初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【高級ミニバン ライバル車徹底比較】トヨタ新型ヴェルファイア VS ホンダ オデッセイ

2018年1月にトヨタ・ヴェルファイアがビッグマイナーチェンジを行います。高級ミニバンのライバル車であるホンダ・オデッセイと新型ヴェルファイアは、どのように違うのか?デザインや装備、価格、グレード構成などの徹底比較を行いました。

【ヴェルファイア VS オデッセイ】高級ミニバン徹底比較!

ヴェルファイアとはどんな車?

新型ヴェルファイア HYBRID Executive Lounge Z ホワイトパールクリスタルシャイン

新型ヴェルファイアの発売日

ヴェルファイアとは、トヨタが製造・販売している高級ミニバンです。
2008年発売の初代ヴェルファイアは、2代目アルファードの姉妹車として開発されました。
2015年発売の現行型ヴェルファイアは、2代目となります。

2018年の1月8日から、ビッグマイナーチェンジを行った新型ヴェルファイアの販売を開始します。

ヴェルファイアの開発コンセプト

現行型ヴェルファイアの開発コンセプトは「大空間高級サルーン」です。
従来にない新たな高級車の概念の創出を目指して開発されました。

ヴェルファイアの特長

・高い走行性能・動力性能
・高級セダンクラスの乗り心地
・広く快適な室内空間
・快適・安全装備の充実
・豊富なグレードラインナップ

ヴェルファイアについて詳しくはこちら

ホンダ オデッセイとはどんな車?

オデッセイ HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING コバルトブルー・パール

オデッセイの発売日

オデッセイとは、ホンダが1994年から製造・販売しているミニバンです。
現行型の5代目オデッセイは2013年に発売されました。

2017年の11月17日には、最新のマイナーチェンジモデルが発売されています。

オデッセイの開発コンセプト

現行型オデッセイは、3列シートのすべてが広く快適で、上質な室内空間と走行性能をこれまでにない高いレベルで両立した上級ミニバンを目指して開発されました。

オデッセイについて詳しくはこちら

オデッセイの特長

・「超低床プラットフォーム」の採用
・広く快適で上質な室内空間
・優れた乗降性
・加速と燃費に優れたエンジン
・快適な乗り心地
・軽量・高剛性のボディ
・運転しやすいボディサイズ
・充実した安全・運転支援装備

ヴェルファイアとオデッセイの違いは?

箱型のシルエットを持つヴェルファイアに対して、オデッセイは流線型をしています。
ボディサイズはヴェルファイアの方が大きいです。

また、価格帯に関しては、ヴェルファイアはオデッセイのワンランク上に設定されています。

【ヴェルファイア VS オデッセイ】エクステリア(外装)比較

新型ヴェルファイア

新型ヴェルファイア HYBRID X スティールブロンドメタリック

新型ヴェルファイア HYBRID Executive Lounge Z バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

ヴェルファイアは「大胆・不敵」をテーマにデザインされており、迫力のある顔立ちに、精悍さを漂わせるエクステリアとなっています。

新型ヴェルファイアには、新たにエアロボディが設定されており、バンパーやリヤシーケンシャルランプなどに専用パーツを採用しています。

オデッセイ

オデッセイ HYBRID・Honda SENSING スーパープラチナ・メタリック

オデッセイ HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING プレミアムヴィーナスブラック・パール

オデッセイのエクステリアは「Solid Streamline」をデザインコンセプトとしており、広い室内空間を持ちながらも箱型とすることなく、流麗かつ力強いプロポーションを追求しています。

オデッセイ アブソルートのエクステリアは、力強さの表現とともに上級感を追求し、各所にメッキパーツを配置することで、標準モデルと差別化しています。

【ヴェルファイア VS オデッセイ】インテリア(内装)比較

新型ヴェルファイア

新型ヴェルファイア HYBRID Executive Lounge Z 専用内装色:ブラック&ホワイト

新型ヴェルファイア HYBRID Executive Lounge Z 専用内装色:ブラック&ホワイト

ヴェルファイアは、本革シートや木目調パネルで彩られた上質のインテリアを備えています。
高い天井と低床設計により室内空間も広く、全ての乗員が足を伸ばしてくつろぐことが可能です。

