初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽トールワゴン ライバル車徹底比較】スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ

2017年12月14日にフルモデルチェンジを果たしたスズキ新型スペーシア。その直接的ライバルにあたるトヨタ ピクシスメガを競合させ、外観やスペックを徹底比較していきます。全面改良が施された新型スペーシアは、熾烈な争いを繰り広げる軽トールワゴン市場に食い込めるのでしょうか。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ】徹底比較!

スズキ新型スペーシアとはどんな車?

新型スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ

新型スペーシアの発売日

スズキは2017年12月14日に軽トールワゴンであるスペーシアと、その派生モデル・スペーシアカスタムをモデルチェンジしました。
新規のプラットフォームの採用に加え、改良されたマイルドハイブリッドシステムと予防安全装備が追加される全面改良が施されています。

新型スペーシアの開発コンセプト

「わが家のワクワクマシーン」をキャッチコピーとする新型スペーシアは、さらなる室内空間と機能の拡大、さらに遊び心溢れるデザインを採用しています。
家族みんながわくわく楽しめる軽自動車をコンセプトに開発されました。

新型スペーシアの特徴

・軽自動車初となる後退時のブレーキサポートなどの充実した予防安全装備
・遊び心とワクワク感を喚起させる個性的なデザイン
・広い室内空間とスライドドアによる、利便性に優れたパッケージング
・乗る人全員が快適に過ごせる様々な装備
・モーターのみで走行できるように改良されたマイルドハイブリッドシステム

トヨタ ピクシスメガとはどんな車?

ピクシスメガ G SAⅢ パールホワイトⅢ×トニコオレンジメタリック

ピクシスメガの発売日

トヨタ ピクシスメガは、子会社であるダイハツが販売するウェイクをトヨタへOEM供給して販売される軽自動車です。
ダイハツ ムーブ コンテ、ミライース、ウェイクの各車種をトヨタブランドで販売する「ピクシス」シリーズの3車種目として、2015年7月2より販売されています。

ピクシスメガの開発コンセプト

幅広い生活シーンで活躍できる軽自動車をめざして開発されたダイハツ ウェイクおよびピクシスメガのコンセプトは「視界の良さ」と「広々した室内空間」です。
軽自動車トップレベルの室内高により、大人4人がゆった乗車できるスペースと、5ナンバーミニバンクラスのアイポイントの高さを手に入れ、ゆとりある乗車環境を実現しました。

ピクシスメガの特徴

・5ナンバーミニバン並の見晴らしの良さ
・軽自動車トップレベルの室内高による、広々した室内空間と使い勝手の良さ
・高い車高を感じさせない操縦安定性
・高いスペース効率を図りながらも、すぐれた環境性能

スペーシアとピクシスメガの違いは?

スペーシアとピクシスメガは、軽自動車でありながら快適な室内空間を実現しつつ、高い環境性能を確保した軽トールワゴンです。
根本となるコンセプトを同じくする両車は、真っ向から対決するライバル関係といえます。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ】エクステリア(外装)比較

スズキ スペーシアのエクステリア

新型スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック

スーツケースをデザインモチーフとして開発されたスぺーシアは、軽自動車の規格ギリギリまで拡大されたBOXデザインを採用しています。
角を丸めた四角で構成された車体は、可愛らしい外観とともに実質的な室内空間の確保にも大きく貢献しています。
ドアサッシがスーツケースの取っ手を模している点も、遊び心感じさせるデザインです。

トヨタ ピクシスメガのエクステリア

ピクシスメガ G SA ブルーマイカメタリック

スペーシアと同じくBOXデザインを採用するピクシスメガは、より近未来的なデザインです。
高くなったルーフパネルは、板厚の最適化や樹脂化することで徹底した低重心が図られていて、広い室内空間と操縦安定性の両立を実現しています。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ】インテリア(内装)比較

スズキ スペーシアのインテリア

HYBRID X 全方位モニター用カメラパッケージ装着車 ブラック内装

HYBRID G ブラック内装

水平基調としたスペーシアのインテリアは、圧迫感の少ない室内空間を実現します。
広い車内の空調の最適化するスリムサーキュレーターや風量調整機能付きエアコンルーバーの採用で、乗る人全員が快適に過ごせるように配慮されています。

