初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽トールワゴン ライバル車徹底比較】スズキ新型スペーシア VS ダイハツ ムーヴ

スズキ 新型スペーシアが2017年12月にフルモデルチェンジ!そしてライバル車種としてご紹介するのは同年8月にマイナーチェンジを経たダイハツの基幹車種 ムーヴ。両車の内外装・スペック・燃費などの情報を徹底比較してご紹介します。

【スズキ新型スペーシア VS ダイハツ ムーヴ】徹底比較!

スズキ スペーシアとはどんな車?

スズキ スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック

スズキ スペーシアの発売日

スズキ スペーシアとは、2013年3月にパレットの後継としてデビューした軽ハイトワゴンです。
2017年12月14日より、2代目となる新型スペーシアと、スポーティモデルである新型スペーシアカスタムが発売を開始しました。

スズキ スペーシアの開発コンセプト

スズキ新型スペーシアは、「見ているだけで、みんなでお出かけしたくなる」クルマとして、「わくわく」と「楽しさ」を追求して開発されました。
従来のスペーシアとスペーシアの違いをさらに明確にしつつ、安全で快適な、そして何よりも楽しく乗れる新しいスタイルの軽ハイトワゴンとして、普通車からの乗り換えユーザーの獲得を狙います。

スズキ スペーシアの特長

・スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用
・衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」搭載
・ 軽自動車で初めて後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を採用
・ 周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を軽自動車で初採用
・ フロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイを軽自動車で初めて採用
・ 経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当
・ 軽量で高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」
・ 発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車に搭載し、30.0km/Lの低燃費を達成
・ 低床とスライドドアの開口部を拡張
・ ボディーカラーのバリエーションが豊富

ダイハツ ムーヴとはどんな車?

ダイハツ ムーヴ X ファイアークォーツレッドメタリック

ダイハツ ムーヴの発売日

ダイハツ ムーヴとは、スズキの軽自動車であるワゴンRに対抗すべく、1995年に発売した軽トールワゴンです。
現行型(6代目)は2014年に発売され、2017年8月にはマイナーチェンジが実施されています。

ダイハツ ムーヴの開発コンセプト

現行型ダイハツ ムーヴの開発コンセプトは、「次世代ベストスモール」。
新開発の軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を採用し、骨格構造や足回りの改良などによって、基本性能を大幅に向上させています。
さらに「スモール」でありながら、セミトールワゴンとして程よい高さがデッドスペースを作らず、十分な室内空間を確保することで快適な乗り心地を確保しています。

ダイハツ ムーヴの特長

・ ダイハツ独自の軽量高剛性ボディ「Dモノコック」初採用
・ NAとターボエンジンの2種類を用意
・ 衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシストⅢ」搭載
・ 経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当
・ ボディーカラーのバリエーションが豊富
・ターボエンジンの燃費性能はクラストップ
・高い質を誇る足回りやドライビングポジション

スズキ新型スペーシアとのダイハツ ムーヴ違いは?

両車とも軽トールワゴンとして共通する点は多いものの、軽自動車としての大きな違いを挙げると、スペーシアはスライドドア、ダイハツ ムーヴはスイングドアという点です。
また、スペーシアは丸みのあるポップな雰囲気がありますが、ムーヴはレギュラーモデルでありながら上質感を押し出した雰囲気を持っています。
スペーシアは全車ハイブリッド仕様、さらに軽初の後退時ブレーキアシストを搭載したことで一歩先を踏んでいる印象があります。

【スペーシア VS ムーヴ】エクステリア(外装)比較

スズキ スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック

スズキ スペーシア HYBRID X シフォンアイボリーメタリック

新型スペーシアの外装は、直感的に「広さ」を感じさせるシンプルかつ個性的なデザインです。
スクエアデザインでありながら、ヘッドライトなどに丸みのあるパーツを採用することで、親しみやすさや愛らしさが演出されています。
新型スペーシアのデザインはスーツケースをコンセプトとしています。
あちこち出かけたくなるような楽しい気分にさせるとともに、乗員の安全を守る思いが込められています。

ダイハツ ムーヴ

ダイハツ ムーヴ X プラムブラウンクリスタルマイカ

ダイハツ ムーヴ X コットンアイボリー

ダイハツ ムーヴの外装は、厚みのあるフロントに、現行型から採用されているメッキフロントグリルが上質感を表現しています。
過剰なスポーツ感はなく、丸すぎない中性的なデザインで構成され、カラーとの組み合わせによっては愛らしくも、格好良くも、大人っぽくも見ることができます。

【スペーシア VS ムーヴ】インテリア(内装)比較

スズキ新型スペーシア

スズキ スペーシア HYBRID X インパネ

スズキ スペーシア HYBRID X シート

スズキ スペーシア HYBRID X シート

スズキ新型スペーシアの内装は、ゆったりした快適な居住性を重視した設計となっています。
四隅までスペースを惜しみなく使った室内空間や、背もたれの柔らかいリアシートなど、乗る人を気遣う温かみのある作りに、インパネ周りの先進的で「ワクワク感」を意識したデザインが特徴です。

ダイハツ ムーヴ

ダイハツ ムーヴ X インパネ

ダイハツ ムーヴ X シート

ムーヴのインパネはモノトーンスタイルで引き締まった印象を与え、シート表皮はさわり心地が良く、全体的にゆったりとした空間が演出されています。
室内高1,280mm、室内幅1,320mmと大人4人が乗ってもゆとりを持てる室内設計に加え、90度開くスイングドアによって乗り降りがらくらくです。

