初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽トールワゴン ライバル車徹底比較】スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ

2017年12月14日に2代目へとモデルチェンジを果たした新型スペーシア。新規プラットフォームを採用し、全面改良されたスペーシアですが、その出来栄えはどれほどのものなのでしょうか。同じ軽トールワゴンであるトヨタ ピクサスジョイをライバルとして設定し、比較していきます。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ】徹底比較!

新型スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ

スズキ新型スペーシアとはどんな車?

スズキ新型スペーシアの発売日

2017年12月14日に発売され、2代目へと進化したスズキ新型スペーシアは、軽量化と高剛性を進めつつ、室内空間の拡大と衝突安全性も向上させた新型プラットフォーム「HARTECT(ハーテクト)」が採用さました。
さらに、予防安全装備「スズキ セーフティサポート」も強化し、より安全で快適な車に進化しました。

スズキ新型スペーシアの開発コンセプト

初代スペーシアは、軽自動車に家族で使えるような室内空間を与えるために誕生した軽トールワゴン・スズキ パレットの後継車として開発されました。

2代目にあたる新型スペーシアは、そのコンセプトを受け継ぎつつ、遊び心溢れるデザインを各所に取り入れ、家族みんながワクワクして使える軽自動車を目標に開発されました。

スズキ新型スペーシアの特徴

・新型プラットフォームの採用による、高剛性、軽量化、衝突安全性の向上とともに、低床化による室内空間の向上
・さらなる室内空間の拡大による快適性と利便性の向上
・スーツケースを模した、個性的で遊び心溢れる外観デザイン
・乗員全員にまで配慮した快適装備の追加
・後退時のブレーキサポートなど、より強化された予防安全装備
・リチウムイオン電池の採用により、モーターのみで走行できるようになった強化マイルドハイブリッドシステム

トヨタ ピクシスジョイとはどんな車

左から「C」G"SAⅡ"・「F」G"SAⅡ"・「S」"SAⅡ"

トヨタ ピクシスジョイの発売日

トヨタの子会社であるダイハツのOEM供給を受けて販売されるトヨタの軽自動車ラインナップ「ピクシスシリーズ」の4車種目となるのがトヨタ ピクシスジョイです。

元となるダイハツ キャストの発売から約1年後の2016年8月31日に発売されたトヨタ ピクシスジョイは、キャストと同じくバリエーションをもたせた以下3つのモデルが販売されます。

・キャスト 「スタイル」にあたる「ピクシス F (Fashon)」
・キャスト「アクティバ」にあたる「ピクシス C (Cross over)」
・キャスト「スポーツ」にあたる「ピクシス S (Sport)」

トヨタ ピクシスジョイの開発コンセプト

軽セダンでベースとなる「ピクシスジョイ F」、SUVクロスオーバーの「ピクシスジョイ C」、スポーツテイストを盛り込んだ「ピクシスジョイ S」と、1車種で3つのボディスタイルを選べるピクシス。
豊富なカラーラインナップともに、内装のパネル色もオプションで変更可能な選択肢の幅広さがピクシスジョイの特徴です。

開発コンセプトを「生活を彩る自分仕様の軽自動車」としているだけあり、自分好みのピクシスジョイに仕上げることができます。

トヨタ ピクシスジョイの特徴

・3種のボディスタイルから選択し、多彩なボディカラーを用意した自由度の高い販売設定
・OEM元のダイハツe:Sテクノロジーによる高い燃費性能
・「スマートアシストⅢ」へと進化した高い衝突回避支援システムを搭載し、安全な走行を実現
・低燃費低価格といった軽自動車本来の魅力を追求、ピクシスジョイのある生活に喜びや楽しさを提供

スズキ新型スペーシアとトヨタ ピクシスジョイの違いは?

