初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【レンジローバー ストーマー】新型ラグジュアリー2ドア“スーパーSUV”が発売か?

英ランドローバーが、新型ラグジュアリー2ドア“スーパーSUV”を開発しているようです。レンジ・ストーマーという名称も商標登録されており、今後何らかの展開があると見られています。ランドローバーの新型2ドアSUVは、どのようなモデルとなるのでしょうか?

ランドローバーが新型ラグジュアリー2ドアSUVの開発を検討中?

イギリスの高級自動車メーカー・ランドローバーが、新型ラグジュアリー2ドアSUVの開発を検討しているとの情報が入ってきました。

この情報は、同社のデザイン部門を率いるゲーリー・マクガバン氏が示唆したものです。
同氏は新型2ドアSUVについて、具体的な発売日や仕様については語らなかったものの、今後何か新しいものを高級SUV市場に投入する機会があると考えている、とのコメントを残しています。

ランドローバーについての記事はこちら

2ドアクーペモデル「レンジローバーSVクーペ」が公開!

レンジローバーSVクーペ

レンジローバーSVクーペ

ジュネーブモーターショー2018にてレンジローバーの2ドアクーペモデル「レンジローバーSVクーペ」が初公開されました。
レンジローバーSVクーペは世界で999台の限定販売となります。
レンジローバー史上最もパワフルな5.0リッターV8スーパーチャージドガソリンエンジンが搭載され、最高出力は565PS、最大トルクは700Nmにも及びます。
0-100km/h加速は5.3秒、最高速度は266km/hと、かなりのハイパフォーマンスモデルであることがわかります。

レンジローバーの2ドアモデルが今後通常モデルとして販売されるかは、明らかになっていません。

レンジローバー SVクーペに関する情報はこちら

ランドローバーの新型2ドアSUV 車名はレンジ・ストーマー?

レンジ・ストーマー

ランドローバーは今年の初め、レンジ・ストーマーという名称を商標登録しました。
レンジ・ストーマーという名称は、2004年のデトロイトモーターショーで公開された、2ドアSUVのコンセプトモデルの車名としても使用されています。

その後、レンジ・ストーマーはレンジローバー・スポーツとして発売されることになりました。
今回、新型が2ドアSUVになるということや、新たな商標登録を行ったことから、新型の車名として、レンジ・ストーマーの名称が与えられる可能性が高いと見られています。

レンジローバー・スポーツについての記事はこちら

ランドローバーの新型2ドアSUVはヴェラールがベース?

新型2ドアSUVが実際に発売されるとしたら、ベースにはレンジローバー・ヴェラールが用いられ、その上をゆく圧倒的なパフォーマンスと高級感を兼ね備えた、ラグジュアリー2ドア“スーパーSUV”となるでしょう。

新型2ドアSUVの開発と製造は、ランドローバーとジャガーのハイパフォーマンスモデルを手掛ける部門「スペシャルビークルオペレーションズ(SVO)」が担当すると噂されています。

レンジローバー・ヴェラールとは?

レンジローバー・ヴェラールとは、ランドローバーが製造・販売する高級SUVです。
レンジローバー・ファミリーにおける第4のモデルとして、2017年に登場しました。

ヴェラールはモダンデザインのエクステリアと、機能美に優れたシンプルなインテリアを備え、最新のデジタル・テクノロジーも満載しています。
日本仕様車のパワートレインには、2.0L 直列4気筒のディーゼルターボと、3.0L V型6気筒のスーパーチャージャーを搭載し、トランスミッションには8速ATが組み合わされます。

レンジローバー・ヴェラールのスペック

全長全幅全高
4,8201,9301,685
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8752,020~2,0805
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
2.0L ディーゼルターボ3.0L スーパーチャージャー
エンジン種類直列4気筒DOHC
ディーゼルターボ
V型6気筒DOHC
スーパーチャージャー
排気量2.0L3.0L
最高出力132[180]/4,000280[380]/6,500
最大トルク430[43.8]/1,750450[45.9]/3,500
トランスミッション8速AT8速AT
駆動方式AWDAWD
使用燃料軽油ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

レンジローバー・ヴェラールについての記事

ランドローバーの現行2ドアSUVはレンジローバー・イヴォーク

レンジローバー・イヴォーク 2ドアモデル

レンジローバー・イヴォークは、ランドローバー初のFF(前輪駆動)モデルが設定されたプレミアムコンパクトSUVです。日本では2012年から販売が開始されました。

ランドローバーの現行モデルで、2ドア(3ドアクーペ)モデルが設定されているのは、レンジローバー・イヴォークのみとなります。
ボディタイプは2ドアのほか、5ドアとコンバーチブルも利用可能です。

日本仕様車のパワートレインには、2.0L 直列4気筒のディーゼルターボ(180ps)とガソリンターボ(240ps)を搭載し、トランスミッションには9速ATが組み合わされます。
日本仕様車の駆動方式は、4WDのみの設定です。

レンジローバー・イヴォークのスペック

2ドア5ドアコンバーチブル
全長4,3554,3554,385
全幅1,9001,9001,900
全高1,6251,6601,650
ホイールベース2,6602,6602,660
車両重量1,830~1,8701,860~1,9002,060~2,080
乗車定員554
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
2.0L ディーゼルターボ2.0L ガソリンターボ
エンジン種類直列4気筒DOHC
ディーゼルターボ
直列4気筒DOHC
ガソリンターボ
排気量2.0L2.0L
最高出力132[180]/4,000177[240]/5,500
最大トルク430[43.8]/1,750340[34.7]/1,750
トランスミッション9速AT9速AT
駆動方式4WD4WD
使用燃料軽油ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

レンジローバー・イヴォークについての記事はこちら

ランドローバー新型ラグジュアリー2ドア“スーパーSUV”の発売に期待!

ランドローバーが開発を検討しているという、新型2ドアSUVの噂についてお伝えしました。

現在、ロールスロイス・カリナンやランボルギーニ・ウルスなどの“スーパーSUV”が属する市場には、2ドアモデルが存在していません。
そのため、今回の新型が実際に発売された場合、ランドローバーは“スーパーSUV”市場における、新たなジャンル開拓の先陣を切ることになるでしょう。

MOBYでは、今後もランドローバーの新型ラグジュアリー2ドア“スーパーSUV”に関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

スーパーSUVについての記事はこちら

ランドローバーの新型車についての記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!