初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【普通自動車免許でバイクに乗れる?】125ccバイクへの法改正の時期からリスクや実情について

普段の足として最高と言われている、使い勝手が良い125ccバイク。今、その免許制度改正について噂となっているのを、ご存知でしょうか。125ccバイク免許の法改正のメリット・リスクとは? 最も気になる、125ccバイクに普通免許で乗れるようになる時期についても考察しています。

とても便利な125ccバイク

小型自動二輪という区分の125ccのバイクは、とても便利で人気があります。

まず、50㏄バイクより一回り大きいだけの、コンパクトな車体。
これにより、駐輪場所を選びません。
50㏄バイクの30km/h速度制限や2段階右折の義務もありません。
それでいて税金や保険料金は、50㏄の原付バイクとほぼ同じ。

普段の足として利用するには、125㏄が最高ではないかと言われているほど、使い勝手が良いのです。

さらに今、125ccバイクの免許制度改正について噂となっているのを、ご存知でしょうか。

125ccバイク免許の法改正が持ち上がった背景

現在普通免許で乗れる二輪は50㏄の原付バイクのみ

それほど使い勝手の良い125ccバイクですが、現在の免許制度では、小型自動二輪免許を取得しなければ乗ることができません。
普通自動車免許で乗れる二輪車は、50㏄未満の原付バイクのみです。

これに対し、2016年に、BIKE LOVE FORUMという場で、経済産業省の自動車課長が
「そう簡単ではないかもしれないが、排気量125ccの免許を今までより簡単に取得するというような取り組みにチャレンジしてみたい」
との発言をしました。

そのことがきっかけで、125ccバイクの免許制度が近い将来改正され、普通免許で乗れるバイクになるのでは、との期待が高まっています。

125ccバイク免許の法改正のメリット

125ccスクーターで一番人気のスズキ アドレスV125

現在、小型自動二輪免許を取得するためには、普通免許を持っていたとしても10万円前後の費用を出して教習所に通わなければなりません。

それほどの費用を出すのであれば、バイクが好きな人はどうせなら中型自動二輪免許を取得しようという気になりますし、また中型二輪に乗るつもりがない人は、わざわざ小型自動二輪の免許を取るのも面倒なのでもう普通免許のままでいい、と思うことでしょう。
よって、小型自動二輪免許というのはあまり人気がありません。

これがもし、法改正で普通免許に小型自動二輪免許が付帯すれば、125ccバイクは普通免許で乗れるバイクになり、ユーザーの爆発的な増加が見込めます。

125ccバイク免許の法改正に伴うリスク

法改正で事故増加のリスクが懸念される

そうなると当然、安全面のリスクも懸念されるでしょう。
現在、普通免許で乗れる50㏄の原付バイクには、たくさんの制限があります。
・最高速度は30km/h
・3車線以上の道を右折する時は2段階右折
・2人乗りの禁止
・原付通行禁止の道路がしばしばある
など。

125ccバイクにはそうした制限がありませんので、そのまま普通免許で乗れるようになれば、二輪車の特性に慣れていないライダーによって、事故の多発が懸念されます。

125ccバイク免許の法改正の時期は?

運転免許を管轄しているのは警視庁

さて、最も気になるのが、125ccバイクに普通免許で乗れるようになる時期ですが、どうなのでしょうか。

2016年の経済産業省の自動車課長の発言以来、様々な憶測がされてきました。
さらに、警察庁運転免許課は、小型二輪免許の取得負担軽減に向けた調査研究を実施する、としています。
ただしこの調査の目的は、125ccバイクに普通免許で乗れるようにすることではなく、現在平均4日以上かかっている小型自動二輪免許の教習日程の短縮が可能かどうかを、調べることです。

業界内では、2018年度中に法改正されるのではないかとの見方ですが、あくまで噂であり、まだ確定的な情報はありません。

125ccバイク免許の法改正に期待

125ccバイクが普通免許で乗れるようになることは、リスクも伴いますが、経済産業省の自動車課長は
「免許取得に必要な講習をなくしたり、その質を落とすようなことなく、安全を重視し確保したうえで乗りやすくなることを検討しています」
とも述べました。

経済産業省に免許制度を改正する直接の権限はありませんが、そのような働きかけが継続すれば、近い将来に125ccバイクが普通免許で乗れるようになる、または小型自動二輪免許取得がもっと容易になる可能性が、あるのではないでしょうか。

50㏄の原付バイクと変わらない維持費で乗れる、便利で経済的な125ccバイク。
それがもっと身近に、かつ安全に利用できるような法改正を、期待したいものです。

関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

井上 大この執筆者の詳細プロフィール

スポーツカー、モータースポーツ関連の情報を得意とする、フィリピン・セブ島在住のライターです。好きなレーサーはM.ハッキネン、J.ビルヌーブ、F.アロンソ、ひいきのF1チームはロータス(現在のルノー)、自動車メーカーは国内:スバル、海外:ロータスがお気に入りです。MOBYではジャン...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す