初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【普通自動車免許で乗れるバイクとは?】125cc小型自動二輪免許が取得しやすくなる法改正についても

普通自動車免許で乗れるバイクやバイク免許取得にかかる費用、125cc小型自動二輪免許が取得しやすくなる改正への動きについて解説します。小型限定免許取得時のコスト軽減に向けて、法改正のための意見募集がスタート!今後小型自動二輪免許が取得しやすくなるかも?

普通自動車免許で乗れるバイクとは?

普通自動車免許で乗ることのできるバイク(二輪)は、「原付」「原チャリ」と呼ばれる50cc原付スクーターです。
気軽に乗れる便利な原付バイクですが、安全のため30km/hの速度制限や二段階右折などの交通規制が設けられています。

排気量50cc以上のバイクには、125cc以下の「小型」、400cc以下の「普通」、それ以上の排気量の「大型」があります。
小型二輪は、原付バイクより一回り大きなサイズです。
道路交通法では原付は「原付一種」、小型二輪は「原付二種」という区分となります。

小型二輪限定免許取得時の負担軽減について、このたび警視庁が改正のための意見募集を実施することになりました。

普通自動車免許で乗れるバイクやバイク免許取得にかかる費用、125cc小型自動二輪免許が取得しやすくなる改正について解説します。

普通自動車免許所持者の二輪免許取得時にかかる費用

普通自動車免許を持っている人がバイクの免許を取得する場合、どれくらいの時間と費用がかかるのでしょうか。

教習時間(コマ数)は、一般的に「AT限定免許」を取得する方が少なくなります。
コマ数が少ない分、AT限定免許の方が普通免許(MTも乗ることができる免許)よりも取得金額が安くなります。

以下、免許の種類別に、教習(技能と学科)料金の他、入学金や教材費、検定料金、事務手数料なども合わせた、目安の金額をまとめてみました。
※教習所費用は教習所によって以下金額と異なります

小型:小型二輪限定(125cc以下)

小型:小型二輪限定
種類排気量教習 最低コマ数費用
普通免許125cc以下技能10+学科1(計11)76,000円~
AT限定免許技能8+学科1(計9)68,000円~

小型二輪限定免許は、普通免許で合計11時間、AT限定免許でも合計9時間が最低ラインです。

今回警視庁が意見募集を行うのは「小型二輪限定免許が2日間で取得できるようにならないか」という声があるためです。

これについては後述して解説します。

中型:普通二輪(400cc以下)

中型:普通二輪
種類排気量教習 最低コマ数費用
普通免許400cc以下技能17+学科1(計18)183,500円~
AT限定免許技能13+学科1(計14)168,000円~

普通二輪免許は、普通免許で合計18時間、AT限定免許で合計14時間が最低ラインです。

大型:大型二輪(無制限または650㏄以下)

大型:大型二輪
種類排気量教習 最低コマ数費用
普通免許無制限技能12(自動車がAT限定の場合は16)+学科0(計12または16)94,000円(120,000円)~
AT限定免許650㏄以下技能9+学科0(計9)94,000円~

大型二輪免許は普通免許とAT限定免許で、乗ることのできる車両の排気量上限が異なります。
また、AT限定の自動車免許所持者が大型普通二輪を取得する場合、教習時間に注意しましょう。

車両の大きさや重さなどの関係で、大型二輪は普通二輪免許を取得してからのチャレンジがおすすめです。

次のページ

この記事の執筆者

井上 大この執筆者の詳細プロフィール

スポーツカー、モータースポーツ関連の情報を得意とする、フィリピン・セブ島在住のライターです。好きなレーサーはM.ハッキネン、J.ビルヌーブ、F.アロンソ、ひいきのF1チームはロータス(現在のルノー)、自動車メーカーは国内:スバル、海外:ロータスがお気に入りです。MOBYではジャン...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す