfmr.jp/

中古車の値段が下がるときは、「中古車の需要」が落ちている時です。
例えば、車を買う人はお金にある程度余裕があれば新車を買ったりと、中古車を選ぶ人は少なくなっていきます。
また、新車を買う人が多ければ、中古車の供給量が多くなります。

そんな時、中古車販売業車は値段を下げてでも売りたいと思います。

ボーナス月(7月・12月)

出典:http://www.photo-ac.com/

7月と12月はボーナス月であるため、商戦が起きたりで、車を買う人の目線が新車へ移りがちで、中古車の需要が減ったりします。

また、12月に関しては「年末商戦」という要素以外にも、特別な要素が2つあります。
一つ目に、12月が終わって、翌年になると車の年式が一つ古くなります。すると、中古車の販売価格が1~2割くらい価格が安くなってしまいます。
従って、販売店としては、その前に売り切ってしまいたいという狙いがありますので、安く購入することができます。
二つ目に、統計上の年間登録台数を伸ばすために、ディーラーは最後の最後まで売ろうと努力するので、安くしてでも売ろうとするインセンティブが働きます。
これは、決算との絡みもありますが、販売台数を伸ばすことにより、インセンティブが与えられたりすることに起因します。

7月や12月前後はボーナス月であるため、中古車の需要が減り、価格が下がりやすいようです。
年明けの1月は、ボーナス後のイベントでお金を沢山使ってしまっている人も多く、需要が下がりやすくなっています。

出典:http://www.goo-net.com/

12月は「年間登録台数」を伸ばすために車を売ろうと必死になっています。そしてボーナス商戦の時期なので、年末はダブルで狙い目です。

出典:http://goo.gl/

ボーナス月ですから、車を買おうかどうか検討する方は多いために、市場に中古車が出回ります。

さらに時期として、中古車より新車のほうが興味がある方も少なくありません。

さらに、新車が売れる=乗っていた車が中古車として市場に出回るので相場が安くなります。

このことは7月にはお盆休みのような大型連休もあるので特に強く影響が出てくるのですが、12月については意外にお金を持ってもいざ車という方が多くありませんから、それほど期待できないかもしれません。

出典:http://kuruma-satei.jp/

基本的に2~3月は高い!

当たり前ですが、中古車の価格が下がる時期は中古車の需要が落ち込んでいる時です。みんなが中古車を買おうと考えていない時期ということですね。ディーラーも売り上げをあげようと価格を下げてでも売ろうとしようとするため、ここが狙いどきなのです。

逆に注意すべきなのは、みんなが中古車を購入する時期。
この時期は需要が高まるので値段が高くなります。一般に2月、3月がこの時期です。
学生の卒業や就職で、車を必要とする人が多くなります。
この時期を外せば、比較的中古車の値段は下がります。得にボーナスが生じる7月、12月などは新車への注目が集まる分、中古車は価格が下がります。

一般的に2月と3月は中古車市場に出回る車の数が多くなるといわれています。
このためお望みの車も見つけやすく、需要が高くなります。
2月と3月に中古車の需要が高い理由は、これだけではありません。
学生の卒業や就職で、車自体の需要が高まっていることも関係しています。
この需要の高い時期を超えると、中古車の価格は一気に下がることから、この時期が4月中旬あたりから5月くらいであるといわれています。
また7月や12月前後はボーナス月であるため、中古車の需要が減り、価格が下がりやすいようです。
年明けの1月は、ボーナス後のイベントでお金を沢山使ってしまっている人も多く、需要が下がりやすくなっています。
得にゴールデンウィークなどの大型連休前では値段は高くなり、連休明けは値段が下がります。

出典:http://www.goo-net.com/

具体的にいうと2月3月は供給も多いですが、需要も多いので値段は高いままです。

出典:http://kuruma-satei.jp/

交渉上手な人は決算直前(3月末・9月末)を狙おう!