最上級グレードの「Executive Lounge Z」では、インテリアに専用の内装色やシルバー木目調の専用加飾、防汚加工のプレミアムナッパ本革シート加飾などが採用されており、先進的でモダンな空間を演出しています。

オデッセイ

オデッセイ ブラック(ファブリックシート)木目調インストルメントパネル

オデッセイ HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING

オデッセイのインテリアは「Modern Suite Room」をデザインコンセプトとし、モダンで飽きのこない高級ホテルのスイートルームをモチーフに、3列すべてのシートで最高のくつろぎをもたらす室内空間を実現しました。

「超低床プラットフォーム」によって室内高も高く確保されており、ほかの大型ミニバンより低い全高ながら、2列目・3列目のヘッドクリアランスはほかの大型ミニバンと同等のゆとりを実現しています。

【ヴェルファイア VS オデッセイ】ボディサイズ比較

新型ヴェルファイアオデッセイ
全長4,9354,840
全幅1,8501,820
全高1,935(2WD)
1,950(4WD)
1,685~1,695(2WD)
1,715(4WD)
ホイールベース3,0002,900
車両重量1,920~2,150(2WD)
1,980~2,240(4WD)
1,750~1,890(2WD)
1,820~1,840(4WD)
乗車定員7/87/8
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズ・乗車定員比較

新型ヴェルファイアのボディサイズはオデッセイより大きく、全高では200mm以上違います。
乗車定員はヴェルファイア、オデッセイともに7人もしくは8人で同じです。

【ヴェルファイア VS オデッセイ】エンジンスペック・パワートレイン比較

ヴェルファイア 2.5Lオデッセイ 2.4Lオデッセイ 2.4L 直噴
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒直噴DOHC
排気量2.5L2.4L2.4L
最高出力134[182]/6,000129[175]/6,200FF:140[190]/6,400
4WD:136[185]/6,400
最大トルク235[24.0]/4,100225[23.0]/4,000FF:237[24.2]/4,000
4WD:235[24.0]/4,000
トランスミッションCVTCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
ヴェルファイア 3.5Lヴェルファイア ハイブリッドオデッセイ ハイブリッド
エンジン種類V型6気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量3.5L2.5L2.0L
最高出力221[301]/6,600112[152]/5,700107[145]/6,200
最大トルク361[36.8]/4,600~4,700206[21.0]/4,400~4,800175[17.8]/4,000
モーター最高出力-フロント:105[143]
リヤ:50[68]
135[184]/5,000~6,000
最大トルク-フロント:270[27.5]
リヤ:139[14.2]
315[32.1]/0~2,000
トランスミッション8速AT電気式無段変速機電気式無段変速機
駆動方式FF/4WD4WDFF
使用燃料ハイオクレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

新型ヴェルファイアのパワートレインには、2.5L 直列4気筒と3.5L V型6気筒のガソリンエンジン、そして2.5L 直列4気筒ハイブリッドエンジンの3種類が用意されています。

オデッセイのパワートレインには、2.4L 直列4気筒のガソリンエンジンが2種類と、2.0L 直列4気筒ハイブリッドエンジンが1種類の計3種類が用意されています。

出力で比較した場合、新型ヴェルファイアの方がオデッセイよりもパワフルです。

【ヴェルファイア VS オデッセイ】燃費比較

新型ヴェルファイアオデッセイ
JC08モード燃費18.4~19.4(2.5Lハイブリッド)
11.4~12.8(2.5Lガソリン)
10.4~10.8(3.5Lガソリン)
24.4~26.0(2.0Lハイブリッド)
13.0~14.0(2.4L直噴ガソリン)
12.6~13.6(2.4Lガソリン)
実燃費-WLTCモード:19.8~20.8(2.0Lハイブリッド)
[単位]km/L