【スペーシア VS ムーヴ】ボディサイズ比較

スズキ 新型スペーシアダイハツ ムーヴ
全長3,3953,395
全幅1,4751,475
全高1,7851,630
ホイールベース2,4602,455
車両重量850~920890
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

両車とも車高と全幅が同じ数値で、室内空間を確保できる「スペース系軽自動車」としてのスペックを持っています。
軽量対決は、スペーシアにわずかに軍配が上がります。

【スペーシア VS ムーヴ】エンジンスペック・パワートレイン比較

スズキ スペーシアダイハツ ムーヴ
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ水冷直列3気筒DOHC12バルブICターボ
排気量660cc660cc
最高出力47[64PS]/6,00047[64PS]/6,000
最大トルク98[10.0kg・m]/3,00092[9.4kg・m]/3,000
モーター最高出力2.3[3.1PS]/1,000-
最大トルク50[5.1kg・m]/100-
トランスミッションCVTCVT
駆動方式4WD4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

軽自動車規格の比較なので、大きな数値の差はありませんが、ダイハツ ムーヴの方はトルクがわずかにスペーシアより下回ります。
スペーシアはハイブリッドが標準仕様となっているので、プラスのアシストパワーがちょっとしたところで役に立ちます。

【スペーシア VS ムーヴ】燃費比較

スズキ 新型スペーシアダイハツ ムーヴ(NA)ダイハツムーヴ(ターボ)
JC08モード燃費28.231.027.4
実燃費14.5~20.318.2~20.214.2~16.3
[単位]km/L

燃費の違い

軽量のダイハツ ムーヴ(NA)がハイブリッド仕様のスペーシアを抑えて、高い燃費性能を誇っていることがわかります。
ムーヴのターボエンジン仕様ですら、スペーシアと大きく差を開けていません。
*実燃費は編集部調べ

【スペーシア VS ムーヴ】予防安全装備・先進技術比較

スペーシアダイハツ ムーヴ
予防安全裝備後退時ブレーキサポート
ハイビームアシスト
デュアルセンサーブレーキサポート
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
リヤパーキングセンサー
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
オートマチックハイビーム
先進技術先行車発進お知らせ機能
ヘッドアップディスプレイ
360°3Dビューカメラ
乗員にやさしい安全インテリア〈SOFI(ソフィ)〉
進化した衝突安全ボディ〈TAF(タフ)〉
先行車発進お知らせ機能

予防安全装備・先進技術の違い

名前は違えど、誤発進抑制や車線逸脱警報機能などの予防安全技術は両車ともしっかりと備えています。
ムーヴはスペーシアが備えている「360°3Dビューカメラ」に該当するものを搭載しておらず、類似の機能である「パノラマモニター」はムーヴカスタム限定の装備となっています。

【スペーシア VS ムーヴ】ボディーカラー比較

スズキ スペーシアダイハツ ムーヴ
全14色全10色
ツールグリーンパールメタリック
オフブルーメタリック
チアフルピンクメタリック
フェニックスレッドパール
ブルーイッシュブラックパール3
アーバンブラウンパールメタリック
ピュアホワイトパール
シフォンアイボリーメタリック
シルキーシルバーメタリック
ブリスクブルーメタリック
ツールグリーンパールメタリック ブラック2トーンルーフ
オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ
チアフルピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ
ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ
コットンアイボリー
シルキーブルーパール
ライトローズマイカメタリック2
パールホワイト3
ディープブルークリスタルマイカ
ファイアークォーツレッドメタリック
ブラックマイカメタリック
ホワイト
プラムブラウンクリスタルマイカ
ブライトシルバーメタリック

ボディーカラー・ラインナップの違い

軽自動車でもカラーバリエーションが多彩なスペーシアですが、ダイハツ ムーヴも10色と負けていません。
しかし、スペーシアは2トーンカラーを用意していますが、ムーヴはワントーンのみとなります。

【スペーシア VS ムーヴ】グレード構成比較

スズキ 新型スペーシアダイハツ ムーヴ
グレード数25
グレード名HYBRID G
HYBRID X
X
X”SA3”
Xターボ “SA3"
L
L"SA3"

グレード構成の違い

ムーヴは、NAとターボ、または装備の充実度の違いによって細かく5つのグレードに分かれています。
スペーシアはグレード構成はたった2つと単純で、逆にユーザーからすると選びやすいというメリットもあります。

【スペーシア VS ムーヴ】新車車両価格比較

新車車両価格 比較
スペーシア124万~160万
ダイハツ ムーヴ111万~147万
[単位]円(消費税込み)

新車車両価格の違い

新車車両価格については、ダイハツ ムーヴの価格帯がスペーシアよりも低く設定されています。
価格の差はハイブリッドシステムの有無だと考えれば、自然なものと捉えられるでしょう。

【スズキ新型スペーシア VSダイハツ ムーヴ】人気はどちらに?

2017年1月〜9月新車販売台数比較

スペーシアシリーズ ムーヴシリーズ
2017年1月7,83511627
2017年2月10,92511,312
2017年3月15,04215,077
2017年4月7,45712,004
2017年5月7,747 10,448
2017年6月8,75711,699
2017年7月8,173 9,735
2017年8月6,69910,364
2017年9月9,57312,771
合計72,635 92,266

現在明らかとなっている1月から9月までの数値、さらにシリーズ単位の比較となってしまいますが、ムーヴシリーズの方がスペーシアシリーズよりも販売台数を伸ばしています。
しかし、ダイハツ ムーヴは8月にマイナーチェンジが実施されており、それが根拠となって8月からの販売台数は伸びていることを考えると、スペーシアの12月のフルモデルチェンジによって、2017年全体で見た場合、結果はどうなるかわかりません。

関連するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す