初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ新型バモス フルモデルチェンジ最新情報!発売日と価格や燃費は?

ホンダ バモス フルモデルチェンジの噂について解説します。約20年間フルモデルチェンジがされていないバモスですが、新たなNシリーズ・N-VANとして生まれ変わるのではという予想が出ています。ホンダ新型のスペック、発売日などについてまとめました。

ホンダ バモスにフルモデルチェンジの噂・最新情報

ホンダ バモスとは、ホンダが製造・販売している軽ワゴン車です。
バモスは商用のホンダ アクティをベースに、乗用車向け装備が与えられたモデルとなっています。

バモスは今年2017年まで、19年間モデルチェンジがされていません。
広い車内空間と快適な乗り心地が長年親しまれてきましたが、バモスにはモデルチェンジの噂が立っています。
軽自動車で競合するスズキやダイハツの車が現在人気を博している中、ホンダもいよいよ本格的に軽自動車分野にテコ入れを始めるようです。

バモスのフルモデルチェンジの噂について解説します。

ホンダ バモスはNシリーズとして生まれ変わる?

ホンダの軽自動車の一連シリーズは「Nシリーズ」と名付けられています。

今年で発売から50周年となるN360を原点としており、現在
・N-BOX
・N-WGN
・N-ONE
・N-BOX +
・N-BOX /(SLASH)
の5種類のタイプが発売されています。

今回、新たに「N-VAN(エヌバン)」という新種が登場すると言われています。
VANという名の通り、車種としては軽バンとなり、Nシリーズとしての軽自動車はほぼ網羅されることになります。
このN-VANがバモスをフルモデルチェンジしたモデルであると噂されているため「バモスがフルモデルチェンジする」という声が出ているのです。

しかし、現行バモスに関してはフルモデルチェンジというわけではなく、新型N-VANがデビューし、バモスは徐々に販売が終息すると考えられます。

ホンダ新型N-BANについてはこちら

Nシリーズ主要モデルはこちら

新型N-VANは現行バモスからどう変わる?

新型N-VANはN-BOXをベースとしたFF方式のプラットフォームを使うことになると言われています。

現行のバモスは車内に荷物をより多く載せるため、エンジン駆動方式がMR(ミッドシップレイアウト)と言って、エンジンが車体の中央辺りに配置されています。
N-VANはバモスのMRレイアウトではなくN-BOXのFFレイアウトを採用する可能性が高いため、バモスがフルモデルチェンジされるというよりは、N-BOXをベースに新たなモデルが誕生すると考えたほうが自然です。

新型N-VANがFF方式でも車内空間を圧迫しない縦置きエンジンを採用すると、バモスのネックであった「燃費」を考えたエンジンを搭載することができるようになります。

昨年の6月に、ダイハツがウェイクをベースとしたFF駆動の商用車、ハイゼットキャディーを発売しているので、MRからFFへ移行する考えとしては、ホンダも軽自動車を製造する上で同じ方向を見ていると言えるでしょう。

バモスの商用車 バモスホビオについてはこちら

ダイハツのウェイクやハイゼットキャディーのおすすめ記事はこちら!

新型N-VANによりホンダ軽バンの燃費は向上するのか?

新型N-VANは、FF駆動にすることで燃費を考えたエンジンを搭載できるようになるため、燃費の向上は大いに期待できます。
現行のバモスは、15~16km/Lとなっていますが、仮に新型がN-BOXと同様のエンジンを使用するとなると、以下の表のようになります。

パワーの要らない乗り方をするなら、自然吸気の2WDを選択すると約10km/Lもの燃費向上となります。

N-BOXのJC08モード燃費2WD4WD
自然吸気25.6km/L23.6km/L
ターボ23.8km/L21.4km/L

新型N-VANのエンジン性能・スペックは?

新型N-BANがN-BOXのエンジンを流用するとなると、NA車とターボ車が登場することになります。
現行モデルより性能が向上することは間違いないでしょう。
参考までに、現行のN-BOXのエンジンスペック(2WD・自然吸気)を掲載しておきます。

エンジン種類水冷直列3気筒
排気量660cc
最高出力43(58)/7,300
最大トルク65(6.6)/4,700
トランスミッション無変速オートマチック
駆動方式FF
使用燃料 レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型N-VANの価格は現行バモスに比べてどうなるのか?

バモス ホビオ L

新型N-VANを現行バモスの価格を基準に考えてみます。
ホンダの先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」がメーカーオプションとして搭載されるとなると、現行バモスにプラスして10~20万円となるでしょう。

参考として、現行バモスの価格を掲載しておきます。

バモス/G
2WD3AT:137万円~5MT:132万円~
4WD4AT:151万円~5MT:144万円~
[単位]円(消費税込み)

最新「バモス」中古車情報!

本日の在庫数 998
平均価格 39.9万円
本体価格 0.1〜163万円
Pick up!
Pick up!

新型N-VANの発売日は?

カレンダー 日程 発売日

©Shutterstock.com/ Laborant

Nシリーズは現状、商用バンを除いて全ての軽自動車を網羅していますから、N-VANはNシリーズ最後のピースとなります。
同時に乗用車としてのバモスが商用に代えられてしまう可能性もあります。
もちろん、従来通りにバモスとアクティのような区分が登場するかもしれませんが、今のバモスが渡すバトンがどう繋がっていくのか楽しみです。

フルモデルチェンジされた新型N-BOX販売後のフィードバックなどを経て、新型エヌバンの発売は早くても6月頃になると考えられます。
今後バモスの販売は徐々に収束していき、N-VAN発売後は生産ストップ、徐々にN-VANへと意向していく可能性が高いです。

MOBYでは今後現行バモスがどうなっていくのかや、新型N-BANについての情報を追っていくので、ぜひご覧ください。

ホンダの新型車・モデルチェンジ全情報はこちら

ホンダ 注目の新型車情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す