燃費の違い

新型ヴェルファイアよりもオデッセイの方が低燃費です。
また、オデッセイハイブリッドは、WLTCモードでの燃費性能も公表されています。

【ヴェルファイア VS オデッセイ】予防安全装備・先進技術比較

新型ヴェルファイアオデッセイ
予防安全装備・プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)
・レーントレーシングアシスト(ハンドル操作サポート)
・レーンディパーチャーアラート(車線はみ出しアラート)
・レーダークルーズコントロール(追従ドライブ支援機能)
・オートマチックハイビーム/アダプティブハイビームシステム
・ロードサインアシスト(標識読み取りディスプレイ)
・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付ACC
・車線維持支援システム
・標識認識機能
先進装備・インテリジェントパーキングアシスト2
・先行車発進告知機能(先行車発進アラーム)
・先行車発進お知らせ機能
・ブラインドスポットインフォメーション
・マルチビューカメラシステム
・Hondaスマートパーキングアシストシステム
・パーキングセンサーシステム
・後退出庫サポート

予防安全装備・先進技術の違い

新型ヴェルファイアには、予防安全パッケージの次世代型「トヨタセーフティセンス」が全車標準搭載されます。

オデッセイには、先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」が全車標準搭載されます。

トヨタセーフティセンスについてはこちら

ホンダセンシングについてはこちら

【ヴェルファイア VS オデッセイ】ボディーカラー比較

新型ヴェルファイアオデッセイ
ラインナップ数7色7色
ボディカラーブラック
グラファイトメタリック
ダークレッドマイカメタリック
スティールブロンドメタリック
ホワイトパールクリスタルシャイン
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク
プラチナホワイト・パール
スーパープラチナ・メタリック
クリスタルブラック・パール
プレミアムヴィーナスブラック・パール
コバルトブルー・パール
プレミアムスパイスパープル・パール
プレミアムディープロッソ・パール

ボディーカラー・ラインナップの違い

ヴェルファイアとオデッセイのボディカラーは、どちらも全7色の設定です。

【ヴェルファイア VS オデッセイ】グレード構成比較

新型ヴェルファイアオデッセイ
グレード数176
グレード名■標準ボディ
・HYBRID Executive Lounge
・HYBRID V“L エディション”
・HYBRID V
・HYBRID X
・Executive Lounge
・VL
・V
・X
■エアロボディ
・HYBRID Executive Lounge Z
・HYBRID ZR“G エディション”
・HYBRID ZR
・HYBRID Z
・Executive Lounge Z
・ZG
・Z“G エディション”
・Z“A エディション”
・Z
HYBRID・Honda SENSING
HYBRID ABSOLUTE・Honda SENSING
HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING
G・AERO Honda SENSING
ABSOLUTE・Honda SENSING
ABSOLUTE・EX Honda SENSING

グレード構成の違い

新型ヴェルファイアのグレード数は、オデッセイの約3倍です。

【ヴェルファイア VS オデッセイ】新車車両価格比較

新型ヴェルファイアオデッセイ
新車車両価格(税込)335万~751万円298万~415万円

新車車両価格の違い

新型ヴェルファイアの価格帯は、オデッセイのワンランク上に設定されています。

【ヴェルファイア VS オデッセイ】人気はどちらに?

2017年1月〜9月新車販売台数比較

ヴェルファイアオデッセイ
販売台数34,368台13,544台

マイナーチェンジ前のヴェルファイアとオデッセイの新車販売台数を比較すると、ヴェルファイアはオデッセイを2万台以上引き離す人気を見せています。

また、新型ヴェルファイアはまだ発売されていませんが、月販目標台数はオデッセイの3倍となる4,500台に設定されているので、今後の人気もヴェルファイアがオデッセイの先を行く形となるでしょう。

ヴェルファイアに関連するおすすめ記事はこちら

オデッセイに関連する記事はこちら

ミニバンランキングはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!