初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スズキ新型スペーシア/スペーシアカスタム・ハイブリッドのおすすめグレードは?

2017年12月にモデルチェンジを果たした新型スペーシアとスペーシアカスタムの各グレードの詳細を解説します。スペーシア/スペーシアカスタムの各グレードの詳細を徹底比較し、その中からおすすめのグレードを選び出します。

新型スペーシアとは?

スズキ スペーシア HYBRID G シルキーシルバーメタリック

2017年12月14日にモデルチェンジを果たし、2代目へと進化した新型スペーシアは、先代スペーシアの広い室内空間と、両側スライドドアの利便性を受け継いだ軽トールワゴンです。

新型スペーシアの外装デザインのモチーフとなるのはスーツケース。
スーツケースのような角を丸めた四角で構成され、ボディサイドのプレスラインもスーツケースの凸凹を模しています。
個性的で愛くるしい外観を与えられ、家族や仲間とたくさんの荷物を乗せて、思わずどこかへ出かけたくなるようなワクワク感を表現したスズキの新しい軽自動車です。

徹底したスペース効率と快適な室内空間

新型スペーシアでは新型プラットフォームによる低床化と、ボディを完全な四角形状とすることで軽自動車の限られたスペースを最大限に活かすように設計され、大人4人が座っても圧迫感を感じさせない、開放感溢れる室内空間を実現しました。
また、乗車する全員が快適にすごせるように配慮された先進の空調装備も採用されています。

さらに安全になった予防安全装備

スペーシアの快適な室内空間を、より安全な空間にするために、今回のモデルチェンジでは予防安全性能を徹底的に強化。
2つのセンサーによる自動ブレーキに加え、軽自動車で初めて採用される後退時の自動ブレーキや、フロントガラスに車両情報を投影する「ヘッドアップディスプレイ」、車の周囲を立体的に表示し死角をなくす「3Dビューモニター」など、先進の予防安全装備が追加されます。

強化されたマイルドハイブリッドシステム

スペーシアに搭載される「S-エネチャージ」は、通常運転時に無駄になってしまうエネルギーをバッテリーに電力として蓄え、加速が必要な時にモーターで加速をアシストするマイルドハイブリッドシステムです。
新型スペーシアには、大容量のリチウムイオンバッテリーを採用することで加速アシスト領域を拡大。
さらに出力が強化されたモーターにより、最大30秒間の「パワーモード」アシスト機能が追加に始まり、エンジンを始動しなくても最大10秒間の走行が可能となった強化版マイルドハイブリッドは、渋滞時や市街地走行においてエコロジーかつパワフルな動力性能を発揮することでしょう。

あらゆる面で改良された新型スペーシア

快適な室内空間と充実した安全装備、強化されたパワートレインを盛り込み、全面改良されたスズキの新型スペーシアにはデザインコンセプトの異なる2つのモデルが用意されます。
たくさんの荷物を積み込んで、家族や仲間と、どこかへ出かけたくなる様なワクワク感を表現したスペーシア。
スペーシアの積載能力をそのままに、圧倒的な迫力と存在感を与えたスペーシアカスタム。
それぞれのモデルに用意されるグレードを解説し、その中でベストなスペーシアを選び出したいと思います。

全車標準装備される予防安全装備や先進技術

スズキセーフティーサポート動作イメージ

新型スペーシアとスペーシアカスタムには、政府が推奨する交通事故の発生防止・被害軽減対策コンセプトの「セーフティ・サポートカーS ワイド」に対応した、「スズキセーフティサポート」が全車に装備されます。

全車標準装備される予防安全装備

●デュアルセンサーブレーキサポート
単眼カメラとレーザーレーダーによる二重のセンサーにより、前方の車や人を検知し、自動ブレーキをかけることで衝突被害を低減します。

●後退時ブレーキサポート
リアバンパーに設置された超音波センサーで後方の障害物を検知し、自動ブレーキが働き衝突を回避します。

●ハイビームアシスト
対向車や先行車を検知し、ロービームとハイビームを自動で切り替えます。


●誤発進抑制機能
前後のシフト誤操作発進をした際にもエンジン出力を抑え、衝突を回避します。

●車線逸脱警報機能
路上の区画線を検知して、車線のはみ出しをブザーで警告します。
ふらつき警報機能
眠気などによるふらつきが起きた場合にブザーでドライバーに注意を促します。