出典:MOBY

決算月は会社によりバラバラですが、3月は多くの会社で本決算の時期です。
また、「9月末」と「3月末」は本決算の会社にとっては、半期決算の時期となります。

この3月と9月の時期は各社は成績を高めるために少しでも多くの車を売ろうと努力します。

また、多くの車が売れるということは、同時に車検の時期でもあります。
車検の直前に乗り換えてしまう人が全体の6~7割で、乗っていた車は中古車市場で出回ることになるので、中古車の供給が増えます。
従って、交渉上手な人は、決算の時期を狙って大幅な値引をしてもらうことによって、安く車を手に入れられるかもしれません。

彼等には、決算という、新車を多く売らなきゃいけない時期があるのです。

その時期が、一般的には3月と9月にしているところが多く、

結果的に、この時期に車が多く売れます。

そして、日本には車検制度があります。

新車の場合は3年、次回からは2年毎に車検を受けます。

実は、この車検を期に車を乗り換えるユーザーが全体の6割~7割と言われています。

つまり、新車が多く売れる3月・9月には、当然車検時期が重なります。

そして、車を乗り換える人が多く発生します。

これは新車も中古車も同じなのです。

その結果、中古車市場は活気が出る、人気が出るという事です。

出典:http://xn--n9j4jpas7178a2fhvt1i.com/

車を購入する会社の決算月は狙い目です。決算月は、売り上げをなんとか上げようとして車を安く買えるタイミングです。具体的に言うと、たいていの車の会社は、年度末決算が3月、中間決算が9月なので、この2つの月が狙い目です。この2つの月の決算に反映されるように、納品出来るギリギリの日にちを狙ってみましょう。月末になりすぎると、納品が来月になってしまうので注意が必要です。

出典:http://www.garage-imanaka.com/

新車販売に力を入れる時期が3月と9月です。

この時期には安くなる要素はあるのですが、新生活への需要も高いので効果が相殺されるでしょう。

冒頭にあげたように、需要が多く供給が多くても、中古車は安くならないということがあります。

ただし、販売店には月間目標が当然ありますから、目標に到達しないときには値引きが強くなる可能性もありますし、値引き予算が余っているときに消化する可能性もあります。

つまりいいたいことは、3月や9月などの販売店が力を入れる時期は末日付近がチャンス!ということになります。

仮に末日にはずしたとしても、その後に在庫があまっていそうなところで車を買えばよいということになります。

出典:http://kuruma-satei.jp/

モデルチェンジ後を狙え!

出典:http://221616.com/

車のモデルチェンジとは新しいモデルが出るという意味です。モデルチェンジには外観から全て変わるフルモデルチェンジと、中の装備を改良したマイナーチェンジが存在しますが、どちらも以下ではモデルチェンジとします。
これは車に詳しく無い方にでも分かりやすいと思います。簡単にいえば、”新作が出たから旧式は人気がなくなる”ということです。

得に最近では車の燃費や減税が注目されていますので新作になり、機能や装備が変化すると中古価格は格段と安くなることがあります。

新車で人気の高かった車の新型が登場すると旧型が一気に中古車市場に増加し、このような価格の変化が起こることがあります。しかし新型の人気がそれほど振るわない場合は旧型の中古車価格が高騰することもありますので、フルモデルチェンジのタイミングも見計らって相場の動向を見るようにしましょう。

出典:http://www.goo-net.com/

欲しい車は季節ものかどうか?

出典:http://minicooper-sketch.com/

一年を通して日本には春、夏、秋、冬と4つの季節があります。
洋服がそれぞれのシーズンにあわせてテイストを買えるように、車の中でも時期に左右される車があります。
夏にはオープンカーは人気があるでしょうし、冬には安全性面から4WD車が人気です。
つまり、もし欲しい車がこのような季節に左右される車であるなら、適した季節とは反対の季節に購入するのがベストでしょう。

オープンカーであれば冬といった感じです。

その他、安くなるタイミングとは?

出典:http://www.zba.jp/

大規模な事故やリコール問題が生じた際はチャンスかもしれません。
もちろん中古車もリコール対象なので、問題があれば修理してもらえます。
この時期を狙えば、格安で手に入れることもできるかもしれません。

狙いたい車があるなら、発売から車検の時期ごとにチェック!

中古車の買い時に関して、いかがでしたでしょうか。
まとめますと、中古車の価格は需給関係によって変動し、ボーナス月であると考えられる7月と12月が買い時となります。

また、特に狙いたい車がある場合は新車から3年目の時期がオススメです。
なぜならば、多くのユーザーが最初に車を手放すタイミングは、「最初の車検のタイミング」だからです。

販売台数が最も多いと考えられる発売時期から3年目なので、その時期にその車は市場に多く出回るはずです。
発売されてから3年目の時期にその車の相場を確認してみることをおすすめします。
3年目でなくとも、2回目の車検を迎えるであろう5年目や7年目といった時期もおすすめです。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す