初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽トールワゴン ライバル車徹底比較】スズキ新型スペーシアカスタム VS ダイハツ タントカスタム

「100の買う理由」を押し出して2017年12月に新型となったスペーシアカスタム! 対してスペース系の元祖と言われるダイハツ タントカスタムは同時期に一部改良が行われました。 互いにライバルである両車の内外装・スペックなどを徹底比較してご紹介していきます。

【新型スペーシアカスタムVSタントカスタム】徹底比較!

スズキ スペーシアカスタムとはどんな車?

スズキ 新型スペーシアカスタム

スズキ新型スペーシアカスタムの発売日

スズキ スペーシアカスタムとは、2013年3月にパレットの後継としてデビューしたスズキ スペーシアのスポーティモデルとして、同年6月に発売が開始されたモデルです。
2017年12月14日より、2代目となる新型スペーシア・スペーシアカスタムが発売を開始しました。

スズキ新型スペーシアカスタムの開発コンセプト

スズキ 新型スペーシアカスタムの開発コンセプトは、「圧倒的な迫力と存在感」。
従来のスペーシアとスペーシアカスタムの違いをさらに明確にしつつ、新しいスタイルの軽ハイトワゴンとして、普通車からの乗り換えユーザーの獲得を狙います。

スズキ新型スペーシアカスタムの特長

スズキ新型スペーシアカスタムの特長は、現在CMで強調されている「スペーシアカスタムを買う100の理由」がそのまま当てはまります。
100の理由の一部を抜粋してみましょう。

理由1. 低床&幅広スライドドアで、乗り降り快適
理由9. 軽初 後ろにも「ぶつからない安心」を生む、後退時ブレーキサポート
理由15. 軽量&高剛性のアンダーボディー構造、HEARTECT
理由21. 事故そのものを未然に防ぐために。スズキの予防安全技術
理由26. 4人乗車時も、スーツケース4個搭載の収納力
理由48. 低燃費に貢献する高効率な新アイドリングストップシステム
理由54. カラフルなボディーカラー
理由68. 全車マイルドハイブリッド標準装備
理由85. 紫外線と暑さをカットする、プレミアムUV&IRカットガラス

利便性、安全性が高く、環境にやさしく、外観も魅力的というスキのない軽自動車として、新型スペーシアカスタムは生まれ変わったのです。

ダイハツ タントカスタムとはどんな車?

ダイハツ タントカスタム RS”SAⅢ” ホワイトパールⅢ

ダイハツ タントカスタムの発売日

ダイハツ タントカスタムとは、2005年6月に発売され、ダイハツが製造・販売を行う軽トールワゴンです。
現行は3代目であり、直近の動きとしては2017年12月に一部改良モデルが販売を開始しています。

ダイハツ タントカスタムの開発コンセプト

タントカスタムの開発コンセプトは、「ゴージャス&グレート クルーザー」。
タントカスタムは、ダイハツ ムーヴ以上の広い居住空間を追求して生まれ、ベースとなるタントのフロントフェイスは「ゴージャス」に押し出しの強いデザインが施されています。

ダイハツ タントカスタムの特長

・2016年度 予防安全性能評価で最高ランク獲得
・NAとターボエンジンの2種類を用意
・衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシストⅢ」
・フロントデザインの高級感
・両側スライドドア(左側はピラーレス方式)
・室内高が高く居住性が優秀

スズキ 新型スペーシアカスタムとのダイハツ タントカスタム違いは?

