初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽トールワゴン ライバル車徹底比較】スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ

スズキ スペーシアが2017年12月にフルモデルチェンジ!新型スペーシアのライバル車種として、日産で最も売れている軽自動車「デイズ」を取り上げ比較します。新型スペーシアと日産 デイズの内外装・スペック・燃費などの違いは?

【スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ】徹底比較!

スズキ スペーシアとはどんな車?

スズキ 新型スペーシア

スズキ スペーシアの発売日

スズキ スペーシアとは、2013年3月にパレットの後継としてデビューした軽ハイトワゴンです。
2017年12月14日より2代目となる新型スペーシアと、スポーティモデルである新型スペーシアカスタムが発売を開始しました。

スズキ スペーシアの開発コンセプト

スズキ新型スペーシアは、「見ているだけで、みんなでお出かけしたくなるクルマ」として、「わくわく」と「楽しさ」を追求して開発されました。
従来のスペーシアとスペーシアの違いをさらに明確にしつつ、安全で快適な、そして何よりも楽しく乗れる新しいスタイルの軽ハイトワゴンとして、普通車からの乗り換えユーザーの獲得を狙います。

スズキ スペーシアの特長

・スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用
・衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」搭載
・ 軽自動車で初めて後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を採用
・ 周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を軽自動車で初採用
・ フロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイを軽自動車で初めて採用
・ 経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当
・ 軽量で高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」
・ 発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車に搭載し、30.0km/Lの低燃費を達成
・ 低床とスライドドアの開口部を拡張
・ ボディーカラーのバリエーションが豊富

日産 デイズとはどんな車?

日産 デイズ

日産 デイズの発売日

日産 デイズとは日産と三菱自動車の合弁会社NMKVが開発した車です。
三菱が製造、日産が販売を行い、2013年6月から発売した軽トールワゴンです。

デイズは三菱の3代目eKシリーズの共同開発車であり、三菱側からは「eKワゴン」として販売され、デイズとは外装の意匠が少し異なる程度の違いしかありません。
モデルチェンジはまだされておらず、2015年にマイナーチェンジおよび2017年1月に一部改良が実施されています。

日産 デイズの開発コンセプト

日産 デイズの開発コンセプトは、「毎日を、昨日までと違う楽しい日々に変えていく」です。
日産が初期段階から携わったそのデザインから感じるワクワク感や、ユーザーの生活を楽しく、便利に彩るためのコンテンツを盛り込んでいるからこそのコンセプトです。

日産 デイズの特長

・アラウンドビューモニター搭載
・「スーパーUVカットガラス(フロントドア)」を日産車として初採用
・視認性に優れた大型スピードメーター
・ポジショニングが最適化された収納スペース
・燃費に貢献するアイドリングストップシステム標準装備(S/Xグレード)
・NAエンジンのみのラインナップ

スズキ新型スペーシアとの日産 デイズ違いは?

日産 デイズと比べるとスズキ スペーシアの方が背は高く、いわゆる「スペース系」ということで、車内空間が広い設計となっています。
また、スペーシアは丸みのあるポップな雰囲気がありますが、デイズはルーフからフロントにかけたなだらかなラインとスッキリとした顔立ちが特徴です。
大きな違いを挙げると、スペーシアは全車ハイブリッド仕様、さらに軽初の後退時ブレーキアシストを搭載しており、先進性はスペーシアに分があります。

【スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ】エクステリア(外装)比較

スズキ新型スペーシア

スズキ スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック

スズキ スペーシア HYBRID X シフォンアイボリーメタリック

新型スペーシアの外装は、直感的に「広さ」を感じさせるシンプルかつ個性的なデザインです。
スクエアデザインでありながら、ヘッドライトなどに丸みのあるパーツを採用することで、親しみやすさや愛らしさが演出されています。
新型スペーシアの外装全体のコンセプトは、スーツケースをモチーフとしており、あちこち出かけたくなるようなデザインかつ、乗員の安全を守る思いが込められています。