新型スペーシア、ピクシスジョイともに、日常が楽しくなるような、個性的で魅力溢れるデザインを追求した車です。
高い燃費性能と安全性を備えながらも高いコストパフォーマンスを実現しています。

スペーシアが車内の広さによる生活の実用性と利便性による満足感に重きを置いているのに対し、ピクシスジョイの洗練された内外装は所有する喜びや、自己表現といった感情からくる満足感を重視しています。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ】エクステリア(外装)比較

新型スペーシアのエクステリア

新型スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック

新型スペーシアの箱を組み合わせた様なBOX形状は、その外見からでも室内の広さを印象づけています。

また、たくさんの荷物を詰めこんで旅行に行くためのスーツケースをデザインモチーフとし、ドアサッシをスーツケースの取っ手を表現。
ドアのプレスラインやフロングリルもスーツケースの凸凹を表現するこだわりようです。

ピクシスジョイのエクステリア

ピクシスジョイ F

F G“SAⅢ” ダークエメラルドマイカ

F G“SAⅢ” ライトローズマイカメタリック

ダイハツ ミラジーノを彷彿とさせるレトロな雰囲気を纏いながらも、新しさと豪華さを併せ持ったデザインが特徴的なピクシスジョイ。

シティコミューターの「F」をスタンダードとして「C」「S」にはそれぞれの細部を変更することで個性を強調したデザインに作りこまれています。

ピクシスジョイ C

C G“SAⅢ” オフビートカーキメタリック

C G“SAⅢ” ファイアークォーツレッドメタリック

クロスオーバーSUVの「C」は車高が30mmリフトアップされています。
サイドのパネルとアンダーガード、専用フォグランプが腰下のボリューム感をアップさせており、SUVらしさを強調しています。

ピクシスジョイ S

S“SAⅢ” ブラックマイカメタリック×ホワイト×シャイニングレッド

S“SAⅢ” ブラックマイカメタリック×ホワイト×シャイニングレッド

スポーツの「S」のエアロには、レッドカラーのペンシルストライプが刻まれ、スポーティさを演出しています。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ】インテリア(内装)比較

新型スペーシアのインテリア

HYBRID X 全方位モニター用カメラパッケージ装着車 ブラック内装

HYBRID X ベージュ内装

四隅までめいっぱい広げられた車内は、「空間」を意味するスペーシアという車名にふさわしい広さを実現しています。
インテリアも、乗員に圧迫感を感じさせることのないように設計され、大人4人が乗っても開放感を損なわないように工夫されています。

随所に赤のアクセントカラーがあしらわれ、ダッシュボードにはそのままスーツケースの形をしたグローブボックスが備え付けられるなど、遊び心溢れた室内空間に仕上げられています。

ピクシスジョイのインテリア

F G“SAⅢ” インテリアアクセントカラー バーガンディ

F G“SAⅢ” インテリアアクセントカラー バーガンディ

C G SAⅢ インテリアアクセントカラー カーキ

C G SAⅢ インテリアアクセントカラー カーキ

ピクシスジョイの内装は、軽自動車としては非常にクオリティが高く、洗練された落ち着きのあるデザインに仕上げられています。

グレードや、3種のモデルのキャラクターに合わせて、シートの色や材質、「インテリアアクセントカラー」と称される化粧パネルのカラーリングの組み合わせが変わります。
特に、クロスオーバーSUV「C」のインテリアアクセントカラーは、ボディカラーに合わせた6色からの選択が可能であり、より豊かな個性を表現をすることができます。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ】ボディサイズ比較

スペーシアピクシスジョイ
全長3,3953,395
全幅1,4751,475
全高1,7851,600
1,630(C)
ホイールベース2,4602,455
車両重量870〜920840〜900
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

両車とも軽自動車の規格ギリギリまでボディサイズを拡大しています。

広大な室内空間を売りとするスペーシアはピクシスジョイよりも全高が高く、乗員のヘッドスペースに余裕を持たせることで、車内の圧迫感を軽減しています。
ピクシスジョイは軽トールワゴンとしては、やや低めの1,600mm(Cは1,600mm)に抑えられ、スペース効率よりも運動性能に重点を置いていることがわかります。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ】エンジンスペック・パワートレイン比較