両車とも「スペース系軽自動車のカスタムモデル」として、フロントの押し出しの強さは互いに負けていません。
スペーシアは元々タントの居住性に対抗すべく登場したスペース系なので、こちらもいい勝負です。
スペーシアカスタムは全車ハイブリッド仕様、さらに軽初の後退時ブレーキアシストを搭載したことで一歩先を踏んでいる印象があります。

【新型スペーシアカスタムVSタントカスタム】エクステリア(外装)

スズキ新型スペーシアカスタム

スズキ スペーシアカスタム HYBRID XS ブリスクブルーメタリック ブラック2トーンルーフ

新型スペーシアカスタムの外装は、フロントデザインがスペーシアとは大きく異なり、大型のグリルやシルバーメッキが上質感を演出し、フロントとリアに採用するLEDヘッドライトがスポーティな雰囲気と先進性を強調しています。
外装全体のコンセプトは、スーツケースをモチーフとしており、強さの表情があって乗員が守られる表現がされています。

ダイハツ タントカスタム

ダイハツ タントカスタム RS”SAⅢ” ブラックマイカメタリック

タントカスタムの外装は、若年層をターゲットにしており、鋭い眼光のLEDヘッドライトに派手なメッキ加飾、ゴツゴツとしたエアロスタイルが特徴です。
3代目のデザインは「2013年グッドデザイン金賞」を受賞しています。

【新型スペーシアカスタムVSタントカスタム】インテリア(内装)比較

スズキ新型スペーシアカスタム

スズキ スペーシアカスタム HYBRID XS インパネ

スズキ スペーシアカスタム HYBRID XS シート

スズキ新型スペーシアカスタムの内装は、ブラックを基調として、シフトノブやステアリングには本革を、シート表皮はレザー調を採用するなど、アグレッシブなデザインとなっています。
室内高は1410mmと、広々と室内空間を利用できる設計となっており、シートヒーター、リアエアサーキュレーターなど、前後の座席に快適感をもたらす装備が整っています。

ダイハツ タントカスタム

ダイハツ タントカスタム RS”SAⅢ” インパネ

ダイハツ タントカスタム RS”SAⅢ” シート

タントカスタムの内装は、スエード調のフルファブリックシートやインパネはブラックを基調としており、広い室内空間が引き締まって見える上質感が演出されています。
ピラーレスの「ミラクルオープンドア」を装備したことで、乗り降りのし易さはバツグンです。

【新型スペーシアカスタムVSタントカスタム】ボディサイズ比較

スズキ 新型スペーシアカスタムダイハツ タントカスタム
全長3,3953,395
全幅1,4751,475
全高1,7851,750
ホイールベース2,4602,490
車両重量850~920930
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

両車とも全長・全幅は同じ数値で、トール型の軽自動車なので、車高は高めです。
ホイールベースや車重はタントカスタムの方がわずかに数値が大きいことがわかりますが、見かけ上ではほとんど違いがありません。

【新型スペーシアカスタムVSタントカスタム】エンジンスペック・パワートレイン比較

スズキ スペーシアカスタムダイハツ タントカスタム
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ水冷直列3気筒DOHC12バルブICターボ
排気量660cc660cc
最高出力47[64PS]/6,00047[64PS]/6,000
最大トルク98[10.0kg・m]/3,00092[9.4kg・m]/3,000
モーター最高出力2.3[3.1PS]/1,000-
最大トルク50[5.1kg・m]/100-
トランスミッションCVTCVT
駆動方式4WD4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

軽自動車規格の比較なので、大きな数値の差はありませんが、タントカスタムの方はトルクがわずかにスペーシアカスタムより下回ります。
スペーシアカスタムはハイブリッドが標準仕様となっているので、総合的に見てもパワーが勝っています。

【新型スペーシアカスタムVSタントカスタム】燃費比較

スズキ 新型スペーシアカスタムダイハツ タントカスタム
JC08モード燃費28.224.6~28.0
実燃費14.5~20.314.9~16.6
[単位]km/L

燃費の違い

タントカスタムは全グレードを以ってしても、ハイブリッドシステムを備えるスペーシアカスタムには燃費性能では一歩及びませんでした。
実燃費を見ても、スペーシアカスタムの方が優秀な数値を出しています。
*実燃費は編集部調べ

【新型スペーシアカスタムVSタントカスタム】予防安全装備・先進技術比較

スペーシアカスタムタントカスタム
運転支援システム後退時ブレーキサポート
ハイビームアシスト
デュアルセンサーブレーキサポート
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行車発進お知らせ機能
リヤパーキングセンサー
スマートアシストⅢ
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
オートマチックハイビーム
先行車発進お知らせ機能
先進技術ヘッドアップディスプレイ
360°3Dビューカメラ
セーフティ・サポートナビ