トヨタ ピクシスメガのインテリア

OEM元であるダイハツ ウェイクのダークグレー内装

ピクシスメガの内装は、OEM元であるダイハツ ウェイクの内装と同様です。

天井の高さが特徴のピクシスメガの室内は、大人4人がゆったりと過ごせる室内空間の確保します。
多様なアレンジが可能なシートは、あらゆる量や大きさの荷物にも対応できる広いラゲージスペースにも早変わりし、旅行やレジャーで活躍します。
濡れた荷物も積み込めるよう全車に撥水加工されたシート表皮を採用している点は、アウトドアレジャーに嬉しい配慮です。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ】ボディサイズ比較

スペーシアピクシスメガ
全長3,3953,395
全幅1,4751,745
全高1,7851,835
ホイールベース2,4602,455
車両重量870〜920990〜1,060
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

軽自動車規格をめいっぱい使った両車は、ほぼ同じボディサイズを備えます。
トヨタ ピクシスメガの方が、高い全高の分だけ、やや広い頭上空間を有しています。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ】エンジンスペック・パワートレイン比較

新型スペーシアピクシスメガ
NAエンジン
ピクシスメガ
ターボエンジン
エンジン種類直列3気筒DOHC
マイルドハイブリッド
直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC
排気量660cc660cc660cc
最高出力38[52]/6,50038[52]/6,80047[64]/6,400
最大トルク60[6.1]/4,00060[6.1]/5,20092[9.4]/3,200
モーター最高出力2.3[3.1]/1,000--
最大トルク50[5.1]/100--
トランスミッションCVTCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

スズキ新型スペーシアには、改良されたマイルドハイブリッドシステムが全車に搭載されます。
大容量のリチウムイオン電池の採用と、出力を増したハイブリッドシステムにより、最長10秒間のモーターのみによるクリープ走行が可能になりました。

対するトヨタ ピクシスメガは、ハイブリッドなど特殊なパワートレインは採用しないものの、高圧縮比とアトキンソンサイクル化、優れた発電制御などによるエンジン単体での性能向上を実現したエンジンを採用します。
ピクシスメガには直列3気筒のNAエンジンとターボエンジンが用意されます。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ】燃費比較

新型スペーシアピクシスメガ
NAエンジン
ピクシスメガ
ターボエンジン
JC08モード燃費26.4〜30.024.6〜25.423.2〜23.8
実燃費---
[単位]km/L

燃費の違い

スズキ新型スペーシアは改良されたマイルドハイブリッドを採用し、高い燃費性能を実現しています。
しかし、アトキンソンサイクル化されたピクシスメガは、エンジン単体でマイルドハイブリッドに迫る燃費です。

ただし、市街地や渋滞時などは、モーターによるクリープ走行が可能になったスペーシアの方が優れた燃費性能を発揮するでしょう。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ】予防安全装備・先進技術比較

新型スペーシアピクシスメガ
予防安全装備デュアルセンサーブレーキサポート
後退時ブレーキサポートハイビームアシスト
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行車発進お知らせ機能
リヤパーキングセンサー
スマートアシストⅢ
衝突警報機能(対車両・対歩行者)
衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
車線逸脱警報機能
誤発進抑制制御機能(前方・後方)
先行車発進お知らせ機能
オートハイビーム
先進技術ヘッドアップディスプレイ
3Dビューカメラ
標識認識機能(侵入禁止のみ)
-

予防安全装備・先進技術比較

スペーシア、ピクシスメガともに政府が啓発する事故防止対策「サポカーSワイド」に対応しています。
後発のスペーシアは「サポカーSワイド」に対応する予防安全装備に加え、フロントガラスに車両情報などを投影するヘッドアップディスプレイや、3Dビューカメラを搭載した車両の状態を正確に把握するための先進装備がオプションで選択可能です。

2015年より販売されているピクシスメガは、定期的に改良が施されています。
現行モデルは、トヨタの最新の衝突回避システム「スマートアシストⅢ」と、後方左右の障害物を検知するリアコーナーセンサーを搭載しました。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ】ボディカラー比較

