MOBY

走行距離だけじゃない!中古車購入時の注意点5つ!

中古車を購入しようと思ったら、まず気になってくるのが走行距離。走行距離が短い車ほど買う価値があるように感じますが、実は確認すべき項目は他にもあります。失敗しないためにも、どんな条件の車を選べばいいか購入前にチェックしましょう!

走行距離で中古車の価値は計れる?

中古車を購入する際、最も気になる項目のひとつが走行距離でしょう。
一般的に走行距離が長いほど、価格は下がっていきます。
走行距離が長いということは、それだけ部品も消耗しているということですから、当然と言えます。

実際、買取店では5万kmを超えるかどうかで買取額に差が出ます。当然、それが後の中古車の販売価格に反映されるというわけです。

出典:http://www.carsensor.net/

ちなみに、中古車の相場として価格が下がりやすいのは、5万km、10万kmだと言われています。この走行距離を目安に、中古車の相場が大きく変わると言われていて、4万kmと5.5万kmの車、8.5万kmと10.5万kmの中古車では、大きな価格差が出ている可能性があります。

出典:http://www.kuruma-sitadori.com/

やはり、走行距離は中古車の価値を決める重要な要素になっているようです。
しかし、一概に走行距離が短い車を選べば良いかというと、そうではありません。
走行距離だけを判断材料にすると、実はリスキーなこともたくさんあります。

走行距離が短いほうが良いのは間違いありませんが、その他に必ずチェックしたい項目を見てみましょう。

1. きちんとメンテナンスされているか

どんなに走行距離が短くても、メンテナンスがしっかり行われていなかった車を選ぶのは危険です。
乗っていない期間、悪条件下で放置されていた、なんてこともありえます。
また、走らせていない間にも中の部品は劣化していきますから、定期的に点検や修理が必要なのです。
以前のオーナーがどのように保管していたか、そして販売店でも整備を行っていたかどうかを、チェックすることが、何よりも重要です。

定期的な点検整備が行われた5万2000kmの車と、一度もエンジンオイルが替えられていない4万2000kmの車とでは、5万2000kmのほうが調子が良いかもしれません。

出典:http://www.carsensor.net/

一度もエンジンオイルを替えていないオーナーなら、扱い方も乱暴だったかもしれませんし、そうであれば内装も汚れているかもしれません。

出典:http://www.carsensor.net/

走行距離より、安さより、まずは整備点検記録簿などでメンテナンス状況を、さらには実車を見て内外装の傷み具合を確認するようにしましょう。
その上で、5万kmや10万kmを超えたというだけで安いのであれば、お買い得です。

出典:http://www.carsensor.net/

2. 走行距離が短すぎないか

びっくりするかもしれませんが、走行距離が短すぎると、それはそれでリスクになります。
定期的にエンジンがかかっていない車は、劣化しやすいのです。

基本的に車の年間走行距離の平均は1万km程だと言われています。これ以上極端に少ない場合も、多い場合もあまり中古車の状態としては良くないと考えられています。

出典:http://www.kuruma-sitadori.com/

例えば新車販売時から8年落ちで、3万kmしか走っていない場合、前オーナーの車の使用方法としては、ご近所への買い物や、日曜だけの利用などに限られていた可能性があります。この場合、「車に乗って、エンジンが温まる前に降りる・・・」と言う乗り方を繰り返していた場合があり、一見走行距離が少なくて良いように思えますが、車には負担がかかっている場合もあるのです。

出典:http://www.kuruma-sitadori.com/

1ヶ月では800キロちょっとというところですね。
5年で5万キロ、8年で8万キロ前後なら問題ないわけです。

出典:http://chukosya-z.info/

こういった車は、購入後にちょっと走ると、いろんな所の消耗品の寿命が一気にきて、思わぬお金がかかるケースもあるのです。

出典:http://chukosya-z.info/

年式のわりに走行距離が少ない車は、「整備記録簿」「メンテナンスノート」「お店の人に聞く」などして、整備してるか、消耗品はどの程度交換してあるか確認したほうがいいと思います。

出典:http://chukosya-z.info/

3. 年式とグレードはどうなのか

いくら走行距離が短くて初期費用の安い車を手に入れても、維持費が高ければ良い買い物とは言えません。

中古車は年式やグレードによって、その性能が全く異なります。
従って、同じモデルでも車検や税金はもちろんですが、燃費の程度も確認しておきたいところです。

近年はハイブリッドカーも販売台数を伸ばし、ドライバーは燃費を重視する傾向が強くなっていますね。

そこでチェックしたいのは、燃費性能です。
これは、車種にもよりますが、新しいモデルほど改良されていますから、年式の高さも重要になるのです。
どこのメーカーも、燃費性能の向上については躍起になって取り組んでいますから、近年に発売された車ほど、燃費が良いものが多いです。

ガソリン代が心配な人は、最初から燃費の良さを謳う車種を選ぶのもアリでしょう。

また、グレードや年式で装備されている安全装置の性能やその他機能が異なる場合もありますので、予め調べておくと良いでしょう。

特に燃費の良い車種の中古車が探せます。

4. リコール情報をチェック

出典:http://www.mlit.go.jp/

中古車を購入する際に注意しておくべき点としては、「リコール情報」です。

テレビや新聞などで大きく報道されるリコール問題もありますが、報道されない小さなリコールを含めると、リコール件数は国産車だけでも年間で900万台を超える程あります。

現在の自動車は数万といわれる部品から組み立てられており、その大半は様々な下請け会社や中小企業、海外の企業などがそれぞれ役割分担しながら製造しています。

従って、100%完璧な車を製造することは非常に難易度が高いこととなっており、品質の高い国産車でも車種にもよりますが、リコールを多発しているものもあります。

そのため、購入しようとしている中古車がリコール対象となっている可能性は、十分にあり得ることです。

購入前に買おうとしている車両がリコール対象かはしっかりチェックしておきましょう。

5. 事故車や水没車でないかチェック

出典:http://willpower5.namjai.cc/

購入する中古車が事故車であるかどうかの確認が必要です。

事故車を購入するメリットとしては、「安く購入できること」「気兼ねなく乗り潰せる」といった点があります。
デメリットとしては、「安全性に問題があるかもしれないこと」「故障が起こりやすいかもしれないこと」「保証が無いとこわい」といった点です。

もし、事故車を購入される場合は、このようなメリットデメリットを理解した上で購入するか検討しましょう。

また、近年は津波や洪水等の被害が多きくなってきており、そこで水没してしまった走行に支障が無い車両等が、クリーニングなどを施しただけで市場に出回ることがあります。

しかし現時点で問題なくても、乗り続けるにつれ、電装関係に支障が出たり、エンジン不調や始動不良になったりと、大きなトラブルになる可能性はかなり高い車両となります。

まれに冠水歴のある車が低価格で販売されていたりしますが、おすすめできません。

異常に安い中古車等を見かけたりした場合は、冠水歴か無いか等、チェックしておきましょう。

賢く高品質な中古車を手に入れよう!

出典:http://www.janglo.net/

いかがでしたでしょうか?
中古車を買う際に走行距離の短い車を選ぶことは重要ですが、それだけでは失敗するリスクもあるのです。

まず第一にメンテナンスがしっかりしているどうか、そして、購入後の維持費がどのくらいかかるのかも確認してみると良いでしょう。

中古車購入は安い買い物ではありませんので、賢くお気に入りの一台を入手してくださいね!

中古車を買う前に現在の愛車の下取り価格が知りたい方はこちらをチェック

└→車の買い取り査定サービス

人気の中古車に関する記事はこちら

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す