初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車のエンジンの正しいかけ方について!オートマ車とマニュアル車に分けて解説

車のエンジンの正しいかけ方をご紹介。最近はオートマ車限定免許証がメインで、マニュアル車の運転ができる人は少なくなっています。 オートマ車/マニュアル車、それぞれのエンジンの正しいかけ方についてまとめました。

車の正しいエンジンのかけ方について

キーケース

©Shutterstock.com/ Patty Chan

車の正しいエンジンのかけ方を意識したことがある方は少ないのではないでしょうか。
エンジンのかけ方は自動車教習所で習いますが、最近はキーレスエントリー車も増えてきており、最初はエンジンのかけ方に戸惑うかもしれません。
マニュアル車とオートマ車でも、エンジンをかけるまでの手順には違いがあります。
そこでオートマ車、マニュアル車の正しいエンジンのかけ方についてまとめました。

エンジンキーのポジションについて

エンジンのかけ方の前に、エンジンキーのポジションについて解説します。
車種によっては若干異なることもありますが、標準的なエンジンキーのポジションは以下の4つです。

「LOCK」(または 0 )
「ACC」(または I )
「ON」(または II )
「START」(または III )

「LOCK (0)」は、OFFの状態でエンジンキーを抜き差しするポジションです。
エンジンキーが挿さっていないこの状態でも、常時電源ラインのみ通電されていますので、車載時計やセキュリティーは動作しています。
「ACC (I)」は、アクセサリー電源ラインです。
エンジンキーがこのポジションではエンジンはかかっていませんが、オーディオ、ナビなどに電源が入ります。
「ON (II)」は、エンジンONの意味で、エンジンが掛かった後にエンジンキーが自動的に戻るポジションです。
「START (III)」は、セルモーターが回りエンジンを始動するポジションです。
エンジンが始動し、手を離すとエンジンキーは「ON」のポジションに戻ります。

オートマ車のエンジンをかける手順

エンジンキーを挿し込む、基本的なオートマ車のエンジンのかけ方です。

1)右足でブレーキを踏みます。
2)シフトレバーのポジションが「P」であることを確認します。
3)エンジンキーを挿入します。(「LOCK」の位置)
4)エンジンキーを「ACC」、そして「ON」まで回します。
5)「START」まで回すと、セルモーターが回りエンジンを始動します。
6)エンジンが掛かったらキーから手を離します。 

オートマ車のエンジンを切る手順

オートマ車のエンジンを切る手順です。

1)パーキングブレーキを掛けます。
2)シフトレバーを「P」ポジションに入れます。
3)右足でブレーキを踏んだまま、エンジンキーを「LOCK」まで回しエンジンを切ります。
4)エンジンキーを抜きます。

キーレスエントリー車でエンジンをかける手順

エンジン ボタン スタート プッシュスタート

©iStockphoto.com/ olm26250

オートマ車でも最新の車にはキーレスエントリーを装備していることがありますが、手順はオートマ車と同じです。
エンジンキーを挿す必要はなく、所定の位置にキーを置くか運転者が身につけていれば、エンジンキーを回す代わりに「エンジンスタート」のボタンを押すだけです。
エンジンを切る手順もオートマ車と同じですが、エンジンキーを回す代わりに「エンジンストップボタン」を押すだけです。
車種によっては、エンジンが切れると自動的にパーキングブレーキがかかる車もあります。

マニュアル車のエンジンをかける手順

マニュアル車のエンジンのかけ方は、基本的にオートマ車と一緒ですが、クラッチペダルの操作が加わる部分が異なります。

マニュアル車のエンジンをかける手順

マニュアル車のエンジンのかけ方は、以下の手順になります。

1)ハンドブレーキ(サイドブレーキ)が掛かっていることを確認します。
2)左足でクラッチを床まで踏み込みます。
3)シフトレバーのポジションを「ニュートラル」にします。
4)エンジンキーを挿入します。(「LOCK」の位置)
5)キーを「ACC」、そして「ON」まで回します。
6)「START」まで回すと、セルモーターが回りエンジンを始動します。
7)エンジンが掛かったらキーから手を離します。 

注意点は、2)にてクラッチを軽く踏んでいる場合「クラッチスタートシステム」が働いてしまい、エンジンキーを回してもエンジンがかからない場合があることです。

マニュアル車のエンジンを切る手順

エンジンを切る場合は、ハンドブレーキをかけ、シフトを「ニュートラル」に戻し、クラッチを踏みながらエンジンキーを「LOCK」まで戻します。

ハンドルがロックしてエンジンが掛からない場合

エンジンを切った後に、ハンドルを左右どちらかに動かすとハンドルがロックして動かなくなります。

その後エンジンを掛けようとして、エンジンキーを挿して回そうとしても、エンジンキーがロックされて回らないことがあります。
その場合は、以下の手順でエンジンを掛けてください。

1)ハンドルにロックが掛かっている状態で左右に振ります。
2)その状態のままで、エンジンキーを回します。

するとエンジンキーもハンドルも同時にロックが解除されますので、そのままエンジンを掛ける手順の通りに進めれば大丈夫です。

ポイントは車の仕組みを理解すること!

オートマ車とマニュアル車のエンジンのかけ方をまとめました。
どちらも基本的に手順通りの操作をすれば、エンジンを掛けることは容易にできます。
キャブレター車だけは慣れが必要な部分もあります。
いずれにしても、万が一エンジンが掛からない場合に遭遇した際に役に立つのは、その仕組みを理解していることでしょう。
これを機会に、愛車や購入予定の車の仕組みを確認してみるのもいいかと思います。

オートマ車、マニュアル車についてのおすすめ記事はこちらから!

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す