●先行車発進お知らせ機能
先行車が発進したにも関わらず、停車したままの場合にブザーでドライバーにお知らせします。

オプションで用意される先進技術

標準装備される「スズキセーフティサポート」に加え、全車に設定されるオプション「全方位モニター用カメラパッケージ」を装着することでさらに予防安全性を強化する、先進技術を追加することも可能です。

●ヘッドアップディスプレイ【全方位モニター用カメラパッケージ装着時】
速度やナビ情報などをフロントガラスに映し出すことで、ドライバーの視点移動や焦点移動を少なくし、事故防止に貢献します。

●標識認識機能(侵入禁止のみ)【全方位モニター用カメラパッケージ装着時】
進入禁止の標識を検知し、ヘッドアップディスプレイに表示し、逆走防止をサポートします。

●3Dビューカメラ【全方位モニター用カメラパッケージ装着時】
前後左右に設置されたカメラにより、見通しの悪い路地からの発進や駐車時の視覚サポートをします。
対応ナビゲーションを装着することで、自車とその周囲を俯瞰視点で確認することができます。

サポカーについてはこちら

新型スペーシアのグレード構成と車両価格一覧表

グレード名エンジン
パワートレイン
車両価格(税込み)
HYBRID G直3 660cc+モーター
CVT
133万〜145万円
HYBRID X直3 660cc+モーター
CVT
147万〜159万円

新型スペーシアはHYBRID GとHYBRID Xの二つのグレードで構成されます。
2つのグレードはパワートレインに違いはなく、装備の違いで車両価格が異なります。

新型スペーシアの各グレードの特徴と違い

HYBRID G

スズキ スペーシア HYBRID G シルキーシルバーメタリック

HYBRID Gはスペーシアのエントリーグレード。
エントリーグレードとはいえ、スズキセーフティーサポートやマイルドハイブリッドなどの基本メカニズムは共通ですので、上位グレードHYBRID Xとの違いは、ボディカラーや、内装色、快適装備の有無と、オプション選択肢がせばまる点が大きな差です。
HYBRID Gはブラック内装が固定され、ボディカラーもモノトーンの全10色のみ。
HYBRID Xの快適装備を省くことで、軽量な新型スペーシア HYBRID G 2WDの燃費性能は、スペーシア全グレード中最高のJC08モード30km/Lというクラストップレベル燃費性能を誇ります。

HYBRID X

スズキ スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック

HYBRID XはHYBRID Gに快適装備と、オプション装備の選択肢を追加したグレード。
用意される10種類のボディーカラーに加えて、そのうちの4色に「2トーンルーフパッケージ」がオプションとして設定されています。
ツールグリーンとピュアホワイトにはブラックルーフの2トンカラーが用意され、チアフルピンクとオフブルーにはホワイトルーフが用意されます。
モノトーンを選択した場合の内装色はブラックとベージュから選択できますが、「2トーンルーフパッケージ」をオプション設定した場合、ブラックルーフにはブラック内装が、ホワイトルーフにはベージュの内装が固定となります。

「アップグレードパッケージ」として、ロービームのオートレベリング機能付きのLEDヘッドライトとLEDポジションランプ、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、14インチアルミホイールがセットになったオプションも用意されます。

そしてHYBRID Xの目玉の1つが、天井に装備されるスリムサーキュレーター。
天井をつたうダクトから高速送風することで室内の空気の循環促し、前後席の温度差をなくすため効果を持つ軽自動車初となる装備。
広くなった新型スペーシア特有の弱点をカバーする画期的な快適装備が搭載されます。

新型スペーシアカスタムとは?