新型スペーシアピクシスジョイ
NAエンジン
ピクシスジョイ
ターボエンジン
エンジン種類直列3気筒DOHC
マイルドハイブリッド
直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC
排気量660cc660cc660cc
最高出力38[52]/6,50038[52]/6,80047[64]/6,400
最大トルク60[6.1]/4,00060[6.1]/5,20092[9.4]/3,200
モーター最高出力2.3[3.1]/1,000--
最大トルク50[5.1]/100--
トランスミッションCVTCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

新型スペーシアには、改良されたマイルドハイブリッドシステム「S-エネチャージ」が搭載されます。
駆動モーターとオルタネーターおよびスターターモーターを兼用する「S-エネチャージ」は、出力向上と併せてリチウムイオン電池による大容量化し、最大10秒間のモーターのみによる走行を可能としました。
また、モーターによるアシスト領域も拡大され、発進から100km/hまでの加速アシスト。
さらにステアリングに備えられた「パワーモード」をONにすることで、一時的にモーターのアシストトルクをアップさせ、最長30秒間の力強い加速力を発揮します。

ピクサスジョイにはハイブリッドシステムは搭載されていませんが、エンジン燃焼技術を徹底的に磨きあげたダイハツの「e:Sテクノロジー」で新型スペーシアに匹敵するだけの燃費性能を誇ります。
高圧縮エンジンをバルブタイミングコントロールでアトキンソンサイクル化し、パワーと燃費性能を両立させた信頼性の高いエンジンです。
パドルシフトを備え、スポーティな走りを可能とする「S」を始め、各モデルにはターボエンジンを搭載したグレードも用意されています。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ】燃費比較

新型スペーシアピクシスジョイ
NAエンジン
ピクシスジョイ
ターボエンジン
JC08モード燃費26.4〜30.026.8〜30.024.6〜27.0
実燃費---
[単位]km/L

燃費の違い

新型スペーシアは改良されたマイルドハイブリッドシステムの恩恵を受けて、JC08モードで26.4〜30.0km/Lもの燃費性能です。
エンジンを始動せずモーターによるクリープ走行が可能になったスペーシアは、市街地走行や渋滞時に、特にその性能を発揮するでしょう。

ハイブリッドシステムの設定がないピクシスジョイは、エンジン燃焼効率の向上と徹底したパワーロスの低減により、ハイブリッドシステムを持つスペーシアと同等の燃費性能を有しています。
ピクシスジョイのターボグレードは絶対的な燃費性能では他に劣るものの、力強い加速力を備えながら24.6〜27.0km/Lというターボらしからぬ高い燃費性能を秘めています。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ】予防安全装備・先進技術比較

新型スペーシアピクシスジョイ
予防安全装備デュアルセンサーブレーキサポート
後退時ブレーキサポートハイビームアシスト
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行車発進お知らせ機能
リヤパーキングセンサー
スマートアシストⅢ
衝突警報機能(対車両・対歩行者)
衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
車線逸脱警報機能
誤発進抑制制御機能(前方・後方)
先行車発進お知らせ機能
オートハイビーム
先進技術ヘッドアップディスプレイ
3Dビューカメラ
標識認識機能(侵入禁止のみ)
-

予防安全装備・先進技術の違い

新型スペーシア、ピクシスジョイともに、「サポカーSワイド」に対応しているため、対人対物に反応する自動ブレーキ、車線逸脱防止警報、前後の誤発進抑制機能、自動制御のハイビームなどの予防安全装備が搭載されています。

さらにスペーシアはメーカーオプションとなる「全方位モニター用カメラパッケージ」を選択することができます。
車を上から眺めたような俯瞰視点をモニターで確認でき、後退時の安全性をサポートします。
また、見通しの悪い場所での死角をカメラとセンサーでモニターし、人が近づけばドライバーに警告する「左右確認サポート」などの先進技術を追加することができます。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ】ボディーカラー比較

新型スペーシア
ラインナップ数全14色(HYBRID GSは9色)
モノトーン:10色
ツートーン:4色
ボディカラーツールグリーンパールメタリック
オフブルーメタリック
チアフルピンクメタリック
ピュアホワイトパール
ブルーイッシュブラックパール3
フェニックスレッドパール
シフォンアイボリーメタリック
シルキーシルバーメタリック
アーバンブラウンパールメタリック
ブリスクブルーメタリック

オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ
チアフルピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ
ピクシスジョイ
S
ピクシスジョイ
C
ピクシスジョイ
S
ラインナップ数773
ボディカラーパールホワイトⅢ
ブラックマイカメタリック
ファイアークォーツレッドメタリック
プラムブラウンクリスタルマイカ
ライトローズマイカメタリック
ディープブルークリスタルマイカ
ダークエメラルドマイカ
ディープブルークリスタルマイカ
レモンスカッシュクリスタルメタリックス
プラッシュブルーメタリック
ファイアークォーツレッドメタリック
パールホワイトⅢ
ブラックマイカメタリック
オフビートカーキメタリック
パールホワイトⅢ
ブラックマイカメタリック
ブライトシルバーメタリック

ボディーカラー・ラインナップの違い

新型スペーシアに用意されるボディカラーはモノトーン10色とツートーン4色の計14色です。
上位グレードのHYBRID Xでは、オフブルーメタリックとチアフルピンクメタリックには、ホワイトルーフとのツートンカラーの組み合わせが可能です。

ピクシスジョイにも、それぞれのキャラクターに合わせた魅力的なカラーが用意されます。
全車、クリスタル調のホワイトルーフのツートンカラーを選択することが可能なうえ、「C」「S」はカーボン柄のブラックルーフにすることもできます。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ】グレード構成比較

新型スペーシアピクシスジョイ【F】【C】ピクシスジョイ【S】
グレード数261
グレード名G
X
G“SA Ⅲ”
G“プライムコレクション SA Ⅲ”
Gターボ“SA Ⅲ”
Gターボ“プライムコレクション SA Ⅲ”
X
X“SA Ⅲ”
“SA Ⅲ”

グレード構成の違い

新型スペーシアの「G」と上位グレードの「X」という2種類のグレードに対し、ピクシスジョイにはターボエンジン搭載の「Gターボ“SAⅢ”」、NAエンジン搭載の「G“SAⅢ”」「X“SAⅢ”」の3種のグレードで構成されています。

“SAⅢ”とは予防安全装備の「スマートアシストⅢ」の略で、非搭載の「X」というグレードも存在します。
ピクシスジョイ「S」にはグレード体系はなく“SAⅢ”の一択のみのとなります。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ】新車車両価格比較

新型スペーシアピクシスジョイ
新車車両価格(税込)127万~159万円123万〜177万円

新車車両価格の違い

新型スペーシアとピクシスジョイは、共におおむね同じ価格帯に位置しています。
ただし、ピクシスジョイ Gターボ“SAⅢ”とS“SAⅢ”は、同じくターボを搭載するスペーシアカスタムが直接ライバルとなるため、高価なモデルと言えます。

両車は基本的なスペックはほぼ互角ですので、両者の決定的な差となるのは室内空間の広さとハイブリッドシステムの有無、デザインの好みということになります。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスジョイ】人気はどちらに?

新型スペーシアピクシスシリーズ
販売台数-20,460台

2017年1月〜11月新車販売台数比較

スズキ新型スペーシアは、まだ発売されたばかりで販売台数が定まっていません。
対するトヨタ ピクシスジョイは、単独での販売台数データは出ていませんが、トヨタ ピクシスシリーズ全体での2017年1月〜11月までの累計販売台数は20,640台となっています。
全面改良され大きく進化した新型スペーシアは、この数字を抜くのに大きな問題はないでしょう。

しかし、トヨタとの連携によるダイハツの軽自動車は、依然クラストップシェアを守り抜いています。
この度モデルチェンジされた新型スペーシアの完成度は、トヨタとダイハツの牙城を崩すことができるのでしょうか。
スズキ新型スペーシアは、その可能性を十分秘めているでしょう。

※当記事の自動車販売台数は、自動車産業ポータル「MarkLines」を出典としています。(一部車種は編集部調べ)

スズキ新型スペーシアに関連する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!