初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ】モビリティサービス専用EV「e-パレット コンセプト」を発表!

トヨタは米国ネバダ州ラスベガスで1月9日から開催される2018 International CESにおいて、モビリティサービス専用EV「e-パレット コンセプト」を発表します。移動、物流、物販など多目的に活用できるe-パレット コンセプトについてまとめました。

トヨタ「e-パレット コンセプト」とは?

e-パレット コンセプト

トヨタの新たなモビリティ「e-パレット コンセプト」

トヨタは、2018年1月9日~12日に米国ネバダ州ラスベガスで開催する2018 International CESにおいて、モビリティサービス(MaaS)専用の次世代EV「e-パレット コンセプト(e-Palette Concept)」を出展します。

e-パレット コンセプトは、電動化やコネクテッド、自動運転技術を活用したモビリティサービス専用の次世代EVで、移動や物流、物販などのさまざまな用途での活用が可能です。

人々の暮らしを支える「新たなモビリティ」になるというe-パレット コンセプトは、将来的に複数の企業による1台の車両の共同利用や、複数のボディサイズを揃えた車両による、効率的で一貫した輸送システムの構築などを目指しています。

また、利用する企業の事業内容に応じて、さまざまな内装を設定。
これまでにない新たなモビリティサービスの創出に貢献していきます。

トヨタ社長によるコメント

トヨタの代表取締役社長である豊田章男氏は、以下のようにコメントしています。


「自動車産業は今、電動化、コネクティッド、自動運転などの著しい技術の進歩により、100年に一度の大変革の時代を迎えています。」

「トヨタは、もっといいクルマをつくりたい、すべての人が自由に楽しく移動できるモビリティ社会を実現したいという志を持っています。」

「今回の発表は、これまでのクルマの概念を超えて、お客様にサービスを含めた新たな価値が提供できる未来のモビリティ社会の実現に向けた、大きな一歩だと考えています。」

Amazon、ピザハット、マツダなど有力企業との提携

開発にあたり、より実用性の高い車両仕様の検討や、e-パレット コンセプトを活用した新たなモビリティサービスを実現するMSPF(モビリティサービスプラットフォーム)の構築を推進するため、トヨタは有力企業との提携関係を結びました。

モビリティサービスパートナーとして、インターネット通販大手のAmazonや宅配ピザのピザハット、ライドシェアのUber、滴滴出行(中国版Uber)が参加。
技術パートナーとしてはマツダ、Uber、滴滴出行が参加を決めています。
これらの提携企業はサービスの企画段階から参画し、トヨタと共に実験車両による実証事業を進めていく予定です。

306021

2018年に開催される世界のモーターショーはこちら

トヨタ「e-パレット コンセプト」の特徴

低床・箱型デザインによる広大な室内空間

さまざまな仕様のe-パレット コンセプト

e-パレット コンセプトには、荷室ユニット数に応じて全長が異なる計3サイズの車両が用意されます。
いずれも低床・箱型のバリアフリーデザインによるフラットで広い空間に、ライドシェアリング仕様やホテル仕様、店舗仕様など、利用する企業の用途に応じた設備の搭載が可能です。

ボディサイズは4m~7m前後の全長を想定。
今回CESに出展されるモデルは、全長 4,800mm、全幅 2,000mm、全高 2,250mmとなっています。

車両制御インターフェースの開示

車両制御インターフェースの開示による自動運転の仕組み

e-パレット コンセプトに搭載される車両制御インターフェース(規格)は、トヨタ外部にも開示されます。
これによりe-パレット コンセプトには、さまざまな企業が開発した自動運転システムの搭載が可能になるのです。

自動運転システムを開発する際に必要となる車両状態や車両制御などの情報は、MSPF上で公開されたAPI※から取得することができます。
また、開示される車両制御インターフェースは、外部からのサイバーセキュリティ対策に加えて、自動運転システムから送られる車両制御指令コマンドの安全性を、一定のルールに基いて確認するガーディアン機能を備えています。

さらに、モビリティサービスプラットフォーム上のOTA※環境を用いることで、自動運転システム上のソフトウェアを常に最新の状態にアップデートすることが可能です。

※API(Application Program Interface):プログラミングの際に使用できる関数のこと。その関数を呼び出すだけで機能を利用できる。
※OTA(Over The Air):無線通信を用いてソフトウェアのアップデートを行うこと。 

ビジネスを支えるMSPF(モビリティサービスプラットフォーム)

e-パレット コンセプトを活用したMaaSビジネスにおけるMSPF

e-パレット コンセプトの車両情報は、車両に搭載されたDCM(データコミュニケーションモジュール)が収集し、ビッグデータとしてTBDC(TOYOTA Big Data Center)に蓄積されます。

収集された情報は、MSPF(モビリティサービスプラットフォーム)上でAPIが公開され、さまざまな形態のモビリティサービスに活用されます。

また、自動運転システムの開発会社が自動運転システムの利用やソフトウェアのメンテナンス更新などの自動運転に関するモビリティサービスをMSPF上で提供。
これにより、e-パレット コンセプトを有する企業は安全なモビリティを利用することができますし、自動運転システムを自ら選択することもできます。

自動運転技術など全世界メーカーのニュースはこちら

トヨタ「e-パレット コンセプト」は2020年に一部実用化を予定!

トヨタ e-パレット コンセプトの活用イメージ

e-パレット コンセプトは、米国を始めとした様々な地域におけるサービス実証を、2020年代前半に実現することを目指しています。
そして2020年には、一部機能を搭載した車両が東京オリンピック・パラリンピックのモビリティとして活用されるとのことです。

トヨタが考える未来のモビリティサービスであるe-パレット コンセプト。
本格的な実用化となれば、車を利用しているすべての産業に大きな変革をもたらすことになるでしょう。

2020年までに実用化?トヨタの最新技術&車はこちら

自動運転についての記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す