日産 デイズ

日産 デイズ X レモンライム

日産 デイズ X オーシャンブルー

日産 デイズ X ブラック

日産 デイズの外装デザインは、日産が軽自動車で初めて企画段階から携わり、コンペの末に三菱案が採用されたというエピソードがあります。
大きめのヘッドライトに控えめなメッキモールという、非常にシンプルでスッキリとしたフロントフェイスには親近感を沸かせる雰囲気があり、女性はもちろん、あらゆるユーザーに愛される顔立ちをしています。

【スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ】インテリア(内装)比較

スズキ新型スペーシア

スズキ スペーシア HYBRID X インパネ

スズキ スペーシア HYBRID X シート

スズキ スペーシア HYBRID X シート

スズキ新型スペーシアの内装は、アイボリー調のゆったりした快適な居住性を重視した設計となっています。
外観からのイメージ通り天井が高く、四隅までスペースを惜しみなく使った室内空間や、背もたれの柔らかいリアシートなど、乗る人を気遣う温かみのある作りに、インパネ周りの先進的で「ワクワク感」を意識したデザインが特徴です。

日産 デイズ

日産 デイズ X 内装

日産 デイズの内装は、外観から見たイメージよりも天井が高い設計となっており、収納スペースの多さが最大の特徴です。
上質感のあるシート素材やインパネ周り、直感的に操作のしやすい大きめのセンターコンソールなど、ユーザーへの気配りを感じさせます。

【スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ】ボディサイズ比較

スズキ 新型スペーシア日産 デイズ
全長3,3953,395
全幅1,4751,475
全高1,7851,620
ホイールベース2,4602,430
車両重量850~920820~900
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

車高はスペーシアが100mm以上高く、軽自動車ではこの差の開きは大きい方だと言えるでしょう。
日産 デイズの方が20~30kg軽量で、軽自動車規格でもかなり軽い部類に入ります。

【スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ】エンジンスペック・パワートレイン比較

スズキ スペーシア日産 デイズ
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ水冷直列3気筒DOHC
排気量660cc660cc
最高出力47[64PS]/6,00036 kW(49 PS)/6500
最大トルク98[10.0kg・m]/3,00059 N・m(6.0 kgf・m)/5000
モーター最高出力2.3[3.1PS]/1,000-
最大トルク50[5.1kg・m]/100-
トランスミッションCVTCVT
駆動方式4WD4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

軽自動車規格内の比較ですが、日産 デイズはNAエンジンのみの設定なので、パワーはスペーシアに大きく劣ります。
スズキ スペーシアはハイブリッドが標準仕様となっているので、プラスのアシストパワーが活躍するシーンが多いでしょう。

【スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ】燃費比較

スズキ 新型スペーシア日産 デイズ(NA)
JC08モード燃費26.4~30.021.8~25.8
実燃費14.5~20.314.4~17.5
[単位]km/L

燃費の違い

ハイブリッドを搭載するスズキ スペーシアの方が燃費は勝っています。
日産 デイズはNAのみですが、軽量かつアイドリングストップシステムが影響しており燃費はなかなか優秀です。
デイズはコスパのいい車だと言えるでしょう。
*実燃費は編集部調べ

【スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ】予防安全装備・先進技術比較

スペーシア日産 デイズ
運転支援システム・後退時ブレーキサポート
・ハイビームアシスト
・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・リヤパーキングセンサー
・エマージェンシーブレーキ
・踏み間違い衝突防止アシスト
・セーフティシールド
・ハイビームアシスト
先進技術・ヘッドアップディスプレイ
・360°3Dビューカメラ
・アラウンドビューモニター

予防安全装備・先進技術の違い

スズキ新型スペーシアの後退時ブレーキサポートも画期的ですが、日産のセーフティシールドという「クルマが人を守る」高度で積極的な安全の考え方に基づく技術開発が進んでいます。

また、デイズはスペーシアが備えている「360°3Dビューカメラ」に該当する「アラウンドビューモニター」を搭載し、両車ともサイズの小さい軽自動車であろうとも気の抜かない安全性を誇ります。

【スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ】ボディーカラー比較

スズキ スペーシア日産 デイズ
全14色全14色(HYBRID Gには2トーンルーフの設定はありません)
・ツールグリーンパールメタリック
・オフブルーメタリック
・チアフルピンクメタリック
・フェニックスレッドパール
・ブルーイッシュブラックパール
・3ピュアホワイトパール
・シフォンアイボリーメタリック
・シルキーシルバーメタリック
・ブリスクブルーメタリック
・ツールグリーンパールメタリック ブラック2トーンルーフ
・オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ
・チアフルピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ
・ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ
・モカブラウン
・スパークリングレッド
・スカーレット(ハイウェイスター専用色)
・プレミアムサンシャインオレンジ
・オーシャンブルー(ハイウェイスター専用色)
・プレミアムパープル
・チタニウムグレー
・ブラック(J,S,X専用色)
・レモンライム(J,S,X専用色)
・ブロッサムピンク(J,S,X専用色)
・アイスブルー(J,S,X専用色)
・クールシルバー(J,S,X専用色)
・ホワイトパール(X,ハイウェイスター専用色)
・ホワイト(J,S専用色)

ボディーカラー・ラインナップの違い

新型スペーシアはツートンカラーを含み、軽自動車でもカラーバリエーションが多彩です。
デイズにツートンカラーは用意されていませんが、単色のみで14色を揃えています。

【スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ】グレード構成比較

スズキ 新型スペーシア日産 デイズ
グレード数23
グレード名HYBRID G
HYBRID X
J
S
X
ハイウェイスターX
ハイウェイスターG
ハイウェイスターGターボ

グレード構成の違い

デイズには上級グレードの「ハイウェイスター」があるため、スペーシアより選択肢は多くなっています。
また今回はご紹介していませんが、AUTECH(オーテック)によるカスタムモデル「ボレロ」「ライダー」も合わせれば、デイズのラインナップは大変豊富と言えるでしょう。

両車とも装備の違いによってグレードを選択することになります。
スペーシアは全グレードハイブリッド標準装備で安全装備も充実していますが、デイズの場合は安全装備が充実したSまたはXグレードを購入することをおすすめします。

【スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ】新車車両価格比較

新車車両価格 比較
スペーシア124万~160万
日産 デイズ114万~162万
[単位]円(消費税込み)

新車車両価格の違い

新車車両価格については、日産 デイズの最低価格がスペーシアよりも低く設定されていますが、上級グレードのハイウェイスターまで含めると最高価格はほぼ同じです。
最低価格の差はハイブリッドシステムの有無だと考えるのが妥当です。

デイズはJとXの価格差が少ないため、コンテンツの充実したグレードを購入しやすいメリットがあります。

【スズキ新型スペーシア VS 日産 デイズ】人気はどちらに?

2017年1月〜9月新車販売台数比較

スペーシアシリーズ デイズシリーズ
2017年1月7,835台11,363台
2017年2月10,925台16,093台
2017年3月15,042台18,923台
2017年4月7,457台9,193台
2017年5月7,747台 10,198台
2017年6月8,757台10,937 台
2017年7月8,173台 12,137台
2017年8月6,699台9,644台
2017年9月9,573台15,153台
合計72,635台 98,488台

現在明らかとなっている1月から9月までの数値、さらにシリーズ単位の比較となってしまいますが、デイズシリーズの方がスペーシアシリーズよりも販売台数を伸ばしています。

2016年の三菱自動車の燃費不正問題によってイメージダウンが回避できなかったデイズですが、日産で最も売れた軽として未だ勢力は衰えないようです。
しかし、スペーシアの12月のフルモデルチェンジによって売上が伸びることを考慮すると、2017年全体で見た場合、結果はどうなるかわかりません。

スズキ新型スペーシアとライバル車の比較記事はこちら

愛車の査定はライブオークション
「カープライス」で簡単に高く売る新時代へ!

おすすめポイント4点!

  • WEBのライブオークション最大800社が入札
  • 2018年、ついに全国展開した新サービス
  • ラスト1分が勝負!?愛車の価格がリアルタイムでグングン競り上がる
  • 安心の三井物産グループ