初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽トールワゴン ライバル車徹底比較】スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-WGN(Nワゴン)

2017年12月14日にモデルチェンジしたスズキ新型スペーシアは、可愛らしい外観と、より広くなった室内空間、さらに改良されたマイルドハイブリッドシステムにより、従来モデルより格段の進化を遂げた軽トールワゴンです。その向上した性能を、同じく型トールワゴンであるホンダ N-WGNをライバル車と設定して徹底比較していきます。

【スペーシア VS N-WGN(Nワゴン)】徹底比較!

新型スペーシアとはどんな車?

新型スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ

新型スペーシアの発売日

2017年12月14日にモデルチェンジを果たしたスズキ新型スペーシアは、全面的な改良が施され、2代目へと進化しました。
新規プラットフォームの採用と、改良されたハイブリッドシステム、より機能向上した予防安全装備を搭載し、大きく性能を向上させたトールワゴンです。

新型スペーシアの開発コンセプト

新型スペーシアは、開発コンセプトは使う人に「ワクワク」と「楽しさ」を与えること。
「わが家のワクワクマシーン」というキャッチコピーがつけられ、家族や仲間と楽しく使える型トールワゴンを目標に開発されました。
先代スペーシアの広く快適な室内空間を継承しつつ、走行性能と安全性、環境性能を大きく底上げした新型車です。

新型スペーシアの特徴

・高剛性、軽量化、衝突安全性の向上と、低床化による室内空間の拡大を、新型プラットフォームにより実現。
・快適性と利便性の向上を追求した、高いパッケージング・レイアウト。
・スーツケースをデザインモチーフとした、個性的かつ遊び心溢れる外観。
・運転する人だけでなく、後席の人にまで徹底的に配慮された快適装備。
・より安全になったスズキセーフティ・サポートと、数々の軽自動車初となる先進安全技術の採用。
・モーターのみで走行できるようになり、走行性能と燃費性能を強化したマイルドハイブリッドシステム。

N-WGNとはどんな車?

N-WGN G・Lパッケージ ブリティッシュグリーン・パール

N-WGNの発売日

N-WGNはホンダが2013年11月22日より販売している軽トールワゴンです。
現在5車種が販売されているホンダ「N」シリーズの「N」とは、New、Next、Nippon、Norimonoのコンセプトを、頭文字の「N」に集約したモデルラインナップ。
N-WGNはNシリーズのワゴンボディという位置づけが与えられています。
2016年6月のマイナーチェンジではフロントグリルのデザインの変更を受けるなど、細かな年次改良が施され、現在に至ります。

N-WGNの開発コンセプト

ホンダ「N」シリーズの第4弾のモデルとして投入されたN-WGNは軽自動車のコンセプトは「新しいベーシック」。
居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りの全ての要素を高い次元で両立させた、軽自動車の新たなスタンダードとなるべく開発されました。

N-WGNの特徴

・安心感と存在感を追求した外観デザイン。
・クラスを越えた質感と広さを追求した内装デザイン。
・快適な居住空間と便利なカーゴスペース性を高いレベルで両立したパッケージング。
・トップレベルのパワーと低燃費を実現するエンジン
・予防安全性能評価「ASV+」を獲得する充実した安全装備。

新型スペーシアとN-WGNの違いは?

スペーシアとN-WGNは、同じく頭上空間の快適性を増した軽トールワゴンに分類されますが、その立ち位置は明確に違います。
N-WGNはスペーシアよりも全高を抑え、車としてのトータルバランスを重視した車。
スペーシアはN-WGNに対して、広い室内空間と乗り降りしやすいスライドドアを備え、快適性と利便性に特化した車です。
それらを踏まえた上で、さらに両車の詳細を比較していきます。

【スペーシア VS N-WGN(Nワゴン)】エクステリア(外装)比較

新型スペーシア

新型スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック

新型スペーシアの外観は、軽自動車の寸法規格を最大限に活かすべく、四隅まで張り出したBOX形状のデザインへと改められました。
スーツケースをデザインモチーフにし、ドアのプレスラインまでスーツケースの凸凹を意識されて造りこまれたデザインは、たくさんの荷物を積んで、どこかへ出かけたくなるようなワクワク感をイメージしています。

