初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽トールワゴン ライバル車徹底比較】スズキ新型スペーシアカスタム VS ダイハツ ウェイク

スズキ新型スペーシアカスタムとダイハツ ウェイクは、どちらも軽自動車トップクラスの室内空間を持つ軽トールワゴン。スズキ新型スペーシアカスタムとダイハツ ウェイク両車の性能を検証し、その性能を徹底比較します。

スズキ スペーシアカスタムは2017年12月にフルモデルチェンジ

スペーシアカスタムとはどのような車?

スズキ スペーシアカスタム HYBRID XS アクティブイエロー ブラック2トーンルーフ

スペーシアカスタムの発売日

スペーシアカスタムが始めて登場したのは2013年。
スズキ パレットのコンセプトを引き継ぐ軽トールワゴンである初代スペーシアのスポーティモデルとして設定され、2017年12月14日のスペーシアのフルモデルチェンジに合わせて、スペーシアカスタムも2代目に生まれ変わりました。

スペーシアカスタムの開発コンセプト

新型プラットフォームを採用し、あらゆる面において改良が施された新型スペーシアには、使う人を「ワクワク」させるような可愛らしいデザインが施されました。
それに対してスペーシアカスタムには、クールな外観とスポーティなパフォーマンスを纏う「圧倒的な迫力と存在感」が表現され、スペーシアとの差別化が図られています。

スペーシアカスタムの特長

・後退時ブレーキをはじめとする軽自動車初となる安全装備を多数搭載
・スペーシアに迫力と存在感を付加したクールなデザイン
・広い室内空間と利便性を追求したパッケージング
・搭乗者全員に快適な環境を提供する装備の充実
・モーターの力だけでクリープ走行できるよう改良されたマイルドハイブリッドシステム
・スペーシアカスタムのみに用意されるターボエンジン+マイルドハイブリッドの優れた加速性能

スズキ スペーシアについてはこちら

ダイハツ ウェイクとはどのような車?

ダイハツ ウェイク Gターボ“レジャーエディション SA 3” 2WD パールホワイト3〈W24〉×ト二コオレンジメタリック

ダイハツ ウェイクの発売日

2014年11月10日に登場したダイハツ ウェイクは、軽自動車の中で最大の全高が与えられた軽スーパートールワゴン。
2016年5月にはスマートアシスト2へ、2017年11月にはスマートアシスト3へと安全性能をアップデートされると同時に、細かな改良やグレード整理が行われています。

ダイハツ ウェイクの開発コンセプト

ダイハツの掲げる「もっと軽にできること」をキーワードに、日常からレジャーまで多用途に使える軽自動車として開発されたダイハツ ウェイク。
最大の特徴となる軽自動車最大の全高は、標準ルーフのハイエースをも凌ぐ室内高をもたらし、あらゆるシーンで快適な室内空間を提供します。

ダイハツ ウェイクの特長

・着座位置が高く、見晴らしのよい「ファインビジョン」
・軽自動車最大となる室内空間を実現した「ウルトラスペース」
・高重心を感じさせない安定感ある走行性能「ファン&リラックスドライブコンセプト」
・荷室の使い勝手を最優先に考えた「ミラクルラゲージ」
・まとまりのあるデザインで存在感を示すスタイリング「WAKUWAKU BOX」

ダイハツ ウェイクについてはこちら

スペーシアカスタムとウェイクの違いは?

スズキ新型スペーシアカスタム、ダイハツ ウェイクともに軽自動車トップクラスの室内空間を備え、乗員全員が快適に過ごしながらレジャーで大活躍する機能性が与えられています。

スペーシアカスタムが都会的なレジャーを想定した設計だとすれば、ウェイクはサーフィンやウィンタースポーツなどの大自然を肌で感じるアクティビティに最適化された設計がなされています。

存在感のあるエクステリア(外装)を比較

スペーシアカスタム

スズキ スペーシアカスタム HYBRID XS ピュアホワイトパール

フルモデルチェンジしたスペーシアをベースとして、フロントフェイスと各部のディティールにシャープなデザインとメッキパーツが多用されたスペーシアカスタム。

大型のフロントグリルに、LEDヘッドライトとLEDリアコンビネーションランプ、低く構えるエアロパーツが与えられ、圧倒的な存在感を示すことに成功しています。

スペーシア/スペーシアカスタムの違いを詳しく!

ダイハツ ウェイク

Gターボ“レジャーエディション SA 3” 2WD ブルーマイカメタリック

車全体がスクエアデザインでまとめられ、スペース効率を最優先にして設計されたことが外観から伺い知れます。

余計な装飾のないシンプルなボディは、シンプルな1BOXカーというより近未来的なコンテナボックス。
デザインチームが「塊感」と表現する、車全体のまとまりがうまく表現されたエクステリアです。

ダイハツ ウェイクのマイナーチェンジ予定はこちら

スペーシアカスタムの内装はブラックでシンプル

スズキ スペーシアカスタム HYBRID XS インパネ

スズキ スペーシアカスタム HYBRID XS シート

スペーシアカスタム

基本的な構造はスペーシアと共通の機能性に優れたインテリアとしながらも、ダッシュボードとシートカラーはブラックを基調とし、随所にピアノブラックパネルとシルバーメッキの加飾を施してスペーシアとの差別化を強調。

HYBRID XSとHYBRID XSターボには、レザー調の専用シートが与えられ、ステアリングとシフトノブは本革が採用されます。それらの縫い合わせ箇所はすべてレッドステッチで統一され、高級スポーツカーのような佇まいを演出。

スペーシアカスタムは、軽自動車のレベルを越えた品質にまとめられ上げられ、エクステリア同様の存在感が付加されたインテリアになっています。

さきどり発進局が新型スペーシアと撮影会!

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク Gターボ“レジャーエディション SA 3” インパネ

ダイハツ ウェイク Gターボ“レジャーエディション SA 3” シート

軽自動車最大の室内空間を誇るウェイクは、広大なラゲージスペースと多彩なシートアレンジでさまざまな車の使い方を提案します。

水平基調のデザインでシンプルにまとめられた車内は機能性も充実。車内には15もの収納スペースを備え、シート表皮は全車に撥水加工が施されます。

リアラゲージスペースは防水仕様となり、特別グレードの「レジャーエディション」では、フロア全体にまで防水素材が使われ、濡れた荷物も汚れた荷物も気にすることなく積みこむことができます。

ダイハツ ウェイクのおすすめグレードはこちら

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す