予防安全装備・先進技術の違い

名前は違えど、誤発進抑制や車線逸脱機能などの予防安全技術はサポカーS<ワイド>に適合し、高評価の安全性を誇ります。
タントカスタムのセーフティ・サポートナビは、バック駐車時のガイド線や逆走警告など、漏れのない安全性を確保するために役立ちます。
スペーシアカスタムの後退時ブレーキサポートが一歩先を行っていますが、必須の安全技術として今後も他メーカーが追随することになるでしょう。

【新型スペーシアカスタムVSタントカスタム】ボディーカラー比較

スズキ スペーシアカスタムダイハツ タントカスタム
全14色(HYBRID GSは9色)全8色
アクティブイエロー
ムーンライトバイオレット
パールメタリック
フェニックスレッドパール
ブルーイッシュブラックパール
3ピュアホワイトパール
ブレイブカーキパール ブラック2トーンルーフ
ブリスクブルーメタリック
アクティブイエロ- ブラック2トーンルーフ
ブレイブカーキパール
フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ
アーバンブラウンパールメタリック
ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ
スチールシルバーメタリック
ブリスクブルーメタリック ブラック2トーンルーフ
メテオライトグレーイリュージョナルパール
ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック
ディープブルークリスタルマイカ
パールホワイトⅢ
ブライトシルバーメタリック
ファイアークォーツレッドメタリック
ブラックマイカメタリック
プラムブラウンクリスタルマイカ

ボディーカラー・ラインナップの違い

スペーシアカスタムはツートン有りの14色、タントカスタムはツートン無しの8色ということで、スペーシアカスタムの方がカラーバリエーションが多彩です。

【新型スペーシアカスタムVSタントカスタム】グレード構成比較

スズキ スペーシアカスタムタントカスタム
グレード数35
グレード名HYBRID GS
HYBRID XS
HYBRID XSターボ
X
X"SAⅢ"
X"トップエディションSAⅢ"
RS"SAⅢ"
RS"トップエディションSAⅢ"

グレード構成の違い

スペーシアカスタムは全てハイブリッド仕様、タントカスタムは「RS」グレードがターボ、それ以外がNAというラインナップです。

タントカスタムは装備の充実度によって「SAⅢ」「トップエディションSAⅢ」という分かれ方をしており、スマートアシストが標準装備であることや、スポーティスタイルの軽を存分に楽しむためにも、「SAⅢ」以上のグレードをおすすめします。

【新型スペーシアカスタムVSタントカスタム】新車車両価格比較

新車車両価格 比較
スペーシアカスタム151万~190万
タントカスタム152万~187万
[単位]円(消費税込み)

新車車両価格の違い

新車車両価格については、両車でピンからキリまでの価格帯がほとんど同等です。
安い方を選びたいという場合、価格よりも自分に合った装備や燃費性能で比較した方がいいでしょう。

【新型スペーシアカスタムVSタントカスタム】人気はどちらに?

2017年1月〜9月新車販売台数比較

スペーシアシリーズタントシリーズ
2017年1月7,83513,160
2017年2月10,92515,102
2017年3月15,04219,209
2017年4月7,45711,926
2017年5月7,747 9868
2017年6月8,75711,342
2017年7月8,17311,710
2017年8月6,6998,743
2017年9月9,57311,636
合計72,635 101,060
 

現在明らかとなっている1月から9月までの数値、さらにシリーズ単位の比較となってしまいますが、タントシリーズがスペーシアシリーズに大きく差をつけて販売台数を伸ばしています。
タントシリーズとスペーシアシリーズは、両車とも12月に新型がデビュー(タントシリーズは一部改良)しており、スペーシアの逆転は薄くとも、2017年全体を見たときに差は縮まっている可能性があります。

両車のライバル関係は今後も続いていくでしょう。

新型スペーシアカスタムの他のライバル車はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!