N-WGN

N-WGNの外観はシャープなラインで構成された近未来的なデザインが与えられます。
印象的なリアクォーターピラーのデザインは、車全体を伸びやかに見せ、どうしても他のライバル車と似た外観になってしまう軽トールワゴンの中にあって、N-WGNたらしめる特徴となっています。
オプションで「リアクォーターピラーガーニッシュイルミネーション」が用意され、スモールライトと連動して、リアクォーターに「N」の文字を浮かび上がらせるこだわりのアイテムです。

リアクォーターピラーガーニッシュイルミネーション

【スペーシア VS N-WGN(Nワゴン)】インテリア(内装)比較

新型スペーシア

HYBRID X 全方位モニター用カメラパッケージ装着車 ブラック内装

HYBRID X ベージュ内装

四隅まで張り出したBOX形状の外観に合わせて、目一杯広げられた新型スペーシアの室内空間は開放感溢れるゆとりある設計がなされています。
外観のデザイン同様、インテリアにもスーツケースを模したデザインが散りばめられ、遊び心ある空間がさらなるワクワク感を誘います。
その上、風量調整機能付エアコンルーバーやスリムサーキュレーターの採用により、拡大された室内全体の空調を整えるなど、乗る人全員に配慮した心配りもスペーシアのインテリアの特徴です。

N-WGN

N-WGN・G ブラウン×ベージュ内装

N-WGN・G ブラウン×ベージュ内装

ホンダの車は「メカは小さく、人のための空間は大きく取る」M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想にもとづき設計されます。
パワートレーンはコンパクトに収め、通常は後部座席下に置かれる燃料タンクを前席したに配置したセンタータンクレイアウトにより、大人4人がゆったりと座れる室内空間と、クラストップレベル収納性を実現しています。
インパネデザインは、新型スペーシアに比べれば保守的とはいえるものの、高いクオリティを備えつつ、誰もが安心して使える機能美ともいえるデザインが与えられます。

【スペーシア VS N-WGN(Nワゴン)】ボディサイズ比較

スペーシアN-WGN
全長3,3953,395
全幅1,4751,475
全高1,7851,655
1,675(4WD)
ホイールベース2,4602,520
車両重量870〜920830〜890
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

新型スペーシアとN-WGNのボディサイズを比べると、スペーシアの方が全高が高い分だけ頭上空間に余裕があり、快適な室内空間を備えています。
N-WGNは、ホンダの軽自動車ラインナップの中で、よりコンパクトなN-ONEと、スペース効率を最優先させたN-BOXの間を埋める位置づけとなっています。

【スペーシア VS N-WGN(Nワゴン)】エンジンスペック・パワートレイン比較

新型スペーシアN-WGN
NAエンジン
N-WGN
ターボエンジン
エンジン種類直列3気筒DOHC
マイルドハイブリッド
直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC
排気量660cc660cc660cc
最高出力38[52]/6,50043[58]/7,30047[64]/6,000
最大トルク60[6.1]/4,00065[6.6]/4,700104[10.6]/2,600
モーター最高出力2.3[3.1]/1,000--
最大トルク50[5.1]/100--
トランスミッションCVTCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

新型スペーシアには、拡大されたボディを引っ張るために、改良されたマイルドハイブリッドシステム「S-エネチャージ」が搭載されます。
駆動アシストモーターと発電機が一体となったマイルドハイブリッドシステムは出力向上が図られ、エンジンを始動しなくともクリープ走行が可能となり、市街地や渋滞時の運転でその真価を発揮することでしょう。
バッテリーも大容量のリチウムイオンバッテリーへと変更され、アシスト速度領域の拡大と、最長30秒間だけ使える「パワーモード」が追加され、走行性能の強化が図られています。