新型スペーシアピクシスメガ
ラインナップ数全14色(HYBRID GSは9色)ツートーン:4色モノトーン:9色
ツートーン:10色
ボディカラーツールグリーンパールメタリック
オフブルーメタリック
チアフルピンクメタリック
ピュアホワイトパール
ブルーイッシュブラックパール3
フェニックスレッドパール
シフォンアイボリーメタリック
シルキーシルバーメタリック
アーバンブラウンパールメタリック
ブリスクブルーメタリック

オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ
チアフルピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ
フレッシュグリーンメタリック
ミストブルーマイカメタリック
トニコオレンジメタリック
ブルーマイカメタリック
パールホワイトⅢ
プラムブラウンクリスタルマイカ
タングステングレーメタリック
オフビートカーキメタリック
ブラックマイカメタリック

トニコオレンジメタリック ホワイト2トーンルーフ
ブルーマイカメタリック ホワイト2トーンルーフ
オフビートカーキメタリック ホワイト2トーンルーフ
フレッシュグリーンメタリック ホワイト2トーンルーフ
ミストブルーマイカメタリック ホワイト2トーンルーフ

ボディーカラー・ラインナップの違い

スペーシアのボディカラーは、そのキャラクターにふさわしいカラフルな10色のラインナップです。
オフブルーメタリックとチアフルピンクメタリックにはホワイトルーフのツートンカラーが用意されますが、ツートンカラーバリエーションは2色にとどまります。

ピクシスメガには5色のホワイトルーフとのツートンカラーが10色用意されます。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ】グレード構成比較

新型スペーシアピクシスメガ
グレード数23
グレード名X
G
Gターボ"SAⅢ"
L"SAⅢ"
D
D"SAⅢ"

グレード構成の違い

スペーシアのグレード構成はシンプルな2種類です。
どちらもマイルドハイブリッドとスズキセーフティサポートを備えます。
ベースとなる「G」と、LEDヘッドライトを標準装備し、ツートンルーフやルーフレール、ベージュ内装を選択できる「X」に分けられます。

ピクシスメガは、ターボエンジンを搭載した「Gターボ」、NAエンジン搭載の「L」と「D」がラインナップされます。
「G」と「L」にはスマートアシストⅢが標準装備され、室内ユーティリティを充実させた「レジャーエディション」が用意されます。
装備が簡素化された「D」には「レジャーエディション」の設定はありませんが、スマートアシストⅢを搭載しないグレードも選択可能です。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ】新車車両価格比較

新型スペーシアピクシスメガ
新車車両価格(税込)127万~159万円135万〜184万円

ボディカラー・新車車両価格の違い

両車の価格を比べると、ピクシスメガの方が圧倒的に高価格に設定されています。
また、ピクシスメガのターボグレードはスペーシアカスタムと競合しますが、両車の売れ筋である中間グレードでもピクシスメガの方がやや割高です。

そう考えると、先進の予防安全装備と改良されたマイルドハイブリッドを備えたスペーシアは、お買い得と言えるかもしれません。

【スズキ新型スペーシア VS トヨタ ピクシスメガ】人気はどちらに?

2017年1月~11月新車販売台数比較

新型スペーシアピクシスシリーズ
販売台数-20,460台

まだ発売されたばかりのスペーシアは、販売台数が定まっていませんが、月間販売目標台数を12,000台としています。
トヨタ ピクシスメガ単独での販売台数データは出ていませんが、ピクシスシリーズ全体での2017年1月〜11月までの累計販売台数は20,640台となっています。
ちなみに、ベース車となるダイハツ ウェイクの2017年1月〜11月までの累計販売台数は26,394台です。

軽トールワゴン市場を先進するダイハツと、そのOEMで販売されるトヨタのピクシスメガは、スズキ新型スペーシアの前に大きな壁として立ちはだかるでしょう。
しかし、先進の予防安全装備と改良されたマイルドハイブリッドを備えたスズキ新型スペーシアはその壁を乗り越える可能性を十分に秘めています。

※当記事の自動車販売台数は、自動車産業ポータル「MarkLines」を出典としています。(一部車種は編集部調べ)

スペーシアに関する記事はこちらから

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!