スズキ スペーシアカスタム HYBRID XSターボ ピュアホワイトパール

スペーシアをベースとして、鋭いヘッドライトに大型のグリルで挑発的なフロントマスク与えられたスペーシアカスタムは、可愛らしい印象のスペーシアとは対象的な圧倒的な存在感を与えられたモデルです。
専用のエアロパーツにリアスポイラーを装着し、随所にメッキパーツの装飾が加えられ高級感とスポーティテイストを演出する特別なスペーシアです。

新型スペーシアカスタムのグレード構成と車両価格一覧表

グレード名エンジン
パワートレイン
車両価格(税込み)
HYBRID GS直3 660cc+モーター
CVT
158万〜170万円
HYBRID XS直3 660cc+モーター
CVT
169万〜181万円
HYBRID XSターボ直3 660ccターボ+モーター
CVT
179万〜191万円

新型スペーシアカスタムはHYBRID GS、HYBRID XS、HYBRID XSターボの3グレードから構成されています。
HYBRID GS、HYBRID XSのパワートレインは同じでHYBRID XSターボのみ異なります。

新型スペーシアカスタムの各グレードの特徴と違い

HYBRID GS

スズキ スペーシアカスタム HYBRID GS ピュアホワイトパール

スペーシアカスタムHYBRID GSは、スペーシアのHYBRID Gに準ずるグレード。
HYBRID Gと同じく快適装備を省いたスペーシアカスタムのエントリーグレードです。
2トーンルーフの設定はありませんが、スペーシアカスタムのキャラクターに合わせたダークカラーをメインとした9種類のボディカラーが用意されます。
内装はブラック内装にブラックパールのインパネカラーパネルを組み合わせ、メーターも標準のスペーシアとは異なるタコメーター付きのカスタム専用のメーターが奢られます。

HYBRID XS

スズキ スペーシアカスタム HYBRID XS フェニックスレッドパール

HYBRID XSは、スペーシアHYBRID Xに準ずるグレードで、HYBRID Xに装備されるスリムサーキュレーターなどの充実した快適装備を備えています。
内装はブラック内装ですが、シートサイドの表皮にはレザー調の材質が使われ、赤いステッチで縫い合わされたスポーティなインテリアを備えています。
ボディカラーはブレイブカーキ、アクティブイエロー、フェニックスレッド、ピュアホワイト、ブリスクブルーの5色に、ブラックルーフと組み合わされる「2トーンルーフ」仕様オプションが用意され、車全体をシャープに見せるのに一役買っています。

HYBRID XSターボ

スズキ スペーシアカスタム HYBRID XSターボ アクティブイエロー

スペーシアカスタムHYBRID XSにスペーシアに用意される全ての装備を備えたうえで、ターボの追加により動力性能を飛躍的に高めたスペーシアカスタムの最上級グレードです。
ステアリング裏にパドルシフトレバーを追加され、シフトをマニュアルモードに切り替えれば、7段に区切られたCVTで積極的に低速ギアを選択したスポーティドライブを可能とします。
HYBRID XSターボだけに装備されるクルースコントロールシステムは、45〜100km/hの間の設定された速度をキープし、高速巡航の身体の疲労を低減させる装置。
自動ブレーキと連動したACC(アダブティブ・クルーズ・コントロール)ではありませんが、大容量室内空間の軽自動車ツアラーというポジションのHYBRID XSターボたらしめる装備でしょう。

ターボについてはこちら

新型スペーシアのおすすめグレードはHYBRID GとHYBRID XSターボ

最も安価なエントリーグレード スペーシア HYBRID G

最上級グレードのスペーシアカスタム HYBRID XSターボ

スペーシアカスタムを含む、新型スペーシアのおすすめグレードは、エントリーグレードのスペーシア HYBRID Gと、最上位グレードのスペーシアカスタム HYBRID XSターボを挙げます。

新型スペーシアのモデルチェンジのトピックは、拡大された室内空間、改良されたハイブリッドシステム、強化された予防安全装備です。
それらは全グレードに搭載されることから、最も安価なエントリーグレードでも、その恩恵は十分に受けられるという理由でスペーシア HYBRID Gを挙げます。

また、HYBRID Gには装備されない、ボディカラーや車内で快適に過ごすための装備は、それぞれが非常に上質なものであり、高価であっても魅力的な装備であるという理由から、全ての装備が整った最上級グレードのスペーシアカスタム HYBRID XSターボをおすすめします。

ただし、どちらのグレードにも77,760円の「全方位モニター用カメラパッケージ」オプションを選択し、最新鋭の軽トールワゴンの性能を体感していただきたいと思います。

スズキ スペーシア ライバル徹底比較の記事はこちらから

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!