N-WGNのパワートレーンは、ホンダがレースで培った技術を応用したNAエンジンとターボエンジンの2種類が用意されます。
NAエンジンにはホンダの軽自動車で初採用となる、ナトリウム封入バルブの採用とツインインジェクションシステムが導入され、11.8というかつてのレーシングエンジン並の高圧縮比が可能となりました。
これにより高い燃焼効率を実現したクラストップレベルのNAエンジンが搭載されます。
ターボエンジンは、電動ウェイストゲートの採用により緻密に過給圧がコントロールされるターボエンジンは、リッターカー並のトルクと、NAエンジン同等のレスポンスを持たせたエンジンです。
低回転から大きなトルクを発生させるターボエンジンは、4人乗車でも余裕の加速をみせます。

【スペーシア VS N-WGN(Nワゴン)】燃費比較

新型スペーシアN-WGN
NAエンジン
N-WGN
ターボエンジン
JC08モード燃費26.4〜30.026.2〜29.424.2〜26.0
実燃費---
[単位]km/L

燃費の違い

スペーシアに搭載されるマイルドハイブリッドシステム「S-エネチャージ」は、通常走行時の無駄なエネルギーを電気として蓄え、必要なときにだけモーターを駆動させることでエンジンの稼働率を下げ、燃費を向上させるシステムです。
発電機と一体になった駆動アシストモーターは、本格的なハイブリッドほど大掛かりな機構を必要とせず、軽量に仕上げることができるため、小さな車体の軽自動車に最適なハイブリッドシステムです。

N-WGNは、ホンダのレーシングエンジンの技術を応用し、熱効率を高めた高圧縮エンジンで、燃費向上を図ります。
軽量かつ空気抵抗が少ない車体は、ガソリンエンジンのみでマイルドハイブリッドを搭載するスペーシアと互角の燃費性能を誇ります。

【スペーシア VS N-WGN(Nワゴン)】予防安全装備・先進技術比較

新型スペーシアN-WGN
予防安全装備デュアルセンサーブレーキサポート
後退時ブレーキサポート
ハイビームアシスト
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
リヤパーキングセンサー
低速域衝突軽減ブレーキ
誤発進抑制機能
先進技術ヘッドアップディスプレイ
先行車発進お知らせ機能
3Dビューカメラ
標識認識機能(侵入禁止のみ)
-

予防安全装備・先進技術の違い

予防安全性能に関しては、モデルチェンジしたばかりのスペーシアに軍配が上がります。
新型スペーシアは、政府が推奨する交通事故の発生防止・被害軽減対策コンセプトの「セーフティ・サポートカーS ワイド」に対応し、対物対人自動ブレーキ、左遷逸脱警報、オートハイビーム、誤発進抑制機能に加え、軽自動車初となる後退時の自動ブレーキを全車に備えます。
さらに先進技術として、運転中の視線移動を減らすためのフロントガラス投影式ヘッドマウントディスプレイ、自車とその周囲を俯瞰視点で見ることができる3Dビューモニターをオプション装着することができます。

N-WGNはオプションで選択できる「セーフティ・サポートカーS ベーシック」の対応にとどまり、低速域での衝突軽減ブレーキ、ペダルの踏み間違いによる誤発進抑制機能を搭載した「シティブレーキアクティブシステム」を搭載。
N-BOXなどに搭載される先進自動運転技術「Honda SENSING」の導入が待たれます。

【スペーシア VS N-WGN(Nワゴン)】ボディーカラー比較

スズキ 新型スペーシアダイハツ ムーヴキャンバス
ラインナップ数モノトーン:10色
ツートーン:4色
モノトーン:9色
ストライプ:8色
ボディカラー・ツールグリーンパールメタリック
・オフブルーメタリック
・チアフルピンクメタリック
・ピュアホワイトパール
・ブルーイッシュブラックパール3
・フェニックスレッドパール
・シフォンアイボリーメタリック
・シルキーシルバーメタリック
・アーバンブラウンパールメタリック
・ブリスクブルーメタリック

・オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ
・チアフルピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ
・ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ
・ツールグリーンパールメタリック ブラック2トーンルーフ
・ファインミントメタリック
・スムースグレーマイカメタリック
・ナチュラルベージュマイカメタリック
・ライトローズマイカメタリックⅡ
・シルキーブルーパール
・パールホワイトⅢ
・ファイアークォーツレッドメタリック
・プラムブラウンクリスタルマイカ
・ブラックマイカメタリック

・パールホワイトⅢ×ファインミントメタリック
・パールホワイトⅢ×スムースグレーマイカメタリック
・パールホワイトⅢ×ナチュラルベージュマイカメタリック
・パールホワイトⅢ×ライトローズマイカメタリックⅡ
・パールホワイトⅢ×シルキーブルーパール
・スムースグレーマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック
・スムースグレーマイカメタリック×プラムブラウンクリスタルマイカ
・スムースグレーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック

ボディーカラー・ラインナップの違い

スペーシアのボディカラーは、その可愛らしい外観に合わせたパステルカラーのラインナップが充実しています。
上級グレードのHYBRID Xは一部カラーと、ブラックとホワイトのカラールーフを組み合わせが可能。
スペーシアのワクワク感が増す、よりポップな印象に仕上げることができます。

N-WGNはグレードにより選べるカラーリングが大きく違います。
エントリーモデルの「C」はホワイト、ブラック、シルバーの三色のみの設定。
上級グレード「G」には8色のラインナップが用意されますが、プレミアムカラーは32,400円のオプションカラーとなります。

【スペーシア VS N-WGN(Nワゴン)】グレード構成比較

新型スペーシアN-WGN
グレード数26
グレード名G
X
C
G
G・Lパッケージ
G・SSパッケージ
G・SSコンフォートパッケージ
G ターボパッケージ

グレード構成の違い

新型スペーシアのグレード構成は、べースグレードの「G」と充実装備とオプション選択の範囲が広がった「X」のシンプルな2種類です。
全車にマイルドハイブリッドシステム「S-エネチャージ」と予防安全装備「スズキ・セーフティサポート」が搭載されます。

N-WGNも同じくエントリーグレードの「C」、スタンダードモデルの「G」の2系統で構成されますが、「G」をベースとして快適・便利装備を備えた「G・Lパッケージ」、安全装備を搭載した「G・SSパッケージ」、快適装備と安全装備の両方を合わせ持った「G・SSコンフォートパッケージ」、それにターボエンジンを搭載した「G ターボパッケージ」の合わせた全6種類のグレード構成となっています。

【スペーシア VS N-WGN(Nワゴン)】新車車両価格比較

新型スペーシアN-WGN
新車車両価格(税込)127万~159万円109万〜145万円

新車車両価格の違い

両車の車両価格を比べると、新型スペーシアの方が高くなりますが、快適な室内空間と先進の省燃費、予防安全装備を備えるスペーシアの127万~159万円という価格設定はお買い得といえるでしょう。

N-WGNの車体は、スタンダードな軽自動車として優れた性能を持っています。
唯一、予防安全装備への対応が遅れているのは、近いうちにモデルチェンジが計画されているためと思われます。
次期N-WGNにはホンダの自動運転技術「Honda SENSING」が搭載され、軽自動車市場における、さらに新しいベーシックになると予想できます。

【スペーシア VS N-WGN(Nワゴン)】人気はどちらに?

初代スペーシアN-WGN
1〜11月新車販売台数96,00670,642

2017年1月〜11月新車販売台数比較

発売したばかりの新型スペーシアの現在までの販売台数は発表されていないため、N-WGNと同時期に販売されていた初代スペーシアと販売台数を比較します。
背高で使い勝手の良い軽自動車に人気が集まっているため、初代スペーシアの方が販売台数はリードしています。
新型スペーシアは、初代スペーシアのコンセプトをさらに発展させたニューモデル。
月間販売台数12,000台を目標として、今後の軽トールワゴンカテゴリーの売上台数上位に食い込むことは間違いないでしょう。

型スペーシアVSライバル車徹底比較の記事はこちらから

愛車の査定はライブオークション
「カープライス」で簡単に高く売る新時代へ!

おすすめポイント4点!

  • WEBのライブオークション最大800社が入札
  • 2018年、ついに全国展開した新サービス
  • ラスト1分が勝負!?愛車の価格がリアルタイムでグングン競り上がる
  • 安心の三井物産グループ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す